米、アルツハイマー薬アデュヘルム承認に関わる論争でFDAの迅速承認パスウェイレビュー開始

米国保健社会福祉省(HHS)は8月4日、監察総監室(Office of Inspector General, OIG)がFDAの早期承認の実施方法を調査すると発表した。この調査は、バイオジェンとエーザイのアルツハイマー病治療薬Aduhelm(アデュカヌマブ)にFDAが承認を与えたことで論争が続いていることを受けたものです。

OIGのスポークスマンであるTesia Williams氏は、「包括的な評価の一環として、FDAの適切な方針と手続きの適用に対して行った製薬会社の関係者やその他の外部団体との関係が不適切であったのか判断をします」と述べています。

FDAは様々な医薬品に早期承認を与えています。このプロセスを批判する人の中には、FDAがこのプロセスを頻繁に使用していることや、製薬会社が必要なフォローアップ研究を完了しないことがあると主張する人もいます。OIGは、Aduhelmの承認について、「FDA内での科学的論争の疑い、諮問委員会の承認反対票、FDAと業界関係者との密接な関係への疑惑、FDAによる迅速な承認経路の使用などにより、懸念が生じている」と指摘しています。

2023年に予定されているOIGの報告書、科学的妥当性の評価はしない

OIGは、レビューの一環として、FDAと外部の関係者とのやりとりや、早期承認への決定や科学的な論争などを調べるとしています。また、FDAの既存の方針や手続きが遵守されているかどうかを判断し、Aduhelmを含む、承認促進制度を用いて承認された医薬品のサンプルに基づいて、適切な調査結果と提言を行うとしています。ただし、OIGは、FDAがいかなる医薬品を承認するかについて、「科学的妥当性を評価することはない」と述べています。

先月、FDA長官代理のジャネット・ウッドコック氏は、Aduhelmの承認決定の影響に対処するために、6月7日の論争の的となった承認までの期間にバイオジェンの代表者とFDAスタッフの間で行われたコミュニケーションについて、独立したレビューを開くようOIGに依頼しました。ウッドコック氏は水曜日に、FDAはOIGの調査に全面的に協力するとツイートしています。OIGの報告書は、2023年に確定する予定です。

関連リンク

Review of the FDA’s Accelerated Approval Pathway
Dr. Janet Woodcock [Twitter]
HHS to Review FDA’s Accelerated Approval After Biogen Approval


関連記事

  1. 8月31日、FDAが原発性マクログロブリン血症(WM)にザヌブルチニブを承認

  2. lung

    承認維持が危うくなっているJazz社の肺癌薬Zepzelcaの他の癌3種へのPh2開始

  3. susmed

    ブロックチェーンで臨床試験を効率化「デジタルで持続可能な医療を実現」サスメド・上野太郎社長|ベンチャー巡訪記

  4. 【2021年12月28日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

  5. als

    FDA諮問委員会、Amylyx社のALS治療薬AMX0035のさらなるデータ提出を提示。FDAは6月末に結論

  6. OK

    発癌遺伝子狙いの抗癌剤治療の効果をATM阻害剤の併用で高めうる

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01