オーチャード社の遺伝子治療薬OTL-101、希少な免疫不全症の子供の治療に可能性

オーチャード・セラピューティクス社は、実験的な遺伝子治療薬OTL-101が、アデノシンデアミナーゼ重症複合免疫不全症(ADA-SCID)の小児の免疫系を回復させたことを示す3つの研究結果を発表しました。

OTL-101は、米国と英国の研究者チームが開発したもので、ヒトADA遺伝子をコードする自己不活性化レンチウイルスベクターを生体外で導入した自家CD34+造血幹細胞(HSCs)で構成されています。オーチャード社は、ADA-SCIDの治療薬としてFDAおよび欧州医薬品庁からオーファンドラッグ指定を受けているOTL-101の全世界における権利を保有しています。

ADA-SCID患者30名が登録されたフェーズI/II試験の結果

今回の結果は、米国と英国で実施された3つのフェーズI/II試験から得られたものです。米国では、生後4ヵ月から4歳までのADA-SCID患者30名が登録され、英国では、生後4ヵ月から16歳までの20名が登録されました。研究者らは、遺伝子治療を受けた50人の小児のうち48人が、3年後まで回復した免疫系の機能を維持し、酵素補充療法などの治療を中止することができたことを明らかにしました。

本研究の共同研究者である米国国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は、OTL-101の臨床結果に対して

「ADA-SCIDの乳幼児および年長児の治療オプションになる可能性がある。1回限りの処置で完全に機能する免疫系を発達させ、健康で充実した生活を送れるという希望を患者に与えることが出来ることを示している。」

無事象での生存率は95%以上

全生存率はすべての試験で100%でした。1年後の追跡調査では、米国の研究参加者の97%、英国においては参加者の100%において、酵素補充療法の再開やレスキュー同種造血幹細胞移植を行う必要はなかった。

無事象での生存率は、米国では2年後でも97%、英国では2年後および3年後で95%であった。オーチャード社は、ADA酵素活性の中央値が治療後3カ月間で「急激に上昇」し、その後も健康な小児で見られるレベルかそれ以上の値を維持していることを指摘している。さらに、免疫再構築はしっかりと行われ、米国の試験では90%の患者が、英国の試験ではすべての患者が、それぞれ24カ月、36カ月までに免疫グロブリン補充療法を中止しました。

また、モノクローナル・エクスパンション、白血球増殖性合併症、複製能を有するレンチウイルスの出現は認められず、自己免疫疾患や移植片対宿主病の発生も今のところありませんでした。遺伝子治療は全体的に安全である事が示されています。

オーチャード社のCEOであるBobby Gaspar氏は、以下のように述べています。

「今回のデータは、ADA-SCIDの根本的な遺伝子原因を修正する造血幹細胞遺伝子治療の可能性を示しており、1回の治療で良好な結果が得られることを意味しています。私は、治療を受けた50人の患者からなる大規模なデータセットで得られた結果に勇気づけられています」

希少疾患を対象として遺伝子治療の可能性を追求

2018年、オーチャード社はグラクソ・スミスクライン社から、ADA-SCIDの子どもを対象に約2年前に欧州で承認されたStrimvelisを含む、希少疾患の遺伝子治療薬のポートフォリオを購入しています。


昨年末、オーチャード社は、2016年にStrimvelisを投与した患者がリンパ性T細胞白血病と診断されたと発表しましたが、これはガンマレトロウイルスベクターを使用するこの治療法に関連する「挿入事象」が原因である可能性があります。当時、オーチャード社は、ガンマーレトロウイルスベクターのゲノムへの挿入に起因する白血病は、Strimvelisの製品ラベルに記載されている既知のリスク要因であると指摘していました。ストリムベリスを除き、「当社の他のパイプライン治療薬は、投与後の挿入がん化を回避するために特別に設計された自己不活性化レンチウイルスベクターベースのアプローチを採用しています」と付け加えています。

Orchard社のパイプラインから有力なものを抜粋
化合物 治療 ステータス 2026eの
売上予測($ m)
Libmeldy(OTL-200) 異染性白質ジストロフィーに対するARSA遺伝子治療 EUで承認されました。米国の更新期限は2021年半ば 355
OTL-103 ウィスコットアルドリッチ症候群のWAS遺伝子治療 Ph3進行中; それぞれ2021年と2022年に期限が到来するEUと米国での提出 199
OTL-203 MPS-IのIDUA遺伝子治療 Ph1 / 2データが報告されました; 2021年までに開始する登録試験 60
OTL-102 X-CGDのCYBB遺伝子治療 2021年に開始する小児科研究 23
OTL-201 MPS-IIIAのSGSH遺伝子治療 Ph1 / 2データは3ポイントで報告されています。2021年までのより多くのデータ 13
MPS:ムコ多糖症; X-CGD:X連鎖慢性肉芽腫症。出典:Evaluate Pharma

関連記事

  1. アデュカヌマブが欧州で承認に対して否定的な評価。バイオジェン、エーザイの株価下落

  2. ソリリスの治療効果がないPNHに、ノバルティスの補体B因子阻害剤が有効性示す

  3. バイオジェンがオレラブチニブに一時金1億2500万ドルを含むライセンス契約締結

  4. ジョンソン・エンド・ジョンソン新たな試練。コロナワクチンにギランバレーのリスク?

  5. スパルセンタンのIgA腎症を対象とした第3相試験の中間データが発表された

  6. ヤンセン、前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS試験情報を発表、薬事申請はしない

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

 

ログイン

メルマガ会員登録

  1. ソトロビマブ、オミクロン株すべてのスパイクタンパク質の変異に効…

    2021.12.07

  2. アッヴィのリンヴォック、クローン病の第3相試験に成功

    2021.12.07

  3. 異なるワクチンでのブースター接種効果「あり」英国の研究がランセ…

    2021.12.07

  4. アルポート症候群のバルドキソロン第Ⅲ相臨床データにFDA納得せず。…

    2021.12.07

  5. バーテックス社、腎臓病対象の第二相試験成功。尿中タンパク質排泄…

    2021.12.02

  6. サノフィ、「ニキビ」ワクチンの候補をOrigimm社買収でパイプライン…

    2021.12.02

  7. フェネック社、難聴治療薬で2度目のFDA却下見込み発表で株価下落

    2021.11.30

  8. 表皮水疱症の遺伝子治療、ピボタル試験成功。クリスタルバイオテッ…

    2021.11.30

  9. オミクロン株感染の患者を診断の南アフリカの医師、患者の症状は「…

    2021.11.29

  10. モデルナ「オミクロン株」に対するブースターをテスト中。変異種ワ…

    2021.11.29

  1. ソトロビマブ、オミクロン株すべてのスパイクタンパク質の変異に効…

    2021.12.07

  2. アッヴィのリンヴォック、クローン病の第3相試験に成功

    2021.12.07

  3. 異なるワクチンでのブースター接種効果「あり」英国の研究がランセ…

    2021.12.07

  4. アルポート症候群のバルドキソロン第Ⅲ相臨床データにFDA納得せず。…

    2021.12.07

  5. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月6日】

    2021.12.06

  6. 卵巣がん対象でミルベツキシマブが主要評価項目を達成。イミュノジ…

    2021.12.03

  7. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月3日】

    2021.12.03

  8. バーテックス社、腎臓病対象の第二相試験成功。尿中タンパク質排泄…

    2021.12.02

  9. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月2日】

    2021.12.02

  10. サノフィ、「ニキビ」ワクチンの候補をOrigimm社買収でパイプライン…

    2021.12.02