コストを抑え、新薬の上市を成功させる。新たな米国進出進出オプションとは?

米国本社でInsights4Pharmaと日本国内のクライアント向けサポートにおいて戦略的パートナーシップ契約を締結しているエバサナ社から、コストを抑えつつ新市場へ新薬を投入するクライアント向けのサービスの資料「THE NEW GOLD STANDARD OF DRUG COMMERCIALIZATION」が発表されました。本日は本発表記事の一部をInsights4が翻訳、編集してお届けいたします。なお、今回の資料のオリジナルとなったレポートは下記サイトから無料でお申し込みできますので、ご興味のある方は是非ご活用ください。

新薬販売のためには3年間で130億円以上の投資も。。。。

ライフサイエンス分野にいる私たちは今、新たな世界にいます。米国のみならず全世界における新薬の承認数は増え、新たな技術を用いた将来の治療薬になる可能性を秘める開発品のパイプラインが増えていくことで適度な安心感を得ている一方で、これまで以上に、コストを合理化、リスクを軽減し自社の製品、開発品の価値と実際のリターンを最大化する方法を模索しています。

製薬企業が新薬の発売までの3年間に費やす金額は1億2500万ドル(約133億円)以上と言われています。この様な膨大な投資にも関わらず66%の医薬品が発売時の期待に応えられていないというデータがあります。製薬企業の中には、まるで予測ができない中で、長期間に渡る新薬の開発から商業化まで耐えなければならない従来のアプローチを変革するオプションを求めています。

私は、常に、顧客である製薬会社や新興のバイオテック企業に対し、耐えられない可能性のある従来のアプローチを目の前にした場合、いったんそのような状況から目をそらすことをお勧めします。開発、上市、商業化までの予測不可能な状況に加え、業界からの圧力は避けられない状況に対して、メーカーはリスクが少なく、より価値のある統合された医薬品の商業化に対するアプローチを求めています。

製薬企業・新興バイオテック企業が直面する課題

  • 需要の変動:不確実要素は財務リスク増大と予測を不可能にする
  • 複雑な市場:商業化には完璧なオペレーショナル・エクセレンスが不可欠
  • 人材の確保: 優秀な人材の採用の遅れは成功へのリスクに直結
  • データの活用:意思決定に必要な分析機能の欠如
  • 資金調達:上市・商業化に必要な膨大な資金と少ないコスト削減手段

このような状況に対して製薬会社は、確立されたインフラ(営業部門、マーケティング、患者サービス、販売チャネルなど)を持つ他の製薬会社に製品を売却または導出することで、開発品の商業化を目指すことはよくある戦略です。しかしながら、この戦略の問題点は、何年も、時には何十年もかけて開発された投資の所有権を失ってしまうことです。

製薬会社は、患者さんの人生を変えるような革新的な医薬品を患者さんに提供するために、自分たちの価値を犠牲にする選択肢を取るべきではないと考えます。また、3年間で1億2500万ドルもの投資をして、リスクを背負って自分たちだけで商品化する必要もありません。これまでは他に方法がありませんでした。

コストを抑え、新薬の上市を成功させる方法とは?


2018年、ライフサイエンス業界における市場調査および戦略コンサルティングを提供していたエバサナは、クライアント向けに統合された製品の商業化サポートサービスを介しいたしました。このサービスにより、製薬会社、バイオテック企業そしてメドテック企業が新製品を新市場において、完全でフルスケールのカスタマイズされた商業化を実施することが可能となりました。サービスのローンチ以来、エバサナは、ライフサイエンス業界におけるコンサルティングサービスに加え、コマーシャルサービスを提供するリーディングカンパニーとして多くのグローバル企業のサポートを提供しています。

「EVERSANA COMPLETE COMMERCIALIZATION」と呼ばれるエバサナのエンド・ツー・エンドの商業化エンジンは、メーカーに対して、発売戦略、戦略の実行、長期的なアウトソースサービス(流通、フィールドサポート、患者ハブサービスを含む)を、提供します。
このサービスの開始に当たり、エバサナ社は5億ドル以上の投資を行いましたが、毎年大幅な投資を続けています。

このサービスの活用でクライアントは以下のようなメリットを得ることができます。

■ 自社資産を完全に所有したまま商業化を進めることができます。
■ 新製品の発売時のパフォーマンスを最適化することができます。
■ 成熟期にある医薬品でも収益の可能性を最大限に引き出せます。

製薬業界のあらゆる場面で25年以上の経験を持つ私は、このモデルが、これまでどの企業も達成できなかった重要な要素、すなわち商業化の全段階における各機能のつながりと相乗効果を可能にすると信じています。

エバサナは、専任のコマーシャリゼーション・リーダーのもと、社内における業界の専門家がサポートをすることで、合理的なコミュニケーションと業務の効率化を図ることができます。チームが1つの目標を共有することで、クライアントは外部からの圧力を克服し、リスクを軽減し、医薬品の市場投入を最も効果的に成功させることができます。

