製薬業界の最新ニュースと解説

【無料ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス

【無料ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックスでは、メディカルデバイスの新規規制や貿易協定の更新、地域特有の障壁、政治イベント等に注目をし2020年に中止するべきトピックを6つピックアップして解説をします。これらのトピックスは医療機器メーカーに大きな影響を与えると予想されます。

市場スポットライト:ワルデンストレームマクログロブリン血症 (WM)

当レポートでは、世界のワルデンストレームマクログロブリン血症 (WM) 治療薬市場について調査分析し、主なパイプライン・上市薬、治験、特許情報、10ヶ年の有病率予測、ライセンス・取得取引など、体系的な情報を提供しています。

アトピー性皮膚炎 (AD) 治療薬市場:機会の評価・疫学予測・市場ダイナミクス・パイプライン分析・現在の市場規模・市場予測

当レポートでは、世界のアトピー性皮膚炎 (AD) 治療薬市場について調査し、疫学予測、市場ダイナミクス、パイプライン治療薬の承認スケジュール予測、治験のサマリー、現在・将来の競合情勢、主要企業のプロファイル、新興企業のプロファイル、パイプライン治療薬の説明と開発におけるマイルストーンなどについて分析しています。

非オピオイド鎮痛薬の世界市場:~2024年

当レポートは、世界の非オピオイド鎮痛薬の市場を調査し、市場の定義と概要、疼痛および疼痛治療の経緯、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、疼痛治療の代替的非オピオイド療法の各種タイプ、製品区分・疾患区分・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、特許動向、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

婦人科系疾患治療薬の世界市場の調査・分析

当レポートでは、世界の婦人科系疾患治療薬の市場について分析し、疾患・技術の概要や市場の基本構造、外部からのマクロ的・ミクロ的影響、主な促進・抑制要因、疾患別・地域別の市場動向の見通し (過去2年間・今後6年間分)、最新の市場競争状況、主要企業のプロファイル・最新動向などを調査しております。

米国の腹腔鏡装置市場

当レポートでは、米国における腹腔鏡装置市場について分析し、市場環境や疾患・治療法の概要、治験の進行状況、現在活用されている手術法の概要、市場全体の市場動向 (今後10年間分)、競争状態・近年の動き、各部門の詳細動向などを調査しております。

米国の内視鏡サービス市場

当レポートでは、米国国内の内視鏡サービス市場の構造や現状、主な市場促進・阻害要因、今後10年間分の市場動向の見通し、製品カテゴリー別の詳細動向などを調査・推計しております。

米国の泌尿器科機器市場

米国の泌尿器科機器市場は、肥満人口の増加や、治療効果が高く合併症発生率の低い治療法の需要を受け、2025年にかけて緩やかな成長を続けることが見込まれています。

当レポートでは、米国の泌尿器科機器市場について調査し、全体および製品タイプ別の市場動向、市場規模の推移と予測、競合情勢、市場シェアなどについて包括的にまとめています。

高性能診断デバイスを実現する次世代技術

当レポートでは、高性能診断デバイスを実現する次世代技術について取り上げ、技術の概要、課題とソリューション、技術のレビューと評価、将来の動向、注目企業、特許の動向、技術ロードマップ、およびパフォーマンスベンチマーキングなどについて分析しています。

CAR‐T細胞療法 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

ノバルティスのキムリアが小児または青年の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)、Kite Pharma(ギリアドが買収)のYescartaが再発・難治性大細胞型B細胞リンパ腫の治療薬として迅速承認を受け、がん免疫療法は新たな時代を迎えました。本レポートでは、既存及び開発段階のキメラ抗原受容体(CAR)‐T細胞療法をあらゆるがん種において考察し、包括的な市場予測を行います。既存及び新たなCAR‐T細胞療法を巡る状況に関するオピニオンリーダー(KOL)の見解や洞察も収載しています。

【英文レポート】CAR-T細胞療法の世界市場:市場規模・成長予測・臨床試験・各種動向

当レポートでは、世界のCAR-T細胞療法の市場を調査し、CAR-T細胞療法の概要、発展の経緯、CAR-T細胞の製造プロセス、CAR-T細胞の作用機序・モデル・コンセプト・ベーシックコンポーネント、主な関連企業とその取り組み、腫瘍関連標的抗原、対象疾患、薬価と償還、特許環境、資金調達・提携・協力の動向、臨床試験環境、上市済みCAR-T細胞製品、地域・主要国別の市場規模の予測、主要企業・技術・製品のプロファイルなどをまとめています。

【英文レポート】欧州の画像診断システム市場:2019年

高血圧管理デバイスは、コントロール不良の高血圧患者に対する新たな治療の形です。この患者グループに対する効果的な血圧管理への潜在医療ニーズを踏まえると、一度製品が上市されればその有望な臨床試験データと高価な価格により、市場は急速に成長するとみられています。

【英文レポート】米国の画像診断システム市場

高血圧管理デバイスは、コントロール不良の高血圧患者に対する新たな治療の形です。この患者グループに対する効果的な血圧管理への潜在医療ニーズを踏まえると、一度製品が上市されればその有望な臨床試験データと高価な価格により、市場は急速に成長するとみられています。

【英文レポート】T細胞 (CAR-T・TCR・TIL) 治療薬の世界市場 (第4版):2019-2030年

がん領域の個別化治療において注目を集めるCAR-T治療薬市場にフォーカスした最新レポートがROOTS ANALYSISよりリリースされました。今回で第4版となり、大手製薬会社を中心に幅広く長年支持されているレポートになります。サンプルを送付させていただきますので、まずはお問い合わせください。

【英文レポート】CAR-T細胞療法の世界市場

当レポートは世界のCAR-T細胞療法市場について調査しており、市場機会、成長および阻害要因、製品タイプ・適応症・エンドユーザー・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

【英文レポート】デジタルセラピューティクスとスマートデバイス追跡調査

デジタルセラピューティクス (DTx) とスマートデバイスは、デジタルヘルスの世界で今最も急速な成長と進化を遂げつつある分野の1つと言えます。

DRGでは業界内での要望に沿い、あらたにデジタルセラピューティックスとスマートデバイスでの継続的な最新情報を提供する年間サービスを提供しております。

【英文レポート】CAR-T細胞療法の世界市場 - 産業分析、市場規模、シェア、成長、動向、予測 2019年~2026年

当レポートでは、世界のCAR-T細胞療法市場を調査し、市場の概要、標的抗原・用途・地域別の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および阻害要因の分析、市場機会、競合情勢、主要企業のプロファイルなど、包括的な情報を提供しています。

