eRNAのLaronde社が4億4000万ドルを獲得。モデルナ設立ベンチャーキャピタルも参加

立ち上げから約3カ月が経過したバイオテックスタートアップのLaronde社は8月30日、初の外部資金調達で4億4000万ドルを調達したと発表した。同社は「エンドレスRNA」(eRNA)と呼ばれるプラットフォームを使った新しい治療法の開発を進めている。

この資金には、COVID-19ワクチンメーカーのModerna社を設立したベンチャーキャピタルFlagship Pioneering社も参加しており、Laronde社のCEOであるディエゴ ミラレス氏(Flagship社のCEO-Partnerでもある)は、今回の投資を 「重要な意味を持つ」と述べています。

今後10年間で100種類のeRNA医薬品および薬剤プログラムを製造

Laronde社は、eRNAを「新しいクラスの合成クローズドループRNA」と表現しています。このRNAは、プログラム可能で、体内で治療用タンパク質を持続的に発現させることができ、繰り返し再投与や複数の投与経路を可能にする医薬品を製造することができます。

ミラレス氏は、「eRNAが可能にする治療の可能性は非常に大きい」と述べています。5月に設立した投資家から受け取った5,000万ドルを元手に、同社は「従業員と製造能力を急速に拡大する」計画を発表し、今後10年間で100種類のeRNA医薬品および薬剤プログラムを製造するという壮大な目標を掲げました。

目標とする治療領域の決定

ミラレス氏は、「どのプログラムを最初に臨床に投入するかは、まだ決定していない」と述べ、潜在的な応用範囲の広さから、同社は最も戦略的に意味のあるものを選択する必要があるとしている。同氏は、まだ優先順位の高いプログラムがないのは「非常に珍しい」ことだと認めた上で、「しかし、これは成功のために構築されている会社なのです」と述べました。また、「RNAのようなプログラム可能なプラットフォームを使えば、製品を比較的短時間で作ることができる」と述べ、ターゲットとなる疾患領域の名前を挙げなかったのは「難解」ではないとしています。その例として、Moderna社のmRNA COVID-19ワクチンを挙げ、事前に何年もの研究が行われていたにもかかわらず、数日でワクチンの配列が決定されたと述べました。

同氏は、モノクローナル抗体は、eRNAが代替できる可能性のある治療法の1つだという。動物モデルでは、これまでに、このプラットフォームを使って抗体や追加のタンパク質を作っており、eRNAがワクチンに使われる可能性に関するデータも得ていると述べています。さらに、デジタルプラットフォームの構築も行っています。

チームの拡大、「ギガベース・ファクトリー」の構築

今回の資金を使ってスタッフを増員し、2023年の夏までに少なくとも200人のチームにすることを目標としており、その年には複数の医薬品の申請も視野に入れています。一方、同社は今年10月、マサチューセッツ州サマービルにある研究所と2つの製造施設を含む新拠点に移転する準備を進めています。

また、臨床および商業用医薬品の製造のために、eRNAの「ギガベース工場」を設立したいと考えています。このプロジェクトはまだ初期段階にありますが、このプロセスは今年の下半期には「開始」される予定です。「今回の資金調達は、当社が構築したいと考えている大規模な基盤を具体化し、それを現実のものにするためのものです」とミラレス氏は付け加えました。

関連英文情報

Laronde社ホームページ
Laronde Attracts $440M in First External Financing to Further Advance Endless RNA™ Platform

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01