アデュカヌマブが欧州で承認に対して否定的な評価。バイオジェン、エーザイの株価下落

【11月18日 Insights4 プレミアム】11月17日、バイオジェンとエーザイから、欧州医薬品庁においてアルツハイマー病を対象として現在承認申請中の治療薬アデュカヌマブ(アデュヘルムAduhelm)に対して医薬品委員会(CHMP)の投票結果で「ネガティブ・トレンド・ボーティング(否定的傾向の評価)」とする投票結果を受けたことが発表されました。

「一分でわかる世界の製薬ニュース」をメルマガで

banner

世界の製薬ニュースを「日本語」でお届けします!
● 世界で最も注目されている製薬ニュースを
● メルマガ会員登録は無料、毎日配信
● 海外のニュースも日本語でしっかり読めます

メルマガ会員登録はこちらから

このトレンド投票は、審査過程で医薬品申請に対するCHMPメンバーの意見を聞くもので、審査員の非公式ながら立場を記録するものです。EMAのガイダンスによれば、重大な新情報が提供されない限り、最終的な正式投票は変更されない可能性が高いとのことです。CHMPは、来月開催される会議で、この抗アミロイド抗体アデュカヌマブの申請に対する正式な意見を採択する予定です。

この発表を受けて、バイオジェンとエーザイの株価は下落しました。バイオジェンは11月16日には研究開発部門の責任者であるアルフレッド・サンドロック氏が年末に退職することを発表しており、同社にとり今週2つ目の悪いニュースとなってしまいました。

バイオジェンとエーザイは、欧州に加えてアジア市場にも目を向けております。日本において2020年12月の申請に基づき、今年中に日本の規制当局が決定する可能性があります。

CHMPの勧告に異議申立ても、歴史的にも覆る可能性は低い

RBCキャピタル・マーケッツのアナリストであるブライアン・エイブラハムズ氏がりさーチノーとで、「欧州での販売を失うことは、将来のアデュカヌマブの潜在的な収益の40%を事実上が帳消しになることになる」と述べています。

同氏は、バイオジェンがCHMPの勧告に異議を申し立てることができますものの、そのような戦略の成功率は歴史的に見て約20%と低いと指摘、既存のデータセットから、アデュカヌマブが欧州の規制当局を通過することはないと予想しています。また、仮に承認されたとしても、薬価が高いため、償還が困難になる可能性が高いと同氏は付け加えています。

バイオジェンが実施した2つの重要な臨床試験のうち、アデュカヌマブがアルツハイマー病患者の認知機能低下の速度を遅らせることを示したのは1つであり、FDAの承認決定には賛否両論がありました。米国の規制当局の諮問委員会の一部のメンバーは抗議して辞任し、いくつかの著名な治療センターは、患者にアデュカヌマブを提供しないと公言しています。

苦戦する米国市場


アデュヘルムの売上は、6月にFDAから承認され、第2四半期には160万ドルの売上から第3四半期には30万ドルにとどまり、アナリストの予想を大きく下回っています。これは、年間56,000ドルという薬価、有効性への懸念そして一部の病院や保険会社が利用に対し躊躇していることが原因です。

バイオジェン社の研究開発部門の暫定的な責任者であるPriya Singhal氏は、次のように述べています

「今回のトレンド投票には失望したが、我々のデータの強さを強く信じている。次のステップを検討するために、EMAおよびCHMPとの協議を続けていく」

同カテゴリーの世界の製薬ニュース

関連記事

  1. medinew

    【コラム】JMDC COOに聞く!RWDが製薬企業の経営に与えるインパクト

  2. conference

    JPモルガンのヘルスケアカンファレンス会議がバーチャルで開催に。オミクロン株の影響

  3. 「研究者として信じる道を進む」Chordia Therapeutics・森下大輔CSO|ベンチャー巡訪記

  4. モデルナ社、インフルエンザのmRNAワクチン「mRNA-1010」第1/2相試験開始

  5. アマゾン、米国における薬局実店舗の展開を検討か?大手薬局チェーンは報道を受けて株価下落

  6. 新型コロナウイルス

    パクスロビド、濃厚接触者への予防的使用試験で40%以下の有効性。統計学的有意性は認められず

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01