過敏性腸症候群(IBS)治療薬の市場規模、2028年に46億30万米ドル到達予測

過敏性腸症候群(IBS)治療薬の市場規模は、2020年の21億5389万米ドルから、2028年には46億30万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて10.1%のCAGRで成長すると見込まれています。過敏性腸症候群疾患の有病率の増加や研究開発活動の活発化などの要因が、市場の成長を促進しています。しかし、入手可能な製品の数が限られていることや、治療の非効率性が市場の成長を抑制しています。IBSは大腸の一般的な慢性疾患です。痙攣性大腸、粘液性大腸炎、過敏性大腸、痙攣性大腸炎とも呼ばれます。この疾患は、炎症性腸疾患とは大きく異なり、痙攣、腹痛、膨満感、ガス、下痢や便秘、またはその両方が同時に起こるなど、さまざまな症状が見られます。症状が軽い場合は、ストレスや生活習慣、食生活の見直しで対処できます。一方、症状が重い場合は、投薬やカウンセリングで対処します。

COVID-19パンデミックへの対策により、ヘルスケア業界を含む様々な業界の企業が業務に支障をきたしています。従業員の隔離、サプライチェーンの障害、需要の減少などにより、企業は深刻な問題に直面しています。また、民間の病院チェーンでは、入院患者数と外来患者数が大幅に減少しています。医療システムを救済するために、多くのクリニックは緊急性のない予約を延期しています。このような状況が、IBS治療薬市場の成長を妨げています。

過敏性腸症候群とその関連疾患の増加

IBSは、腸の習慣の乱れや腹痛によって引き起こされる、慢性的な胃腸の病気です。この疾患は、痙性大腸、過敏性大腸、粘液性大腸炎、痙性大腸炎としても知られています。IBSは、腹痛、便秘、下痢、けいれんなどの症状を示します。世界各国の医療機関では、IBSの発生率が大幅に増加しています。International Foundation for Gastrointestinal Disordersが発表したデータによると、IBS患者のうち、約40%が軽度、約35%が中等度、そして約25%が重度のIBSであると診断されています。IBSの症状は、多くの人が自分で認識していません。

IBSを引き起こす危険因子としては、食物アレルギー、胃腸炎の発症、大腸の散発的な動き、大腸内のセロトニン組成の異常、軽度のセリアック病などが挙げられます。これらの要因により、IBSの罹患率は世界中で加速すると予測されます。例えば、2018年にNCBIで発表された研究によると、IBSは毎年、米国の人口の約10%から16%が罹患していると推定されています。このようなIBSの驚異的な有病率は、今後のIBS治療市場を後押しすると考えられます。

本記事の参照レポートの資料請求はこちらから

資料請求見積依頼購入希望




関連記事

  1. blood

    鎌状赤血球症対象Oxbryta、米で4歳から12歳の小児に承認拡大。株価上昇

  2. ソリリスの治療効果がないPNHに、ノバルティスの補体B因子阻害剤が有効性示す

  3. answersnews bio

    固形がんCAR-T「PRIME技術」をプラットフォームに ノイルイミューン・バイオテック・玉田耕治社長|ベンチャー巡訪記

  4. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米CDCが発表

  5. 2016年に免疫不全遺伝子治療Strimvelisが施された患者が白血病発現

  6. 【2021年12月13日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01