NICE、エンハーツを欧州で進行性乳がんの治療法として抗がん剤ファンド登録

4月20日、NICE(英国国立医療技術評価機構)は、外科的に除去できない、または他の部分に転移したHER2陽性乳がんを治療するための抗がん剤ファンド(CDF)を用いて使用することを推奨するガイダンス草案を発表しました。この決定により、初めてEnhertu(エンハーツ;trastuzumab deruxtecan、トラスツズマブ デルクステカン、第一三共とアストラゼネカ)が欧州各国で使用を委託されることとなります。今後、最大で400人がこの治療法をすぐに利用できるようになり、化学療法との比較データが蓄積されていきます。

乳がん細胞の中には、細胞表面にHER2と呼ばれるタンパク質が多く存在し、細胞の増殖を促すものがあります。これはHER2陽性乳がんと呼ばれ、外科的に切除できない乳がんや体の他の部位に転移した乳がんの約5分の1がHER2陽性です。外科的に切除できない、または体の他の部分に転移しているHER2陽性乳がんの現在の治療法には、trastuzumab(トラスツズマブ)とドセタキセル(docetaxel)を併用したPerjeta(パージェタ;ペルツズマブ、pertuzumab)、またはパクリタキセル(paclitaxel)を併用したトラスツズマブなどの抗HER2療法があります。2回以上の抗HER2療法の後、標準治療は化学療法(カペシタビン、ビノレルビン、エリブリンなど)です。トラスツズマブ デルクステカンは、2回以上の抗HER2療法の後に使用される抗HER2療法です。これは、がんの成長、分裂、拡大を助けるHER2の変化を標的にすることで機能します。

現在、トラスツズマブデルキステカンと化学療法を直接比較する臨床試験データが不足していますが、委員会は、トラスツズマブデルキステカンの進行中の試験およびNHSのデータが、臨床的有効性に関する不確実性に対処するのに役立つと結論付けました。

NICEの医療技術評価センターの副最高経営責任者兼所長であるMeindertBoysen氏は、次のように述べています。

「残念ながら、体の他の部分に転移した、または外科的に切除できない乳がんの治療法はありません。副作用が伴うため、可能な限り化学療法を受けることを避けたいとの患者の声が専門医に届いています。患者はまた、生活の質に悪影響を与えずに、病気が悪化するまでの時間を延長できる治療の必要性を強調しました。トラスツズマブデルキステカンは、病気が悪化するまでの期間と全体的にどれだけ長く生きるかを増やす可能性がある有望な新しい治療法と考えます。したがって、このタイプの乳がん患者のCDFのオプションとしてトラスツズマブ デルクステカンへの利用への道を広げる契約が成立したことを嬉しく思います。」

NICEは、2021年5月にトラスツズマブ デルクステカンに関する最終ガイダンスを発表する予定です。その間、この薬の暫定的な資金提供が可能になります。

Source: NICE draft guidance provides Cancer Drugs Fund first in Europe access to new treatment option for advanced breast cancer

関連記事

  1. ブルーバード・バイオ社のβサラセミア遺伝子治療「beti-cel」をレビューするとICERが発表

  2. covid

    入院COVID-19へのHumanigen社の抗GM-CSF薬が訳あり患者除外解析で目標達成

  3. 期待の遺伝子治療薬「SRP-9001」102試験で指摘された課題は解決の103試験発表

  4. 【2021年12月28日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

  5. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7月18日~22日]

  6. goodresult

    第一三共/AstraZenecaのエンハーツがロシュのカドシラに大勝した乳癌第3相の論文が発表に

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. 米メルク、アルツハイマー病新規標的探索でセレバンス社と提携

    2022.08.10

  2. ベロナ社の株価37%上昇。エンシフェントリンがCOPD対象の後期試験で…

    2022.08.10

  3. 第一三共・アストラゼネカのダトポタマブ デルクステカン併用投与が…

    2022.08.10

  4. lung

    アムジェン 肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性を明…

    2022.08.10

  5. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.30

  6. vaccine

    ファイザーとビオンテック、ケンタウロスを含むオミクロンBA.2特化…

    2022.07.28

  7. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  8. partners

    米メルク、中国のバイオテクノロジー企業と最大9億100万ドルでADCの…

    2022.07.27

  9. bladder cancer

    アステラセス製薬。パドセフとキイトルーダ併用が膀胱がん対象での…

    2022.07.27

  10. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.23

  1. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  2. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  3. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  4. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  5. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  6. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  7. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  8. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  9. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  10. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01