【英文レポート】癌免疫治療薬の世界市場の分析・予測:~2023年

癌免疫治療薬の市場は癌治療薬市場全体の約50%を占めており、その市場規模は2019年の約750億ドルから、2023年には1150億ドルを超える規模に達すると予測されています。

当レポートでは、世界の癌免疫治療薬の市場を調査し、免疫療法および癌免疫治療薬の概要、上市済み薬およびパイプラインの動向、薬剤クラス・癌区分・地域別の市場規模の推移と予測、主要地域の関連法規制、CAR-T治療薬の詳細分析、主要薬剤および主要企業のプロファイルなどをまとめています。

【英文レポート】高血圧管理デバイスの世界市場

高血圧管理デバイスは、コントロール不良の高血圧患者に対する新たな治療の形です。この患者グループに対する効果的な血圧管理への潜在医療ニーズを踏まえると、一度製品が上市されればその有望な臨床試験データと高価な価格により、市場は急速に成長するとみられています。

【英文レポート】ESMO会議レポート (2019年)

欧州臨床腫瘍学会 (ESMO) の年次会議が、2019年9月27日~10月1日まで、バルセロナ (スペイン) で開催されました。当レポートでは、卵巣がんにおけるPARP阻害剤の新しいデータを含む、ESMO会議における重要なトピックのサマリーのほか、関連のデータについて、体系的な情報を提供しています。

【英文レポート】がん免疫療法の世界市場:需要分析・機会評価

当レポートでは、世界のがん免疫療法市場を調査し、市場の概要、市場動向、製品・投与経路・エンドユーザー・地域別の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および課題の分析、パイプラインおよび治験動向、規制環境、リスク分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなど、包括的な情報を提供しています。

【英文レポート】創薬における人工知能 (AI) の世界市場予測 2024年:マシンラーニングおよびディープラーニング

世界の創薬における人工知能 (AI) 市場規模は、2019年の2億5,900万米ドルから2024年までに14億3,400万米ドルへ拡大すると予測され、予測期間中は40.8%のCAGR (年間複合成長率) が見込まれています。
当レポートでは、世界の創薬における人工知能 (AI) 市場を取り上げ、サービス、技術、用途、エンドユーザーおよび地域などの各セグメント別に市場の現状と見通しについて調査分析するとともに、競合環境の分析、主要企業のプロファイルなどを提供しています。

【英文レポート】癌免疫診断市場の予測・分析:バイオマーカーを巡る競合状況

当レポートでは、世界の癌免疫診断市場について調査し、免疫療法の技術ガイド、産業概要、市場成長の影響要因、技術開発動向、近年の発展動向、世界市場の規模、タイプ別の市場、および主要企業などについて分析しています。

【英文レポート】腱滑膜巨細胞腫(TSGCT)- 市場洞察、疫学、市場予測 2028年

当レポートでは、主要7カ国(米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、日本)の腱滑膜巨細胞腫(TSGCT)市場を調査し、市場および疾患の概要、国別の疫学予測、増殖パターン・性別・腫瘍位置別の(びまん性/限局性)腱滑膜巨細胞腫の診断数の推移と予測、治療法、上市済み治療薬および新薬の概要、国別の市場規模、市場の成長要因および障壁の分析などをまとめています。

【英文レポート】滑膜肉腫(SS)- 市場洞察・疫学・市場予測 2028年

当レポートでは、主要7カ国(米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、日本)における滑膜肉腫(SS)市場を調査し、疾病の概要や現行の治療法、上市済み治療薬および新薬のプロファイル、全体および各国の市場動向、疫学的予測、市場規模、部位・年齢・性別・病期別の罹患数の推移と予測、アンメットニーズ、市場の成長要因および障壁などを包括的にまとめています。

【英文レポート】癌領域における各種提携契約:契約動向・企業・財務条件

当レポートでは、癌領域における各種提携契約について調査し、近年の提携契約の動向、取引タイプ・開発段階・技術・適応症など各種区分別の内訳、提携契約の財務的条件、主な大型契約、提携契約に積極的な企業、契約文書のディレクトリーなどをまとめています。

【英文レポート】癌治療向けモノクローナル抗体に関する各種提携契約:契約条件・合意内容

当レポートでは、癌治療のためのモノクローナル抗体に関する各種提携契約について調査分析し、近年における各種契約の動向、大規模契約および大手医薬品事業者による契約の概要、契約区分・開発ステージ・抗体タイプ・適応症区分別のディレクトリなどをまとめ、概略下記の構成でお届けいたします。

【英文レポート】癌診断に関する各種提携状況:契約動向、企業、財務および予測

当レポートでは、癌診断に関する各種提携契約について調査分析し、近年における各種契約の動向、契約額および大手製薬会社による契約の概要、契約区分・開発ステージ・治療分野・技術タイプ別のディレクトリなどをまとめています。

バイオマーカーの世界市場:市場規模・現状・将来予測 (2019~2025年)

世界のバイオマーカーの市場規模は、2019年には4億0873万米ドル、2025年には10億5618万米ドルと、14.6%のCAGR (複合年間成長率) で拡大する見通しです。

当レポートでは、世界のバイオマーカー市場について分析し、業界の基本構造や背景事情・最新情勢、全体的な市場規模の動向見通し (過去5年間・今後7年間分)、種類別・用途別および地域別の詳細動向、主要企業のプロファイル・業績、今後の市場成長の可能性・方向性などを調査しております。

世界の中枢神経系バイオマーカーの市場:規模、情勢、および予測(2019年~2025年)

当レポートは世界の中枢神経系バイオマーカー市場について調査しており、市場成長要因、動向や課題、用途・タイプ・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

世界の喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)用装置市場:成長、動向、および競合分析(2019年~2025年)

当レポートは世界の喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)用装置市場について調査しており、市場成長要因および課題、産業の動向、用途・タイプ・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

ホルモン受容体陽性/HER2陰性乳癌 - 市場洞察、疫学、市場予測 2028年

主要7カ国(米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、日本)のホルモン受容体陽性/HER2陰性乳癌市場は、2017年から2028年にかけて0.83%のCAGRで推移すると予測されています。

