製薬業界の最新ニュースと解説

【英文報告書】喘息(成人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

本レポートは、オンコロジー領域におけるペイヤーの課題調査を目的とし、2020年2月に欧米のペイヤー8名に調査を実施した独自レポートです。
製薬会社は自社の医薬品がより幅広く、より有利にフォーミュラリーに掲載されるようペイヤー対策を適切に実施しなければならない。本レポートでは、ペイヤーが抱える課題、そのタッチポイントは何なのか、米国および欧州における経験豊富な8名のペイヤーへの定性インタビューの内容をまとめている。

【英文報告書】医師が期待する喘息治療薬とは?開発品の評価は?:KOLインサイト・喘息

本レポートは、オンコロジー領域におけるペイヤーの課題調査を目的とし、2020年2月に欧米のペイヤー8名に調査を実施した独自レポートです。
製薬会社は自社の医薬品がより幅広く、より有利にフォーミュラリーに掲載されるようペイヤー対策を適切に実施しなければならない。本レポートでは、ペイヤーが抱える課題、そのタッチポイントは何なのか、米国および欧州における経験豊富な8名のペイヤーへの定性インタビューの内容をまとめている。

【英文報告書】 米国の肥満インターベンション市場

Black Swan Analysis発行の医薬品・製薬業界向けの英文報告書「心房細動 (AF) の予測:主要19市場」が発行となりました。心房細動 (AF) は、上室性不整脈の最も一般的なタイプです。異常な電気信号が心房に送られると、心房細動 (AF) が引き起こされます。 本レポートに関するご相談承ります。

【英文報告書】欧米における オンコロジー領域の価格と償還対策:ペイヤーにとっての課題は?

本レポートは、オンコロジー領域におけるペイヤーの課題調査を目的とし、2020年2月に欧米のペイヤー8名に調査を実施した独自レポートです。
製薬会社は自社の医薬品がより幅広く、より有利にフォーミュラリーに掲載されるようペイヤー対策を適切に実施しなければならない。本レポートでは、ペイヤーが抱える課題、そのタッチポイントは何なのか、米国および欧州における経験豊富な8名のペイヤーへの定性インタビューの内容をまとめている。

ワクチンを使用したカスタムメイドの癌治療:治療パラダイムを変化させる可能性の探求

腫瘍学パイプラインは拡大しているものの、癌ワクチンは、承認済製品の数が限られていることから、腫瘍学全体の収益に占める割合はほんのわずかとなっています。とはいえ、FDAは2010年に、男性の転移性前立腺癌のための個別化ワクチンSipuleucel-Tを承認しました。癌ワクチン開発は開発コストとリスクが高い一方、投資回収率が低いことで知られています。

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) が経済へ及ぼす影響、およびGDP・観光/旅行・医療市場の予測:2020年~2025年

当レポートでは、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) が経済、GDP (国内総生産)、 観光/旅行市場、および医療市場へ及ぼす影響について調査し、ウイルスの概要、コロナウイルスの概要、診断と治療、3つのシナリオを用いた予測、最新の開発動向、および主要企業のプロファイルなどを提供しています。

アトピー性皮膚炎:世界の治験動向

当レポートでは、アトピー性皮膚炎に関する臨床研究の最新動向について分析し、疾患・治療法の概要や、G7およびE7諸国における治験の状況、地域・フェーズ(相)・段階別の進行状況、有望なスポンサー、各企業・研究機関での研究の進行状況、有望な薬剤の比較といった情報を盛り込んでお届けします。

アトピー性皮膚炎 (AD) 治療薬市場:機会の評価・疫学予測・市場ダイナミクス・パイプライン分析・現在の市場規模・市場予測

当レポートでは、世界のアトピー性皮膚炎 (AD) 治療薬市場について調査し、疫学予測、市場ダイナミクス、パイプライン治療薬の承認スケジュール予測、治験のサマリー、現在・将来の競合情勢、主要企業のプロファイル、新興企業のプロファイル、パイプライン治療薬の説明と開発におけるマイルストーンなどについて分析しています。

