少ないワクチン特化の調査会社。網羅性、専門性の高い調査会社VacZineをご存じ?

相対的に少なかった需要も、14年以上ワクチン専門の調査会社としてレポート発行

私は製薬業界に特化した市場調査、コンサル業界にもう20年以上おりますが、最もレポートとして紹介するのが難しいと思っているのが「ワクチン」に関するレポートです。

ブロックバスター医薬品を戦略として多くの製薬企業が大きな市場での上市を狙っていた2000年代、抗体医薬、希少疾患、がん免疫療法など新たなビジネス戦略に変革をもたらしたここ10年間の間、ワクチンに関する市場調査の需要はすごく低調な状態が続きました。ワクチンのプレーヤーの数も減少傾向にあったこともあり、「ワクチン市場の予測や分析レポート」に関する問い合わせが少なかった時期でした。私自身の勉強や注意もも足りなかったのかなと反省をしています。。。

そのような事もあり、調査会社でも「ワクチン」専門のアナリストやコンサルタントの数も相対的に少なくなってしまいました。自ずと出版するレポートも少なく、ワクチンのみを扱っているデータベースも少ないです。そのような環境の中でもコツコツとワクチン市場のレポートを14年以上に渡って出版し続けているのが「Vaczine Analytics」社です。

新型コロナウイルス感染症ワクチンの早期承認で市場に大きな変化が

このVacZine社の分析によるとワクチン市場は堅調に増大する一方で、大きな変革から多くのプレーヤーが淘汰されるリスクが高まっていると言います。
2020年は新型コロナウイルスのパンデミックが発生、有効な治療方法、治療薬が未だに無い中でどんどん新規感染者が国内外で増加しているときに切り札として期待されていたのが「ワクチン」でした。これほどまでワクチンがニュースになった年は無いでしょう。一躍「ワクチン」に対する期待と需要が高まり、21年には新たなmRNAワクチンも続々と承認、ワクチンの接種が始まりました。

2020年には、多くの調査会社やコンサルタントがこの新型コロナウイルスに関しての調査レポートやワクチンに関する予測情報、市場情報を一目散に出版しております。Insights4のニュースでも多く取り上げましたし、クライアントからご相談を受けました。調査レポートというのは大体早くても1年から2年サイクルで市場のアップデートをしますが、今回の新型コロナウイルス感染症のレポートは、3か月、もしくはそれ以上の短い期間でアップデートしないと使えないレポートなってしまうという考えられない状況になっております。

新型コロナの状況は日々日々変化しており、極端に言うと1日経つと「古い」情報になってしまうため、今日の予測情報は明日には「古く」なってしまいます。一方で、ワクチンに関してしっかりと調査をしていた調査会社やアナリストの数も少なくなっていたという状況もあります。

そこで、私は、ワクチンに関する情報を新型コロナからすこし離れてもうすこし全体像をみてご紹介することに舵を切ることにしました。
前置きが長くなりましたが、ワクチン関連を担当されている方、製薬企業の方々に本日おすすめする会社がワクチンに特化しているユニークな調査会社「VacZine Analytics」社です。

ワクチンに集中、網羅性と専門性が非常に高いVacZine Analytics社

最近話題のmRNAワクチンからデング熱、インフルエンザワクチンなどおそらく全世界でここまでの網羅はしていないというカバーレッジがございます。同社の創設者であるJohn Savoloulus氏はすでに20年以上ワクチンの専門家、アナリストとして多くの講演、レポートなど忙しい毎日を過ごしています。彼が2007年にこのワクチン特化のマーケットリサーと&コンサルティングの会社を設立しました。2020年で約14年ワクチンの情報を提供しています。

彼は、もともと製薬会社でワクチンの研究開発部門におりましたが、市場調査会社でワクチンの専門家として活動し、その後同社を設立しました。多くの疾患がある中で常にワクチンの市場分析に集中してビジネスを展開しております。

このようにワクチンに集中することからこつこつ積み重ねた経験がこの80以上の疾患に対するワクチンレポートの結果として現れています。もし、ワクチン関連で現在市場調査、分析をする予定ですぐにでも同社のサービス内容をお聞きになりたい方は、ぜひ同社のレポートを今後ご検討を頂けましたら都思います。本日は、Insights4で代理店をさせて頂き日本の皆様向けの販売とサポートを提供しているVacZine Analytics社の紹介を致しました。

VacZine Analytics

Warren (Carlton House)
Bells Hill
Bishops Stortford
Herts
CM23 2NN
United Kingdom
Tel: +44 (0) 1279 927049
https://www.vaczine-analytics.com/index.asp

本記事の紹介調査会社の資料請求はこちらからから

資料請求見積依頼購入希望




Insights4 Pharmaは、「海外の製薬業界トップニュースの解説」をコンセプトに、全世界で話題と注目の製薬業界ニュースをピックアップ、提供します。

関連記事

  1. 血漿分画製剤市場、今後5年間年平均6.7%の成長で395億米ドルに拡大。

  2. メルク、新型コロナウイルス経口薬「モルヌピラビル」のジェネリック医薬品を認める

  3. 武田薬品、臓器移植後の感染症治療対象の「リブテンシティ」がアメリカで承認取得

  4. CAR-T療法市場、2030年には約140億米ドルの規模に。有望な治療法のパイプラインが市場成長を牽引

  5. 新型コロナで画期的なmRNAワクチン承認。新規ワクチンが及ぼす市場への影響は?

  6. オミクロン株感染の患者を診断の南アフリカの医師、患者の症状は「非常に軽い」と発表

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

 

ログイン

メルマガ会員登録

  1. ソトロビマブ、オミクロン株すべてのスパイクタンパク質の変異に効…

    2021.12.07

  2. アッヴィのリンヴォック、クローン病の第3相試験に成功

    2021.12.07

  3. 異なるワクチンでのブースター接種効果「あり」英国の研究がランセ…

    2021.12.07

  4. アルポート症候群のバルドキソロン第Ⅲ相臨床データにFDA納得せず。…

    2021.12.07

  5. バーテックス社、腎臓病対象の第二相試験成功。尿中タンパク質排泄…

    2021.12.02

  6. サノフィ、「ニキビ」ワクチンの候補をOrigimm社買収でパイプライン…

    2021.12.02

  7. フェネック社、難聴治療薬で2度目のFDA却下見込み発表で株価下落

    2021.11.30

  8. 表皮水疱症の遺伝子治療、ピボタル試験成功。クリスタルバイオテッ…

    2021.11.30

  9. オミクロン株感染の患者を診断の南アフリカの医師、患者の症状は「…

    2021.11.29

  10. モデルナ「オミクロン株」に対するブースターをテスト中。変異種ワ…

    2021.11.29

  1. ソトロビマブ、オミクロン株すべてのスパイクタンパク質の変異に効…

    2021.12.07

  2. アッヴィのリンヴォック、クローン病の第3相試験に成功

    2021.12.07

  3. 異なるワクチンでのブースター接種効果「あり」英国の研究がランセ…

    2021.12.07

  4. アルポート症候群のバルドキソロン第Ⅲ相臨床データにFDA納得せず。…

    2021.12.07

  5. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月6日】

    2021.12.06

  6. 卵巣がん対象でミルベツキシマブが主要評価項目を達成。イミュノジ…

    2021.12.03

  7. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月3日】

    2021.12.03

  8. バーテックス社、腎臓病対象の第二相試験成功。尿中タンパク質排泄…

    2021.12.02

  9. 1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ【2021年12月2日】

    2021.12.02

  10. サノフィ、「ニキビ」ワクチンの候補をOrigimm社買収でパイプライン…

    2021.12.02