当レポートでは、主要7カ国(米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、日本)のホルモン受容体陽性/HER2陰性乳癌市場を調査し、疾患の概要、セグメント別の罹患数および診断数の推移と予測、治療のアルゴリズムおよびガイドライン、上市済み治療薬および新薬の概要、アンメットニーズ、全体および各国の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および障壁等についてまとめています。

世界の幹細胞医薬品の提携契約の動向

当レポートでは、幹細胞医薬品に関連する各種提携契約の動向について調査し、近年締結された各種契約の動向、大規模契約および大手事業者による契約の概要、契約区分・開発ステージ・治療分野・技術タイプ別の一覧などをまとめています。

ADC (抗体-薬物複合体) への注目

当レポートでは、ADC (抗体-薬物複合体) 市場について調査し、市場の概要、主要企業、主な承認済みADC、パイプライン動向、および戦略などについて分析しています。

抗体薬物複合体 (ADC:Antibody Drug Conjugate) 市場

当レポートでは、抗体薬物複合体 (ADC) の市場を調査し、癌の治療のADCの概要・メリット、臨床および前臨床パイプラインの動向、ADCの主な適応症、主要企業のプロファイルおよび製品パイプラインの動向、企業間の提携・協力などの状況、ベンチャー投資・学術助成などの動向、特許動向、主要薬剤の対象患者人口および売上の予測、SWOT分析、専門家へのインタビュー、将来の展望などをまとめています。

2019年 海外における「MaaS(Mobility as a Service)×新規&有望ビジネス」探索総調査<ヘルスケア・医療 編>(公開シーズ:40社×181枚付き)

当レポートでは、当該主要ベンダ(40社)を中心に、海外における「MaaS×新規&有望ビジネス(ヘルスケア・医療 編)」の網羅的な調査を実施、「MaaS×新規&有望ビジネス」×「MaaSプレイヤー別×ビジネスモデル別×先端シーズ」の徹底探索・抽出・整理を行い、合計40社×181件の「海外×MaaSプレイヤー別×新規&有望ビジネス(公開シーズ)」×全種類を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化しています。

医療機器:ウェアラブル機器、高齢者介護、神経学に多くの好機

当レポートでは、ウェアラブル機器、高齢者介護、神経学に多くの好機とみて調査分析。現状と将来の見通し、発展動向、新興技術、規制問題などについて、体系的な情報を提供しています。

遠隔医療 (テレメディシン) の世界市場

当レポートでは、世界における遠隔医療 (テレメディシン) 市場の概要、動向・発展への影響因子の分析、競合企業と市場シェア、世界および地域・主要国別の市場規模の推移と予測、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

モバイル医療アプリの世界市場

当レポートでは、モバイル医療アプリの世界市場を取り上げ、米国、カナダ、日本、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、およびその他の地域など、地域ごとの個別分析を行い、2013年から2020年に至る各年の実績/推定および予測を提供するとともに、主要企業およびニッチ企業90社のプロファイルをまとめています。

mヘルス (モバイルヘルス) サービスの世界市場

当レポートでは、mヘルス (モバイルヘルス) サービスの世界市場を取り上げ、米国、カナダ、日本、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカおよびその他の地域など、地域ごとの個別分析を行い、2013年から2020年に至る各年の実績/推定および予測を提供するとともに、主要企業およびニッチ企業78社のプロファイルをまとめています。

中国のフィナステリド市場の分析

当レポートでは、中国国内のフィナステリド市場について分析し、製品の概略・効能や許認可状況、全体的な市場規模の動向見通し (過去・今後5年間分)、市場価格の推移と見通し、主要企業のプロファイルと市場シェア、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

中国の組替え体ヒトトロンボポエチン市場の分析

当レポートでは、中国国内の遺伝子組み換えヒトトロンボポエチン市場について分析し、製品の概略・効能や許認可状況、全体的な市場規模の動向見通し (過去・今後5年間分)、市場価格の推移と見通し、主要企業のプロファイルと市場シェア、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

中国のバシリキシマブ市場の分析

当レポートでは、中国国内のバシリキシマブ市場について分析し、製品の概略・効能や許認可状況、全体的な市場規模の動向見通し (過去・今後5年間分)、市場価格の推移と見通し、主要企業のプロファイルと市場シェア、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

中国のポリエンホスファチジルコリン市場の分析

当レポートでは、中国国内のポリエンホスファチジルコリン市場について分析し、製品の概略・効能や許認可状況、全体的な市場規模の動向見通し (過去・今後5年間分)、市場価格の推移と見通し、主要企業のプロファイルと市場シェア、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

変形性関節症治療薬の世界市場 - 2024年までの予測:関節内補充薬・非ステロイド性抗炎症薬・鎮痛剤・コルチコステロイド

当レポートでは、世界の変形性関節症治療薬市場について調査分析し、市場概要、産業動向、各セグメント別・地域別による市場の分析と予測、競合情勢、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

素因バイオマーカー:技術と世界市場

当レポートでは、世界の素因バイオマーカー市場について調査し、技術と世界市場の概要、世界市場の動向とCAGR (年間複合成長率) 予測、各種素因バイオマーカーにおける近年の主な技術進歩および民間顧客・規制当局による導入の程度、主な成長領域の特定と主要企業の主な戦略などについて分析しています。

癌免疫診断市場の予測・分析:バイオマーカーを巡る争い

当レポートでは、世界の癌免疫診断市場について調査し、免疫療法の技術ガイド、産業概要、市場成長の影響要因、技術開発動向、近年の発展動向、世界市場の規模、タイプ別の市場、および主要企業などについて分析しています。

セルベースアッセイ & ハイコンテントスクリーニング (HCS) の世界市場:予測・分析

当レポートでは、世界のセルベースアッセイ & ハイコンテントスクリーニング (HCS) 市場について調査し、技術、市場動向、発展動向、および主要企業の分析を提供しており、ユーザータイプ・製品クラス別の市場、地域・種類別の市場規模などをまとめています。

単細胞ゲノミクス市場予測(エンドユーザー別、技術別):エグゼクティブ・コンサルタントガイド(2020~2024年のカスタマイズ予測と分析)

