ジャディアンス、心不全の死亡と入院を21%削減した臨床試験結果を欧州心臓病学会で発表

heart

イーライリリー社とパートナーのベーリンガーインゲルハイム社は、先月発表された第3相EMPEROR-Preserved試験の完全な結果を発表、糖尿病の状態にかかわらず、駆出率が保たれている(HFpEF)患者において、ジャディアンス(エンパグリフロジン)はプラセボと比較して、心血管(CV)による死亡または心不全による入院の複合項目を有意に21%減少させたと発表しました。本試験の結果は、27日金曜日に開催された欧州心臓病学会(ESC)で発表と同時にNEJM誌にも掲載されました。両社は、今年中にHFpEFに関する国際的な承認申請を行う予定であると述べています。

FDAは先日、ジャディアンスの適応拡大を承認し、駆出率が低下した患者(HFrEF)を追加しました。この決定は、第3相試験であるEMPEROR-Reduced試験のデータに基づいており、SGLT2阻害剤は、心臓疾患による死亡とHFによる入院の複合エンドポイントを25%減少させることが示されました。

EMPEROR-Preserved試験では、駆出率が40%以上のII~IV度のHF患者5988人を対象に、通常の治療に加えて、ジャディアンスまたはプラセボを1日1回投与する群を無作為に割り付けました。参加者のうち約4,000人は左室駆出率(LVEF)が50%以上で、約2,000人はLVEFが50%未満でした。主要評価項目は、心臓疾患による死亡またはHFによる入院が最初に起こるまでの時間でした。

HFpEFの初期の臨床試験でエントレストを上回る効果

主要評価項目対象の症状が発生したのは、中央値26.2カ月でジャディアンスを投与された2997人のうち13.8%、プラセボを投与された2991人のうち17.1%であり、相対リスクが21%減少したことになる。研究者らは、この効果は、ジャディアンス投与群で心不全のリスクが低下した「主要因に関連している」と述べている。

一方、ノバルティス社の心不全治療薬であるエントレストは、2年前にESCで報告されたPARAGON-HF試験において、HFpEF患者において同様の複合エンドポイントを13%減少させている。この試験でエントレストは主要評価項目を達成できなかったが、FDAは今年初めに適応を拡大し、成人の慢性心不全患者の心血管による死亡および心不全による入院のリスクを減少させることを認めた。その際、「LVEFが正常値以下の患者では効果が最も明らかである」と言及している。

EMPEROR-Preserved試験の副次評価項目については、ジャディアンスは、プラセボと比較して、心不全による初回および再発の入院の相対リスクを27%減少させ、また、腎機能低下の速度を有意に遅らせることができました。推定糸球体濾過率(eGFR)の低下率は、プラセボが-2.62であったのに対し、ジャディアンスは-1.25であったとしています(いずれもmL/min/1.73m2/年換算)。

また、安全性についても、重篤な副作用の発現率は、ジャディアンス群が47.9%、プラセボ群が51.6%と、プラセボ群に比べて低かった。また、両群ともに20%近くの患者が治療を中止しなければならない有害事象を経験しています。また、合併症を伴わない性器・尿路感染症や低血圧が、ジャディアンスでより頻繁に報告されたことを指摘しています。

エントレストに対する競争上の脅威と新たな標準治療の可能性に

欧州心臓病学会でEMPEROR-Preserved試験の結果を発表したStefan Anker氏は、ジャルディアンスが糖尿病の有無にかかわらず、HFpEF患者の心血管による死亡または心不全による入院の複合リスクを「説得力をもって」減少させたとし、「現在、治療の選択肢が少ないこれらの患者にとって、新たな標準治療となる可能性がある」と述べた。

一方、研究者らは、EMPEROR-ReducedとEMPEROR-Preservedにおける9718人の患者のデータをプールした解析結果も発表しました。その結果、ジャディアンスは、両試験において、心不全の入院リスクを同程度(約30%)減少させることがわかったとしています。その効果の大きさは、駆出率65%以下の「広範な範囲」で同様であり、駆出率が高くなると「減衰」したという。また、EMPEROR-Reduced試験では、ジャルディアンスは主要腎疾患のリスクを低下させたが、EMPEROR-Preserved試験では低下しなかった。しかし、「EMPEROR-Preserved試験で腎転帰をより厳格な基準で定義した場合、治療前の駆出率は、本薬の心不全による入院に対する効果と同様に、腎転帰に対する効果に影響を与えた」と研究者は述べている。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01