アストラゼネカ、アレクシオン買収完了。希少疾患のソリリスほかで6000億円売上獲得

アストラゼネカによる390億ドル(約4兆円強)のアレクシオンファーマの大規模な買収が完了したとの発表がアストラゼネカからありました。これにより、同社は、免疫治療領域での有利なポートフォリオと希少疾患での圧倒的な存在感を得ることができました。

2020年最大の業界での買収ニュース

業界関係者は、昨年2020年に発表された中でも製薬業界最大の買収案件であるこの買収が、民主党主導で強化された連邦取引委員会(FTC)の標的になるのではないかと懸念していました。しかしながら、4月に米国、7月初旬にはEUから承認を得て、このような懸念は払拭されました。

今回の買収完了は、アストラゼネカが2020年の約260億ドルからわずか4年で400億ドルの売上を目指すという野心的な目標を達成するための重要な足がかりとなります。

アレクシオンの大ヒット製品ソリリスと後続品ユルトミリスは堅調に売り上げを伸ばしている

アレクシオンファーマのC5阻害剤のブロックバスターであるソリリス(エクリズマブ)とユルトミリスの2つのアセットを獲得、この買収が完了で、アストラゼネカ社の財務的に60億ドルの売上増加がもたらされます。

ソリリスの後続品であるユルトミリスは発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)治療薬として2021年の中間点ですでに7億100万ドルの売上を計上しており、2020年の同時期に比べて48%売上が増加しているとアレクシオンファーマは最近の有価証券報告書で述べています。一方、ソリリスも、上半期の売上高は5%増加し21億ドルでした。

更なる拡大を買収を機に目指すアストラゼネカ

アストラゼネカは、短期的な収益の獲得だけではなく、それ以上のものを求めていると考えられます。同社は、アレクシオンファーマが2023年まで年率9%で成長すると予想しております。これはアレクシオンファーマの予測と一致しています。アストラゼネカの参加としてさらに高い収益を得る余地があるとの分析もあります。アレクシオンファーマはボストンに本社を置き、希少疾患に特化した新しいグループを設立する予定とのことです。

アストラゼネカのCFOであるMarc Dunoyer氏は、同社の取締役を退任する一方で、希少疾患部門のトップに就任します。一方、Dunoyer氏の後任に、アレクシオンファーマの現財務担当役員Aradhana Sarin氏が就任します。

希少疾患からより一般的な疾患への適応拡大を

Dunoyer氏はこの度の買収完了の発表の際に、以下のように述べています。

「アレクシオンファーマのプラットフォームをアストラゼネカの幅広い初期段階のパイプラインの分野で使用するとともに、アストラゼネカがすでに強力なプレゼンスを持っている市場に対して希少疾患治療薬を拡大する」

アストラゼネカは、これまで希少疾患のみを対象としていたにアレクシオンファーマのC5阻害剤を、悪性腫瘍、神経系疾患、呼吸器系疾患などのより一般的な疾患に使用できるようにしたいと表明しています。現在、アレクシオンファーマは、ソリリスが2025年にパテントを失うと予想される前に、ユルトミリスの適応症拡大追加することに取り組んでいます。
すでにPNHおよび非定型溶血性尿毒症症候群の治療薬として承認されている本剤は、全身性重症筋無力症(gMG)の承認に向けて試験を勝ち取っています。

関連記事

  1. リープ社、胃がんにおけるDKK1抗体とTislelizumabでポジティブなデータを報告

  2. more

    BioNTechの効果増強mRNAワクチン込みCLDN6標的CAR-TのPh1/2結果が有望

  3. GSKオンコロジー部門責任者Axel Hoos氏が退任、Scorpion社のCEOに

  4. opportunity

    ロシュ、てんかんの遺伝子治療でCombiGeneと開発契約提携

  5. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今年の売上横ばいと見通し変更

  6. lung

    FDA、エンハーツの肺がん対象で優先審査権付与。年間売上40億ドルへ増加の可能性も

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01