単細胞ゲノミクスは科学研究開発の主流として台頭しています。今後、免疫腫瘍学や微生物学など新たな臨床応用分野に広がっていくとみられています。

当レポートでは、世界の単細胞ゲノミクス市場について調査し、市場の現況と将来動向、成長の機会、地域別動向、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています。

抗生物質耐性市場:治療薬(病原体別、治療タイプ別)、状況分析、エグゼクティブ・投資家・コンサルタントガイド、注目企業の完全リスト

当レポートでは、世界の抗生物質耐性市場について調査し、市場の現況と将来動向、成長の機会、地域別動向、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています。

ヒト遺伝子シーケンシングの世界市場の分析・予測:2020-2024年

当レポートでは、世界のヒト遺伝子シーケンシングの市場を調査し、市場および技術の定義と概要、各種参入事業者とその役割、ヒト遺伝子シーケンシングの用途および導入例、主要企業のプロファイル、市場成長への各種影響因子の分析、技術開発・事業展開などの動向、用途別の市場成長予測、将来の展望などをまとめています。

CRISPR Cas9 の世界市場:治験・治療用途の展望

当レポートでは、世界のCRISPR-Cas9市場について、治験および治療用途にフォーカスして調査しており、市場概要、治験動向、企業・適応所別による治験、地域市場のシナリオ、適応症別による治療用途、および治験に関わる主要企業のプロファイルなど、体系的な情報を提供しています。

遺伝子治療の世界市場

当レポートでは、世界における遺伝子治療市場の概要、動向・発展への影響因子の分析、競合企業と市場シェア、世界および地域・主要国別の市場規模の推移と予測、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

マイクロアレイの世界市場分析

当レポートでは、世界のマイクロアレイ市場を調査し、市場の定義と概要、市場動向・市場成長への各種影響因子の分析、競合企業と市場シェア、世界および地域・主要国別の市場規模の推移と予測、各種区分別の内訳、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

世界の遺伝子型決定 (ジェノタイピング) 市場

当レポートでは、世界の遺伝子型決定 (ジェノタイピング) 市場について調査し、市場の動向とセグメント別動向、地域別予測、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています。

化膿性汗腺炎 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

2015年、アッヴィのヒュミラ(アダリムマブ)が化膿性汗腺炎治療薬として初めてFDA承認を受け、現在も唯一の立場を維持しています。ヒュミラの適応は中等度から重度の患者に限られているため、症状によっては最初にNSAIDs、抗生剤、コルチコステロイドなど他の薬剤を適応外処方されることになります。
より重篤で、ヒュミラで効果が得られなかった患者に対しては....

高トリグリセリド血症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

高トリグリセリド血症はトリグリセリド値の上昇が特徴です。現在の治療は生活習慣の改善の他、患者のトリグリセリドレベルの改善に焦点を置き、CVリスクの低減を目標としたものとなっており、フィブラート、スタチン、オメガ3脂肪酸の処方が圧倒的です。本レポートでは、長期的な保険請求データ分析を用い....

iPS細胞の世界市場

当レポートでは世界のiPS細胞市場について調査分析を行い、市場概要、市場動向、今後の見通しなどについて考察するとともに、米国、カナダ、日本、欧州、アジア太平洋地域、世界のその他の諸国の各市場について分析し、主要企業のプロファイルなどについてまとめています。

世界のCAR-T細胞療法市場:2025年までの予測

世界のCAR-T細胞療法市場は、2025年までの間に58.52%のCAGRで成長する見通しで、2025年には87億1,606万米ドルに達すると予測されています。当レポートは世界のCAR-T細胞療法市場について調査....

人工多能性幹細胞(iPS細胞)の世界市場:市場規模、情勢、予測 2019年~2025年

世界の人工多能性幹細胞(iPS細胞)市場は、2018年に7,170万米ドルと評価され、2019年から2025年までに12.23%のCAGRで推移し、2025年までに1億6,090万米ドル規模の市場に成長すると予測されています。

当レポートでは、世界の人工多能性幹細胞(iPS細胞)市場を調査し、市場の概要、タイプ・用途・国別の市場規模の推移と予測、市場シェア、主要企業の収益額、市場成長の動向、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

軟部組織同種移植片の世界市場 - 成長、動向、予測(2019年~2024年)

陸上競技やコンタクトスポーツなどに起因する損傷に使用される軟部組織同種移植片の需要の高まりや、軟部組織修復および置換技術の発展、高齢者人口の増加などによって、軟部組織同種移植片市場の成長が促進されています。当レポートでは、世界の軟部組織同種移植片市場を調査し、市場の概要、タイプ・用途・エンドユーザー・地域別の市場規模の推移と...

NK (ナチュラルキラー) 細胞療法の世界市場における実績・予測 (2014-2025年):企業・主要地域・タイプ・用途別のデータ

当レポートでは、世界のNK (ナチュラルキラー) 細胞療法市場について調査分析し、市場規模 (実績と予測) 、地域別の主要データのほか、世界市場の状況、競合情勢、市場シェア、成長率、将来動向、市場促進要因、機会と課題、販売チャネルなどについて、体系的な情報を提供しています。

再生医療の世界市場の分析:機会と予測

当レポートでは、世界の再生医療市場について調査分析し、統計・情報 (市場規模・シェア・成長要因) のほか、新興動向、主要促進要因、課題・機会、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

幹細胞療法の世界市場:分析と予測 - 整形外科・歯科、創傷・外傷、心臓病・神経疾患、免疫疾患・炎症、腫瘍・代謝疾患 (2019-2029年)

世界の幹細胞療法市場は、2019年から2029年にかけて27.99%のCAGR (年間複合成長率) で拡大すると予測されています。

当レポートでは、世界の幹細胞療法市場を調査し、市場概要、市場成長への各種影響因子の分析、各セグメント・地域別による分析と予測、および主要企業のプロファイルなどをまとめています。

過活動膀胱(OAB) | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

過活動膀胱は、男性、女性ともに訴えの多い下部尿路疾患です。突然の尿意が特徴で、尿失禁、頻尿、夜間尿(就寝後に目覚めて排尿)などを伴う場合もあります。

過活動膀胱の管理には、生活習慣の変更や行動的介入に加え、薬物療法では概してステップアップアプローチが採られ、通常第一選択薬は抗ムスカリン薬、次いでβアドレナリン受容体作動薬Myrbetriq(アステラス)または注射型神経毒素ボトックス(アラガン)など、より強力な薬剤へと切り替えることが多くなっています。

