リリー社のレブリキズマブがアトピー性皮膚炎のの試験で主要評価項目を達成

イーライリリー社は8月17日、中等度から重度のアトピー性皮膚炎患者を対象とした2つの第3相試験において、lebrikizumab単剤療法が主要評価項目と、スキンクリアランスおよび痒みの改善を含むすべての主要な副次評価項目を満たしたことを示すトップライン結果を発表しました。

IL-13シグナルを阻害するモノクローナル抗体は、EASI(Eczema Area and Severity Index)で測定した結果、半数以上の患者において75%以上のスキンクリアランスを示し、有意な改善をもたらしたとしています。

ADvocate 1およびADvocate 2は、12歳以上の中等度から重度のアトピー性皮膚炎の患者400名を対象に、lebrikizumabまたはプラセボの皮下注射を無作為に行う52週間の臨床試験です。両試験の主要評価項目は、16週目にInvestigator Global Assessment(IGA)スコアが0または1(それぞれ「透明」または「ほぼ透明」を示す)となり、ベースラインから少なくとも2ポイント減少したこと、および16週目にEASIスコアがベースラインから75%以上減少することでした。

イーライリリー社によれば、lebrikizumabは、プラセボと比較して、スキンクリアランスの早期開始、痒みの軽減、痒みによる睡眠への影響の改善など、主要な副次評価項目も達成しました。一方、治療に起因する有害事象(AE)および重篤なAEの発生率は、以前に行われたアトピー性皮膚炎を対象としたlebrikizumabの第2相試験と同様であり、最も多かったAEは結膜炎、鼻咽頭炎、頭痛でした。

イーライリリー社の免疫学開発担当副社長であるLotus Mallbris氏は、「多くのアトピー性皮膚炎患者は、利用可能な医薬品があるにもかかわらず、未だに新しい治療法を必要としている」と述べ、今回の研究結果が「IL-13サイトカインの阻害がアトピー性皮膚炎の治療において主要な役割を果たすことを示している」と付け加えました。ADvocate 1およびADvocate 2の結果は、2022年に開催される国際会議で発表される予定です。

デュピクセントのライバルとなる可能性

サノフィとパートナーのリジェネロン社が開発したデュピクセント(デュピルマブ)は、IL-4とIL-13のシグナル伝達を二重に阻害する薬剤で、6歳以下の中等度から重度のアトピー性皮膚炎の治療に使用することがすでに承認されています。サノフィ社の発表によると、デュピテントの第2四半期の売上高は、アトピー性皮膚炎での増加もあり、約45%増の12億ユーロ(約14億円)に達しています。

昨年、Dermira社を11億ドルで買収してlebrikizumabを手に入れたリリー社は、米国およびその他の地域での独占的な開発・販売権を有していますが、欧州ではAlmirall社が皮膚科領域での権利を保有しています。

同カテゴリーの記事

[/vc_column][/vc_row]

関連記事

  1. iran

    イラン人の寿命や健康状況

  2. 前立腺がん生涯死亡リスクを層別化する”遺伝的リスクスコア”

  3. 世界の遠隔医療の市場規模、今後年平均36.5%で急拡大。インフラの充実に新型コロナが後押し

  4. J&J、B細胞性悪性腫瘍に対するバイスペシフィック抗体でXencor社と提携

  5. 【2022年1月12日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

  6. ロシュ社、がん細胞治療領域に参入。同種T細胞治療法でAdaptimmuneとライセンス契約

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01