ガンマデルタT細胞療法市場、2026年まで大きく成長見込み

ここ数年、がん治療の分野では、免疫細胞を操作して腫瘍細胞を標的にするという免疫療法の考え方が広まっています。それ以来、科学者たちは、癌の治療において有望な結果を示す幅広い候補を開発してきました。最近、キメラ抗原受容体が血液悪性腫瘍の治療に成功したことで、がんの養子細胞療法の分野が爆発的に普及したことは明らかです。現在、研究者たちは、このエキサイティングな技術を固形がんに応用し、同種の既製治療法を開発するために努力しています。

バイオテクノロジーの進歩により、研究者たちは、がんの免疫監視に潜在的な役割を持ち、養子細胞療法の課題を克服する可能性を秘めたガンマデルタT細胞を同定することができました。この細胞は、自然免疫と適応免疫の両方の特性を持ち、適応免疫と自然免疫の橋渡しをします。さらに、これらのサブセットの細胞は、腫瘍細胞に対する免疫反応を起こすのに役立つさまざまなサイトカイン、ケモカイン、成長因子を産生します。

ガンマデルタT細胞は、そのユニークな生物学的特性と癌治療における有利な特性から、その同定以来、養子T細胞療法の魅力的な候補となっています。主要組織適合性複合体に依存しない方法で細胞を標的とし、より広範な抗原を認識するというユニークな能力は、研究者たちの大きな関心を集めています。現在のところ、承認されたガンマデルタT治療薬はありませんが、臨床試験中のものは多数あります。候補の大部分は初期段階の臨床試験に属しており、市場参入には約5~7年を要すると考えられます。

ガン治療におけるガンマデルタT細胞療法の有望な反応は、他の疾患におけるガンマデルタT細胞の役割を利用しようとする研究者を急増させました。糖尿病、感染症、自己免疫疾患におけるガンマデルタT細胞の役割を明らかにするために、多くの前臨床試験が研究者によって開始されています。世界のガンマデルタT細胞療法は、今後数年間で大きな成長率を示し、幅広い疾患の管理に役立つ様々な潜在的な候補物で市場が活性化すると予想されています。

市場の成長を阻害する要因としては、物理的な頻度の低さ、開発コストの高さ、規制の厳しさなどが挙げられますが、市場全体としては軌道に乗っていくと思われます。これは主に、製薬会社同士の提携や協力関係が強化され、研究開発活動を行うための投資が増加していることによるものです。市場で活動している主な企業は、アクペディア、武田薬品工業、TCバイオファーマ、アダペイト・セラピューティクスなどで、これらの企業はガンマデルタT細胞の候補化合物の強力な臨床パイプラインを持っています。

参照レポート

タイトル:ガンマデルタT細胞療法 – 市場機会・臨床試験の考察:2026年
title: Gamma Delta T Cell Cancer Therapy Opportunity & Clinical Trials Insight 2026

出版日: 2021年04月23日
発行: KuicK Research
ページ情報: 英文 180 Pages

レポート資料のリクエストはこちらから

資料請求見積依頼購入希望




関連記事

  1. globalnews

    【2021年2月28日】おさえたておきたい世界の製薬ニュース

  2. 【2021年2月1日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

  3. answers

    抗ウイルス薬で「HPVにワクチン以外のアプローチ」キノファーマ・黒石眞史社長|ベンチャー巡訪記

  4. diabetes

    HIF-1α阻害剤はβ細胞機能を保持して糖尿病を治療する効果があるらしい

  5. merck

    M&Aを模索中としている米メルク。中国ケルン社とライセンス契約締結も、詳細は不明

  6. vaccine

    モデルナ「オミクロン株」に対するブースターをテスト中。変異種ワクチン開発を発表

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01