中国のバイオテクノロジー製品市場

当レポートでは、中国のバイオテクノロジー関連製品の市場について分析し、市場の現状や将来予測(過去5~10年間の実績値および今後5~10年間の予測値)、全体的なビジネス環境・産業構造、分野別の詳細動向(選定基準、生産量・需要量、主要メーカー・需要家など)、販売戦略、関係企業一覧などの情報を盛り込んでいます。

中国のうつ病治療薬市場

当レポートでは、中国のうつ病治療薬市場の現状と将来予測 (過去5~10年間の実績値および今後5~10年間の予測値) を分析し、全体的なビジネス環境や、製品別の市場動向とその見通し、市場参入戦略、関係企業一覧などの情報を取りまとめてお届けいたします。

中国におけるモノクローナル抗体市場

当レポートでは、中国の経済動向、モノクローナル抗体市場の投資環境、産業の発展、需要および供給、産業構造、市場チャネルおよび主要企業などについて詳細に調査し、実績と長期予測を提供しています。

中枢神経系疾患治療薬の中国市場

当レポートでは、中国の中枢神経系疾患治療薬市場について調査し、中国の経済動向、投資環境、産業の発展と需給動向、マーケティングチャネル、主な市場参入企業を分析、実績および長期的予測、主要メーカーのプロファイルを提供しています。

中国の血液疾患治療薬市場

当レポートでは、中国の経済動向、血液疾患治療薬市場の投資環境、産業の発展、需要および供給、産業構造、市場チャネルおよび主要企業などについて詳細に調査し、実績、長期予測を提示しています。

中国の肥満治療薬市場

当レポートでは、中国の経済動向、肥満治療薬市場の投資環境、産業の発展、需要および供給、産業構造、市場チャネルおよび主要企業などについて詳細に調査し、実績および長期予測を提供しています。

中国のリンパ腫治療薬市場

当レポートでは、中国の経済動向、リンパ腫治療薬市場の投資環境、産業の発展、需要および供給、産業構造、市場チャネルおよび主要企業などについて詳細に調査し、実績、長期予測を提供しています。

中国のアルツハイマー病治療薬市場

当レポートでは、中国におけるアルツハイマー病の治療薬市場の投資環境、産業の発展、需要と供給、産業構造、市場チャネル、主要企業などについて詳細に調査し、実績や長期予測を提供しています。

中国の内分泌疾患治療薬市場

当レポートでは、中国における内分泌疾患の治療薬について分析しており、経済動向、投資環境、産業の発展、需要および供給、産業構造、市場チャネルおよび主要企業などについて詳細に調査し、実績と長期予測を提示しています。

中国の自己免疫疾患治療薬市場

当レポートでは、中国の経済動向、投資環境、産業の発展、需要および供給、産業構造、市場チャネルおよび主要企業などについて詳細に調査し、実績と長期予測を提示しています。

サルコイドーシス | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

サルコイドーシスは、原因不明の炎症性疾患です。肉芽腫の組織浸潤が特徴で、最も多いのが肺及びリンパ節への浸潤ですが、皮膚、心臓、眼、肝臓及びその他の組織に及ぶ場合もあります。サルコイドーシス患者の多くは非進行性または治療なしに寛解を得ていますが、より重度の場合は臓器障害(肺線維症など)を起こし、薬物療法が必要となります。多くの場合は経口グルココルチコイドが用いられ...

過敏性腸症候群(IBS) | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

過敏性腸症候群(IBS)は慢性の消化管疾患で、腸管運動、便の固さ、排便頻度、切迫感等の変化が特徴です。通常、便秘型、下痢型、混合型の3つのサブタイプに区分されますが、本分析では下痢型の過敏性腸症候群(IBS-D)に焦点を当てます。治療選択肢は限られており、 IBS-Dを適応症としてFDA承認された薬剤はわずか数製品にすぎません。現在の治療には...

線維筋痛症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

線維筋痛症は複雑な疾患で、治療も困難です。患者によって病態が多様で、多くの場合併存疾患が見られ、疼痛、うつ、疲労、睡眠障害など多くの症状を伴います。線維筋痛症でFDA承認済みの薬剤の有効性は十分ではなく...

三叉神経痛| 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

本レポートでは米国における三叉神経痛の治療の実態を調査するためリアルワールドデータを用い、診断後の治療までの時間から、新規薬物療法の使用薬剤の詳細、単独療法、併用療法の実態、コンプライアンス、そして1年後の患者の状態と治療薬に関して詳細に調査を加えた。

多発性硬化症 (MS) :動態市場の予測【レポート】

多発性硬化症 (MS) 治療薬は、新規開発が絶えず市場情勢に影響を与えている、急成長の分野です。

当レポートでは、多発性硬化症 (MS) 治療薬市場について調査分析し、最新の予測 (規制、上市、治験イベントなど) について、体系的な情報を提供しています。

多発性硬化症治療薬の世界市場:2019年~2023年【レポート】

世界的に、多発性硬化症の罹患率は遺伝的および環境的要因により増加しています。この治療分野における診断技術の進歩もまた罹患率の増加要因の一つとなっています。 1型糖尿病などの自己免疫疾患や感染性単核球症などの特定の感染症の罹患率も多発性硬化症のリスクを高めます。

多発性硬化症:疫学・患者ベースの市場予測、治療アルゴリズム、上市済み/パイプライン薬剤の分析【レポート】

多発性硬化症の治療薬の市場は潜在的な市場規模が大きいと考えられていますが、それだけに新規参入企業や (治験最終段階の) パイプライン候補薬などが市場にひしめき、既存企業/製品から市場シェアを奪おうとしており、市場競争は非常に激しくなるものと思われます。

当レポートでは、多発性硬化症の上市済み/治験中 (パイプライン上) の治療薬について分析し、各製品の市場規模の推定値を始め、新薬上市による市場規模の変動見通しや、現在・将来の代表的製品、疾患の種類 (サブタイプ) 別の詳細状況、医師が直面している諸問題などについて調査しております。

多発性硬化症|ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国【レポート】

多発性硬化症(MS)に対する疾患修飾薬(DMT)は10品以上が使用可能で、MS患者の治療過程は多様かつ複雑です。本レポートでは、多発性硬化症の新規診断及び最近治療を受けた患者における疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療ラインを考察します。

