デュピクセント、6歳未満の子供を対象としたアトピー性皮膚炎で評価目標を達成

サノフィリジェネロンは8月30日、デュピクセント(デュピルマブ)が、中等度から重度のアトピー性皮膚炎を持つ生後6カ月から5歳までの小児を対象にした第3相試験で、主要評価項目とすべての副次評価項目を達成したと発表ました。両社によれば、IL-4およびIL-13シグナルの二重阻害剤であるデュピクセントは、6歳未満の小児においてアトピー性皮膚炎の徴候や症状を有意に軽減する初めての生物学的製剤であることが示唆されたと発表しました。

リジェネロンのチーフ・サイエンティフィック・オフィサーであるジョージ・ヤンコポロス氏は、本試験を開始した時点では、本疾患は子供たちの体の半分以上を覆い、3分の1近くが以前に免疫抑制剤の使用に頼っていました。しかし、LIBERTY AD PRESCHOOL試験では、デュピクセントがアトピー性皮膚炎の患者様への影響を「劇的に軽減」し、皮膚を速やかに取り除き、痒みを改善し、睡眠や皮膚の痛みなどの患者様の観察結果を改善したと述べています。

本試験では、コントロール不能な中等度から重度のアトピー性皮膚炎を有する生後6カ月から5歳までの小児162名が対象となりました。デュピクセントまたはプラセボを4週間ごとに皮下注射し、標準的な低力価の局所コルチコステロイド(TCS)を併用しました。主要評価項目は、IGA(Investigator’s Global Assessment)スコアが0または1の患者のうち、「透明感」または「ほぼ透明感」を得た患者の割合を評価しました。

疾患の重症度を70%軽減

サノフィとリジェネロンは、デュピクセントが初回投与後に症状を改善し、1週間で痒みの緩和に役立ち、2週間で皮膚のクリアランスにつながったと述べています。

具体的には、デュピクセントを投与した患者の28%が、16週間後に皮膚が透明またはほぼ透明になったのに対し、プラセボでは4%でした。また、米国外での主要評価項目であるEASI-75(Eczema Area and Severity Index)では、デュピクセント投与群の53%がベースラインから少なくとも75%の改善を達成しました(プラセボ投与群は11%)。また、TCSに本薬を追加することで、疾患の重症度が70%、痒みが49%減少しました(プラセボではそれぞれ20%、2%の減少)。

16週間の治療期間において、有害事象(AE)の全発生率は、デュピクセントが64%、プラセボが74%でした。主な有害事象としては、鼻咽頭炎、上気道感染、結膜炎、ヘルペスウイルス感染、注射部位反応などが挙げられ、いずれも10%未満の発生率でした。LIBERTY AD PRESCHOOL」の詳細な結果は、今後開催される医学会で発表され、規制当局にデータを提出する予定です。

デュピクセントは、現在、米国、欧州、日本およびその他の国において、中等度から重度のアトピー性皮膚炎の特定の患者様、および異なる年齢層の喘息や慢性鼻副鼻腔炎の特定の患者様に対する使用が承認されています。米国では、2017年に成人のアトピー性皮膚炎に初めて承認され、続いて青年期、そして最近では6歳の子どもにも承認されました。

関連英文記事

Dupixent® (dupilumab) pivotal trial meets all primary and secondary endpoints becoming first biologic medicine to significantly reduce signs and symptoms of moderate-to-severe atopic dermatitis in children as young as 6 months

関連記事

  1. down

    アイオバンス社進行性メラノーマ対象第2相C-144-01試験結果発表後同社の株価が50%も下落

  2. オプジーボ、化学療法後の食道がん術後補助療法としてCHMPから肯定的意見を受領

  3. takeda

    武田薬品、がん免疫療法への投資加速…1年間で3社を「build to buy」買収

  4. BMSのデュクラバシチニブ「乾癬性関節炎」対象の対プラセボ第二相臨床試験成功

  5. depression

    バイオジェン、ズラノロンの大うつ病におけるの迅速な効果を示す第3相CORAL試験結果を発表

  6. 【2022年1月4日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01