リリー社がProQR社とRNA編集に関する契約を締結

insights4

リリー社が、ProQR Therapeutics社との間で、肝臓および神経系における遺伝性疾患の治療法の開発および販売に関する契約を締結したと発表した。両社は、ProQR社のAxiomerプラットフォームを用いて、最大で5つのターゲットについて共同研究を行う予定です。

約13億ドルのマイルストーンの可能性

今回の合意では、ProQR社が、契約一時金2,000万ドルと普通株式への出資3,000万ドルを合わせた5,000万ドルを受け取ります。また、最大で12億5,000万ドルのマイルストンの支払いと、製品の売上に応じて1桁台半ばまでの段階的なロイヤルティを受け取ることになります。

リリー社の新しい治療法担当バイスプレジデントであるアンドリュー・アダムス氏は、「RNA編集は、一過性で可逆的な編集を可能にするエキサイティングな新技術であり、適応症によっては非常に魅力的な治療法になる可能性があります」と述べています。

ProQR社のチーフ・イノベーション・オフィサーであるGerard Platenburg氏は、「私たちのアプローチは、細胞自身の編集装置を用いて、RNAの一塩基を特定の方法で編集し、突然変異を回復させるものです」と述べ、Axiomer技術は「これまで治療不可能と考えられていた疾患を対象とする大きな可能性を秘めています」と付け加えました。

Axiomerプラットフォームは、内因性ADAR酵素を疾患関連RNAの特定のアデノシン標的にリクルートするように設計された編集オリゴヌクレオチドに基づいています。ProQR社によれば、ADARは、標的となるアデノシン(A)をイノシン(I)に変換するよう誘導し、RNAはこれをグアシン(G)と解釈することで、実質的にAからGへの変化となります。「この技術を応用すれば、病気の原因とされる2万以上のグアシンからアデノシンへの変異を元に戻すことができる可能性があります」と述べています。

今年初め、ProQRは、RNA候補であるQR-421aのアッシャー症候群に対する第I/II相試験の結果を発表し、最良補正視覚活動、静的ペリメトリー、網膜画像を含む複数の視力指標において効果が認められました。

ProQRの最高経営責任者であるDaniel de Boer氏は、リリーとの契約について、「私たちのRNA編集プラットフォームの重要な検証であり、私たちの技術の応用を、遺伝性眼疾患というコア治療領域の焦点以外にも拡大するものです。」と述べています。

関連記事

  1. サイロ化

    製薬企業のデジタル戦略。従来の組織のサイロ化がデジタル戦略の阻害要因に

  2. susmed

    ブロックチェーンで臨床試験を効率化「デジタルで持続可能な医療を実現」サスメド・上野太郎社長|ベンチャー巡訪記

  3. 【2021年12月9日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

  4. オプジーボ、切除不能な進行・再発の胃がんと食道がんに対する術後補助療法日本で承認

  5. FDAに差し止めされていたアロジェンの細胞治療の臨床試験が再開に

  6. Kidney

    バルドキソロンメチルのアルポート症候群への第3相結果にFDA難色示す。株価40%下落

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01