多発性硬化症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【レポート】

ディシジョンリソースでは、リアルワールドを解析し、米国における多発性硬化症(MS)の治療実態を明らかにした。今回の調査では、米国での最新のリアルワールドデータを用いて新規診断及び最近治療を受けた患者における多発性硬化症の疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療実態を考察した

細胞・遺伝子治療薬の世界市場:分析と予測 (2019-2025年)【レポート】

当レポートでは、世界の細胞・遺伝子治療薬市場について調査し、市場成長の主な促進要因・課題・機会、新たな動向をもたらす基本的な構造、セグメント別の成長予測、主なアプリケーションとその主なセグメント、主要メーカー・サービスプロバイダーなどについて分析しています。

世界の等温核酸増幅技術 (INAAT) 市場:製品タイプ、技術、用途、エンドユーザー、地域別 - 規模、シェア、動向、および予測【レポート】

当レポートは世界の等温核酸増幅技術 (INAAT) 市場について調査しており、市場の機会、動向や影響、成長および阻害要因、製品タイプ・技術・用途・エンドユーザー・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

出生前および新生児遺伝子検査の世界市場 - 製品、適応疾患、エンドユーザー、地域別 ~2027年【レポート】

当レポートでは、世界の出生前および新生児遺伝子検査市場を調査し、市場の概要、製品・適応疾患・エンドユーザー・地域別の市場規模の推移と予測、市場シェア、市場の成長要因および阻害要因の分析、市場機会、競合情勢、主要企業のプロファイルなど、包括的な情報を提供しています。

miRNA (マイクロRNA) ツール・サービスの世界市場:規模・状況・予測 (2019-2025年)【レポート】

当レポートでは、世界のmiRNA (マイクロRNA) ツール・サービス市場について調査し、市場の現況、将来の予測、成長機会、主要市場および主要企業の分析などを提供しています。

発現ベクターの世界市場【レポート】

当レポートでは、世界の遺伝子型決定 (ジェノタイピング) 市場について調査し、市場の動向とセグメント別動向、地域別予測、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています。

発現ベクターの世界市場【レポート】

当レポートでは、世界の発現ベクターの市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子の分析、競合企業と市場シェア、世界および地域・主要国別の市場規模の推移と予測、各種区分別の内訳、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

細胞生存アッセイの世界市場【レポート】

当レポートでは、世界の細胞生存アッセイ市場について調査分析し、市場概要、主要企業、市場動向・促進要因、世界市場の見通し、地域別市場の分析、競合情勢について、体系的な情報を提供しています

アプタマーの世界市場【レポート】

当レポートでは、世界のアプタマーの市場を調査し、市場の定義と概要、主要動向・市場成長への各種影響因子の分析、企業および企業間の取り組み、競合環境と市場シェア、世界および地域・国別の市場規模の推移と予測、タイプ (DNA・RNA・XNA)・用途 (診断・治療・R&D)・技術 (SELEX・その他) 別の内訳、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

ウイルスクリアランスの世界市場【レポート】

当レポートでは、世界のウイルスクリアランス (ウイルス除去) 市場について分析し、全体的な市場規模の実績値・予測値や、主な市場促進・抑制要因、用途別・エンドユース別および企業別の市場シェア動向 (過去9年間・今後8年間分)、今後の市場成長の方向性、各地域・主要国の市場の詳細動向などを調査すると共に、主要企業のプロファイルしております。

世界のRNAi技術市場動向【レポート】

当レポートでは、世界のRNAi技術市場について調査し、市場の動向とセグメント別動向、地域別予測、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています。

世界のアンチセンスおよびRNAi治療薬市場 - 規模、シェアおよび動向:投与経路(肺送達、静脈内注射)、用途(CVD、腫瘍学)、技術、セグメント別予測(2019年~2025年)【レポート】

当レポートでは、世界の細胞生存性アッセイ市場について調査し、市場の動向とセグメント別動向、地域別予測、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています

世界の細胞生存性アッセイ市場:成長、動向、予測【レポート】

当レポートでは、世界の細胞生存性アッセイ市場について調査し、市場の動向とセグメント別動向、地域別予測、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています

遺伝子治療の各種提携契約:契約条件・合意内容【レポート】

当レポートでは、世界のウイルスベクター製造市場を調査し、市場の概要、タイプ、用途、エンドユーザー、地域別の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および阻害要因の分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなど、包括的な情報を提供しています。

ウイルスベクター製造: 市場機会分析および将来予測【レポート】

当レポートでは、世界のウイルスベクター製造市場を調査し、市場の概要、タイプ、用途、エンドユーザー、地域別の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および阻害要因の分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなど、包括的な情報を提供しています。

RNAおよびDNA抽出キットの世界市場 2019年~2023年【レポート】

当レポートでは、世界のRNAおよびDNA抽出キット市場を調査し、市場の概要、製品・地域別の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および課題の分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなど、包括的な情報を提供しています。

CRISPRおよびCAS遺伝子の世界市場 - 市場規模、シェア、見通し、市場機会の分析 2018年~2026年【レポート】

世界の細胞生存率アッセイ市場は、2018年の27億米ドルから、2023年までに41億米ドルへ達すると見込まれ、この間は8.3%のCAGR (年間複合成長率) が見込まれています。

世界のエキソソーム市場:分離方法別、下流分析別、用途別、地域別動向 - 成長、動向、予測【レポート】

世界の細胞生存率アッセイ市場は、2018年の27億米ドルから、2023年までに41億米ドルへ達すると見込まれ、この間は8.3%のCAGR (年間複合成長率) が見込まれています。

世界の分子細胞遺伝学市場【レポート】

世界の細胞生存率アッセイ市場は、2018年の27億米ドルから、2023年までに41億米ドルへ達すると見込まれ、この間は8.3%のCAGR (年間複合成長率) が見込まれています。

細胞生存率アッセイおよび消耗品:世界市場【レポート】

世界の細胞生存率アッセイ市場は、2018年の27億米ドルから、2023年までに41億米ドルへ達すると見込まれ、この間は8.3%のCAGR (年間複合成長率) が見込まれています。

心血管・代謝性疾患向け幹細胞療法の世界市場:2019年~2030年【レポート】

当レポートでは、心血管・代謝性疾患向け幹細胞療法について調査分析し、現在の市場情勢、アンメットニーズ、注目分野、パートナーシップ、投資、出版分析、承認済み/後期開発品などについて、体系的な情報を提供しています。

