過敏性腸症候群(IBS)治療薬の市場規模、2028年に46億30万米ドル到達予測

過敏性腸症候群(IBS)治療薬の市場規模は、2020年の21億5389万米ドルから、2028年には46億30万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて10.1%のCAGRで成長すると見込まれています。過敏性腸症候群疾患の有病率の増加や研究開発活動の活発化などの要因が、市場の成長を促進しています。しかし、入手可能な製品の数が限られていることや、治療の非効率性が市場の成長を抑制しています。IBSは大腸の一般的な慢性疾患です。痙攣性大腸、粘液性大腸炎、過敏性大腸、痙攣性大腸炎とも呼ばれます。この疾患は、炎症性腸疾患とは大きく異なり、痙攣、腹痛、膨満感、ガス、下痢や便秘、またはその両方が同時に起こるなど、さまざまな症状が見られます。症状が軽い場合は、ストレスや生活習慣、食生活の見直しで対処できます。一方、症状が重い場合は、投薬やカウンセリングで対処します。

COVID-19パンデミックへの対策により、ヘルスケア業界を含む様々な業界の企業が業務に支障をきたしています。従業員の隔離、サプライチェーンの障害、需要の減少などにより、企業は深刻な問題に直面しています。また、民間の病院チェーンでは、入院患者数と外来患者数が大幅に減少しています。医療システムを救済するために、多くのクリニックは緊急性のない予約を延期しています。このような状況が、IBS治療薬市場の成長を妨げています。

過敏性腸症候群とその関連疾患の増加

IBSは、腸の習慣の乱れや腹痛によって引き起こされる、慢性的な胃腸の病気です。この疾患は、痙性大腸、過敏性大腸、粘液性大腸炎、痙性大腸炎としても知られています。IBSは、腹痛、便秘、下痢、けいれんなどの症状を示します。世界各国の医療機関では、IBSの発生率が大幅に増加しています。International Foundation for Gastrointestinal Disordersが発表したデータによると、IBS患者のうち、約40%が軽度、約35%が中等度、そして約25%が重度のIBSであると診断されています。IBSの症状は、多くの人が自分で認識していません。

IBSを引き起こす危険因子としては、食物アレルギー、胃腸炎の発症、大腸の散発的な動き、大腸内のセロトニン組成の異常、軽度のセリアック病などが挙げられます。これらの要因により、IBSの罹患率は世界中で加速すると予測されます。例えば、2018年にNCBIで発表された研究によると、IBSは毎年、米国の人口の約10%から16%が罹患していると推定されています。このようなIBSの驚異的な有病率は、今後のIBS治療市場を後押しすると考えられます。

本記事の参照レポートの資料請求はこちらから

資料請求見積依頼購入希望




関連記事

  1. ガンマデルタT細胞療法市場、2026年まで大きく成長見込み

  2. BMS社のTYK2阻害剤デュクラバシチニブ(deucravacitinib)の乾癬治療がPh3でアムジェンのOtezlaに勝利

  3. 米国FDA、タブネオスをANCA関連血管炎で承認

  4. ALS患者へのSobi/Apellis社の補体C3阻害剤pegcetacoplanのPh2試験投与開始

  5. ダナファーバー癌研究所、転移性大腸がんの若年者と高齢者の生存率は同等である研究結果を発表

  6. 承認確率が低い頭頚部がんの治療分野でもチェックポイント阻害剤が主流に。キイトルーダが牽引

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

 

ログイン

メルマガ会員登録

  1. ソトロビマブ、オミクロン株すべてのスパイクタンパク質の変異に効…

    2021.12.07

  2. アッヴィのリンヴォック、クローン病の第3相試験に成功

    2021.12.07

  3. 異なるワクチンでのブースター接種効果「あり」英国の研究がランセ…

    2021.12.07

  4. アルポート症候群のバルドキソロン第Ⅲ相臨床データにFDA納得せず。…

    2021.12.07

  5. バーテックス社、腎臓病対象の第二相試験成功。尿中タンパク質排泄…

    2021.12.02

  6. サノフィ、「ニキビ」ワクチンの候補をOrigimm社買収でパイプライン…

    2021.12.02

  7. フェネック社、難聴治療薬で2度目のFDA却下見込み発表で株価下落

    2021.11.30

  8. 表皮水疱症の遺伝子治療、ピボタル試験成功。クリスタルバイオテッ…

    2021.11.30

  9. オミクロン株感染の患者を診断の南アフリカの医師、患者の症状は「…

    2021.11.29

  10. モデルナ「オミクロン株」に対するブースターをテスト中。変異種ワ…

    2021.11.29

  1. ソトロビマブ、オミクロン株すべてのスパイクタンパク質の変異に効…

    2021.12.07

  2. アッヴィのリンヴォック、クローン病の第3相試験に成功

    2021.12.07

  3. 異なるワクチンでのブースター接種効果「あり」英国の研究がランセ…

    2021.12.07

  4. アルポート症候群のバルドキソロン第Ⅲ相臨床データにFDA納得せず。…

    2021.12.07

  5. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月6日】

    2021.12.06

  6. 卵巣がん対象でミルベツキシマブが主要評価項目を達成。イミュノジ…

    2021.12.03

  7. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月3日】

    2021.12.03

  8. バーテックス社、腎臓病対象の第二相試験成功。尿中タンパク質排泄…

    2021.12.02

  9. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月2日】

    2021.12.02

  10. サノフィ、「ニキビ」ワクチンの候補をOrigimm社買収でパイプライン…

    2021.12.02