Capricor、筋ジストロフィーでCAP-1002第二相試験発表、第三相の準備へ

Capricor Therapeutics社が、24日同社のプレスリリース(Capricor Therapeutics Announces Positive Final Data From its Phase 2 HOPE-2 Trial in Patients with Duchenne Muscular Dystrophy Treated with CAP-1002)で、細胞ベースのデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)対象の開発品CAP-1002の第2相試験の最終結果を発表し、DMDの進行期にある患者の進行を低下させる指標を71%遅らせることを示したことを発表した。

同社は、World Muscle Society (WMS)で発表されたHOPE-2試験で、一般的に歩行が困難な患者を対象とした中位の上肢筋力を測定する主要評価項目に加え、骨格および心機能の複数の評価項目を達成したと発表しました。このニュースを受けて、当社の株価は17%上昇しました。

🔒この記事はプレミアム会員向けです

今なら1カ月無料ではじめられます.
1カ月1000円でInsights4プレミアム記事を無制限で閲覧頂けます。