乾癬 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国【DRGレポート】

乾癬治療薬市場は、生物学的製剤の使用の増加によって、高収益の見込める市場になりつつあります。非常に効果的なIL-17及びIL-23阻害薬の導入によって腫瘍壊死因子(TNF)-α阻害薬及びインターロイキン(IL)-12/23阻害薬ウステキヌマブ(ヤンセンのステラーラ)の圧倒的地位が脅かされつつあります。

世界のウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造市場 - 成長、動向、予測【レポート】

当レポートでは、世界のウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造市場について調査し、市場の動向とセグメント別動向、地域別予測、市場に参入する企業のプロファイルについてまとめています。

世界のウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造市場 - 成長、動向、予測【レポート】

当レポートでは、心血管・代謝性疾患向け幹細胞療法について調査分析し、現在の市場情勢、アンメットニーズ、注目分野、パートナーシップ、投資、出版分析、承認済み/後期開発品などについて、体系的な情報を提供しています。

イグザレルト 末梢動脈疾患への適応拡大でポジションはより強固に|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今回取り上げるのは、市場拡大が続くDOAC(直接作用型経口抗凝固薬)。トップシェアのXarelto(日本製品名・イグザレルト)が欧州で末梢動脈疾患の適応を取得しました。同薬は、そのポジションをより強固なものにすることになりそうです。

抗肥満薬 エーザイのBELVIQ、心血管アウトカム試験のインパクトは?|DRG海外レポート

エーザイの「Belviq」に関する心血管疾患アウトカム試験(CAMELLIA–TIMI 61)の結果が明らかになった。8月にミュンヘンで開かれた欧州心臓病学会で発表され、続いてNEJM誌にも掲載。肝心の結果はというと、Belviqを長期に投与した場合、プラセボとの比較で心血管疾患に対するメリットは示さなかったものの、心血管イベントのリスクを増大させないことが確認された。

リリー、群発頭痛対象のgalcanezumabの治験データ発表

リリー社、5月15日、群発頭痛向けの治験薬galcanezumabの第三相試験結果を発表した。同社のCGRP阻害剤galcanezumabは、今回の治験で、反復発作性群発頭痛に対しては主要評価項目を達成するも、慢性的群発頭痛においては評価項目を達成できなかった。

リリー、群発頭痛対象のgalcanezumabの治験データ発表

リリー社、5月15日、群発頭痛向けの治験薬galcanezumabの第三相試験結果を発表した。同社のCGRP阻害剤galcanezumabは、今回の治験で、反復発作性群発頭痛に対しては主要評価項目を達成するも、慢性的群発頭痛においては評価項目を達成できなかった。

今週のオンコロジートップニュース:2018年1月11日〜1月15日 【1分でわかるオンコロジー】

「1分でわかるオンコロジー」では、2018年1月11日〜1月15日のオンコロジー領域でのトップニュースをまとめておしらせしています。

分子標的療法に次ぐ大きな波、がん免疫療法の併用療法に大きな期待される腎細胞癌治療領域

腎細胞癌の治療オプションはここ数年で劇的な変化を遂げております。続々と承認された分子標的薬であるVEGF阻害剤、チロシンキナーゼ阻害剤、 mTOR阻害剤らが現在主要な治療薬として腎細胞癌の治療薬として活用されています。そして、KOLをはじめとする医師らは、進行性の腎細胞癌に対するファーストライン治療のオプションに対する期待と情報交換を進めております。

革新的な治療方法は多発性骨髄腫の治療をどのように変えるのか。世界のKOLはどう考える?

多発性骨髄腫の治療は大きな変化と向上を遂げております。セルジーン社のRevlimid、武田社のVelcade、そして様々な併用療法のオプション。開発段階後期の開発品も豊富で、サノフィisatuximab、アッヴィ/ロシュvenetoclax、Karyopharm社selinexorなど期待を集めています。多発性骨髄腫治療に関してKOLはどのような意見をもっているのでしょうか?

【KOLインサイト】 血液腫瘍治療を革新的に変える可能性のCAR-T細胞療法。KOLはどう期待し、課題をどう見るのか?

CAR-T細胞療法の現在と今後の影響と課題に関して欧米の8名のKOLへFirstwordではインタビュー実施、今後1年間に渡って本領域を継続的に追跡調査致します。

欧CHMP 独メルク社の経口MS治療薬Mavencladの承認を支持

独メルク社は経口薬Mavencladが疾患活動性の高い再発性多発性硬化症(MS)の治療薬として欧 CHMPより承認支持を受けたと発表しました。
メルク社は2011年に世界の当局に提出していたMavencladの承認申請を取り下げていましたが、新しいデータを評価した結果、今回の再申請に至っていました。

【デジタルヘルスケア】ビッグデータの活用で製薬会社は企業利益を生むことができるか?

今や一時的なブームではなくなったビッグデータには、製薬会社の商業的成果を根本から変える可能性が秘められています。このレポートは、製薬会社のデータ革命最前線に身を置く11人の専門家へのインタビューを行い、ビッグデータから商業的可能性を最大限に引き出す方法などを聞いています。

【デジタルヘルスケア】ペイシェントジャーニーのマッピングにおけるビッグデータ活用術とは?

医療分野におけるビッグデータ活用の現状、患者中心医療提供のために必要なデータをいかにビッグデータから抽出するか、またデータ活用を取り入れていない会社が取るべきアクションとは、などを12人のデータ分析専門家にインタビューし、情報をまとめています。

【デジタルヘルスケア】今注目の「デジタルヘルス」領域のスタートアップ企業10社

今後ますます拡大が期待されるデジタルヘルス領域には、現在様々なスタートアップ企業が参入しております。同時に、このデジタルヘルス領域における製薬企業の役割にも大きな関心が寄せられています。今注目されている「デジタルヘルス」領域でのスタートアップ企業10社をリストアップ、概要や今後の事業展望などをまとめております。製薬企業にとり、このデジタルヘルス領域にいかに関わるべきか、その現状と提案なども分析、提案しております。

【デジタルヘルスケア】「3Dプリンター」製薬業界での活用の今後は?