 

「EVERSANA COMPLETE COMMERCIALIZATION」は、従来のヘルスケアの部門間のサイロを破壊し、意思決定を促進する実用的なデータ分析を提供します。病気の複雑性の理解、予測と患者とのコミュニケーションの改善、より効果的な臨床試験の設計、トレンドの予測、治療経路のカスタマイズなど、さまざまなことが可能です。

 

実際の活用例;Zosano Pharma社とのパートナーシップ

エバサナは、Zosano Pharma社と片頭痛の急性期治療のための世界初の経皮吸収型マイクロニードル治療薬であるQtryptの商業化と販売に関してサービス提供のパートナーシップ契約を締結しました。
今回の提携により、Zosano社は、独自でインフラを構築するための多大な費用と時間をかけることなく、包括的な商業化リソースにアクセスすることができます。

Zosano社の社長兼CEOであるスティーブン・ロー氏は、以下のように述べています。

「当社とエベルサナ社は、Qtryptaが承認された場合、患者さんがアクセスできるように適切なリソースを提供するために、商業化戦略が一致するように緊密に協力してきました。今回の提携により、上市のために必要となる資金の調達プロセスを回避し、導出した場合に失われる製品の経済的価値の大部分を維持することができます。さらに、Zosano社は、リスクとエクスポージャーを最小限に抑えながら、初期の投資金額を減らすことができました。」

新しい新薬上市のオプションとして

刻々と変化する世界では、従来の戦略にもチューニングが必要です。この革新的な商業化モデルは、市場への影響を維持し、財務上のリスクを軽減したいと考える人々にとって、実際には最も安全なオプションとなるでしょう。
このクライアントが新商品をユーザーに届けることを可能にする商業化サービスモデルにより、クライアントは、「すべてを単独で行う」場合や「他の製薬会社と提携」する場合に比べて、ほんのわずかなコストで自社の医薬品を市場に投入することができます。

出典;THE NEW GOLD STANDARD OF DRUG COMMERCIALIZATION by Greg Skalicky, Chief Revenue Officer, EVERSANA

 

エバサナ社のサービスに関する紹介ご希望の方はこちらから

お問い合わせ内容

市場調査のご相談紹介資料リクエスト紹介のミーティングの依頼コンサルティングご相談その他のお問い合わせ

会社名

氏名

メールアドレス (必須)

電話番号

ご相談に関しての詳細(任意)

関連記事

  1. 【マーケティング・インタビューを成功させるコツとは?vol.1】本音を引き出す傾聴スキルを高めよう

  2. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方を解説!

  3. リアルワールドデータを希少疾患の開発にどう活用するのか、業界内の専門家に聞いた

  4. 少ないワクチン特化の調査会社。網羅性、専門性の高い調査会社VacZineをご存じ?

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

 

ログイン

メルマガ会員登録

  1. ソトロビマブ、オミクロン株すべてのスパイクタンパク質の変異に効…

    2021.12.07

  2. アッヴィのリンヴォック、クローン病の第3相試験に成功

    2021.12.07

  3. 異なるワクチンでのブースター接種効果「あり」英国の研究がランセ…

    2021.12.07

  4. アルポート症候群のバルドキソロン第Ⅲ相臨床データにFDA納得せず。…

    2021.12.07

  5. バーテックス社、腎臓病対象の第二相試験成功。尿中タンパク質排泄…

    2021.12.02

  6. サノフィ、「ニキビ」ワクチンの候補をOrigimm社買収でパイプライン…

    2021.12.02

  7. フェネック社、難聴治療薬で2度目のFDA却下見込み発表で株価下落

    2021.11.30

  8. 表皮水疱症の遺伝子治療、ピボタル試験成功。クリスタルバイオテッ…

    2021.11.30

  9. オミクロン株感染の患者を診断の南アフリカの医師、患者の症状は「…

    2021.11.29

  10. モデルナ「オミクロン株」に対するブースターをテスト中。変異種ワ…

    2021.11.29

  1. ソトロビマブ、オミクロン株すべてのスパイクタンパク質の変異に効…

    2021.12.07

  2. アッヴィのリンヴォック、クローン病の第3相試験に成功

    2021.12.07

  3. 異なるワクチンでのブースター接種効果「あり」英国の研究がランセ…

    2021.12.07

  4. アルポート症候群のバルドキソロン第Ⅲ相臨床データにFDA納得せず。…

    2021.12.07

  5. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月6日】

    2021.12.06

  6. 卵巣がん対象でミルベツキシマブが主要評価項目を達成。イミュノジ…

    2021.12.03

  7. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月3日】

    2021.12.03

  8. バーテックス社、腎臓病対象の第二相試験成功。尿中タンパク質排泄…

    2021.12.02

  9. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月2日】

    2021.12.02

  10. サノフィ、「ニキビ」ワクチンの候補をOrigimm社買収でパイプライン…

    2021.12.02