【デジタルヘルスケア】3Dプリンターヘルスケア業界での活用の今後は?では、3Dプリンターの登場が製薬産業にもたらした変化、拡大する3Dプリンター活用範囲、3Dプリンターを採用しないことによる弊害とは何か、などを製薬企業、IT企業、研究機関で3Dプリンターに携わる8人のエクスパートにインタビュー形式で情報を収集し、まとめています。

【デジタルヘルスケア】ウエアラブル端末のヘルスケア業界での最新事例と今後

医療分野におけるウェアラブルデバイスは、患者アドヒアランスを向上させる新たな切り札となりうるか?
ウェアラブルデバイスの登場で、患者アドヒアランスが向上し、治療の実施が容易化され、また支払い者や薬事当局などが活用するリアルワールドエビデンスの収集が可能になるなど、その役割が大きく進歩しています。

【デジタルヘルスケア】Google、Appleのヘルスケア領域で描く野望とは?

Google、Appleなどの有数のIT企業がヘルスケア業界にもその商業機会の拡大を急いでおります。かれらの技術、デジタルヘルスプラットフォームの活用分野はヘルスケア業界内の幅広いエリアにおいても活用が可能です。

【デジタルヘルスケア】製薬業界におけるIoT: これから広がる機会は?

製薬・ライフサイエンス産業が臨床的・商業的な成功を得るためのIoTの活用術についてテクノロジーの最先端で活躍する製薬産業のトップ10人に聞いています。

【デジタルヘルスケア】製薬企業向けデジタルヘルスケア投資入門

FirstWord社の最新レポート「製薬企業向けデジタルヘルスケア 投資入門」は、デジタルヘルスに対する投資を最適化するために必要なことを欧米の8人の製薬業界およびファンドマネジメント企業のトップらにインタビューして得た詳細な情報をまとめたレポートです。

欧米12人のKOLに聞いた前立腺がん治療の課題と今後

進行性前立腺がんに対する様々な新治療法が開発され、主流の治療薬については適応が拡大中であり、また個別化医療の実現もあと一歩というところに来ています。このような状況の中、医師は急速に進化する治療アルゴリズムをどのように参照しているのか、また製薬会社は競合の厳しい前立腺がん治療薬市場でどのように戦っているのか。

【KOLインサイト】加齢黄斑変性(AMD):VEGF阻害剤の登場と今後の治療は?欧米KOLへ聞きました。

FirstWord社の「KOLインサイト:加齢黄斑変性(AMD)」は、欧米の12人のオピニオンリーダー(KOL)に対し、上市済みの3つの治療薬、および開発中の化合物9品目に関して実施したインタビューで得た詳細な情報をまとめたレポートです。

【KOLインサイト】メラノーマ(悪性黒色腫)

FirstWord社の「KOLインサイト:メラノーマ」は、欧米の12人のオピニオンリーダー(KOL)に対し、現在販売されている9つの治療薬、および開発中の化合物5品目に関して実施したインタビューで得た詳細な情報をまとめたレポートです。本レポートでは以下のような質問にKOLらの意見、回答を求めています。

【KOLインサイト】慢性リンパ性白血病:KOLは今後の治療動向をどうみる?

FirstWord社から発行となった「KOLインサイト:リンパ性白血病」では欧米の12人のオピニオンリーダー(KOL)へ、現在の6つの治療薬、そして開発中の化合物7品目に関してインタビューを実施し詳細な情報を収集しました。本レポートでは以下のような質問にKOLらの意見、回答を求めております。

【KOLインサイト】2型糖尿病:GLP-1受容体作動薬の投与機会増大とその課題

GLP-1は3rdライン治療か…

【KOLインサイト】乳癌:抗体医薬品、開発品の中で最もインパクトが強い乳がん治療薬は?

FirstWord社のKOLインサイトシリーズの乾癬に関する調査レポートです。本調査レポートでは欧米の乾癬治療のKOL12名へインタビューし乾癬治療の現状の治療薬、そして現在開発が進んでいる開発品に関する定性調査を実施、レポートに纏めております。

【KOLインサイト】がん治療におけるバイオシミラーの利用機会の向上

FirstWordから発行された「KOLインサイト:がん治療におけるバイオシミラーの利用機会の向上 」では12人のキーオピニオンリーダーへ詳細なインタビューを元にこの難しい課題に対する理解と分析を深めることができます。

【KOLインサイト】喘息治療における標的療法:抗体治療の競争は激化するも差別化に苦慮

抗体治療の競争は激化するも差別…

【KOLインサイト】リウマチ:バイオシミラー、JAK阻害剤などで更に激しい動きのリウマチ市場の今後は?

TNF阻害薬のバイオシミラー、…

【KOLインサイト】COPD:ファンダメンタルな治療のシフト変化にKOLは?

COPD治療のファンダメンタル…

【KOLインサイト】C型肝炎

ソバルディ(ソホスブビル; ギ…

【無料レポート】医療業界におけるウエアラブル端末とスマホアプリに関する欧米医師への調査

この【無料】レポート「医療業界におけるウエアラブル端末とスマホアプリに関する欧米医師への調査(英語)」では延べで数百名の医師へ調査を実施しており、このサーベイの結果をご覧になることで現時点で医師らがどのような端末やスマホアプリを好んで活用しているのかなど、医師のこれらの最新テクノロジーに関する傾向を学ぶことが出来ます。

【KOLインサイト】乾癬

FirstWord社のKOLインサイトシリーズの乾癬に関する調査レポートです。本調査レポートでは欧米の乾癬治療のKOL12名へインタビューし乾癬治療の現状の治療薬、そして現在開発が進んでいる開発品に関する定性調査を実施、レポートに纏めております。

【KOLインサイト】非小細胞肺がん:がん免疫療法の最新状況を欧米のKOLへ聞きました。

がん免疫療法の最新状況を12人の欧米のKOLへ聞きました。キイトルーダ、オプジーボなどのがん免疫療法の最新情報に関してオピニオンリーダーに尋ねた定性調査レポートです。

IPF市場、二つの大型治療薬と開発後期の8つの開発品が今後10年の牽引役に

特発性肺線維症は、特発性間質性肺炎の1つで、肺の高度な線維化を主体とし、拘束性換気障害をきたす肺疾患です。他の特発性間質性肺炎に比べて、ステロイドや免疫抑制薬に対する反応性が悪く予後不良の肺疾患です。