【無料ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス

【無料ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックスでは、メディカルデバイスの新規規制や貿易協定の更新、地域特有の障壁、政治イベント等に注目をし2020年に中止するべきトピックを6つピックアップして解説をします。これらのトピックスは医療機器メーカーに大きな影響を与えると予想されます。

創薬における人工知能 (AI) の世界市場予測 2024年:マシンラーニングおよびディープラーニング

当レポートでは、世界のヘルスケア部門におけるAI (人工知能) の市場を調査し、市場の定義と概要、タイプ・用途・地域別の動向と市場規模の推移と予測、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、競合環境、主要製造業者のプロファイルなどをまとめています。

医薬品産業向けAIの重要性・成長予測:2018-2022年

医薬品産業におけるAIベースのソリューションによる収益規は予測期間中21.94%のCAGR (年間複合成長率) で推移し、2022年には21億9900万ドルの規模に成長すると予測されています。

医療向け人工知能 (AI) の世界市場

当レポートでは、世界の医療向け人工知能 (AI) 市場について分析し、全体的な市場規模の動向見通し (今後6年間分) や、用途別・コンポーネント別の詳細動向、地域別の市場シェア構造、主要国/地域の今後の需要動向見通し、主要企業のプロファイルと業績、主な市場促進・抑制要因、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

世界のヘルスケア市場におけるブロックチェーン技術

当レポートでは、世界のヘルスケア市場におけるブロックチェーン技術について調査し、世界市場の展望、治験、医薬品トレーサビリティ、電子医療記録 (EHR) 、精密医療およびゲノム研究を含むその他におけるブロックチェーン技術用途、ブロックチェーン技術における市場ダイナミクスと主な技術開発ならびに市場動向・機会・課題、および主要企業などについて分析しています。

次世代免疫治療法による先進的癌治療:将来見通し(機会と課題)

次世代免疫治療は、術後、細胞毒性化学療法、放射線治療、標的治療後の時期癌治療として大きな可能性があります。次世代免疫治療の進歩により、ICOS、OX-40、LAG-3、TIM-3、B7-H3、VISTAなどの標的への関心が生まれています。

当レポートでは、次世代免疫治療法による先進的癌治療について調査し、次世代免疫治療の概要と技術動向、薬剤開発動向、主要7大市場の動向などについてまとめています。

ワクチンを使用したカスタムメイドの癌治療:治療パラダイムを変化させる可能性の探求

腫瘍学パイプラインは拡大しているものの、癌ワクチンは、承認済製品の数が限られていることから、腫瘍学全体の収益に占める割合はほんのわずかとなっています。とはいえ、FDAは2010年に、男性の転移性前立腺癌のための個別化ワクチンSipuleucel-Tを承認しました。癌ワクチン開発は開発コストとリスクが高い一方、投資回収率が低いことで知られています。

当レポートでは、ワクチンを使用したカスタムメイドの癌治療について調査し、次世代免疫治療の概要と技術動向、薬剤開発動向、主要7大市場の動向などについてまとめています。

【英文レポート】ESMO会議レポート (2019年)

欧州臨床腫瘍学会 (ESMO) の年次会議が、2019年9月27日~10月1日まで、バルセロナ (スペイン) で開催されました。当レポートでは、卵巣がんにおけるPARP阻害剤の新しいデータを含む、ESMO会議における重要なトピックのサマリーのほか、関連のデータについて、体系的な情報を提供しています。

【英文レポート】デジタルセラピューティクスとスマートデバイス追跡調査

デジタルセラピューティクス (DTx) とスマートデバイスは、デジタルヘルスの世界で今最も急速な成長と進化を遂げつつある分野の1つと言えます。

DRGでは業界内での要望に沿い、あらたにデジタルセラピューティックスとスマートデバイスでの継続的な最新情報を提供する年間サービスを提供しております。

EpiCast Report:血友病の疫学的予測

当レポートでは、世界の主要9ヶ国 (米国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、日本、アルゼンチン、中国) における血友病A・Bの発症状況と今後の見通しについて分析し、疾患の特徴や、現在の有病者の発症状況、今後10年間の有病件数の予測値などを調査・推計しております。

血友病A・B - 医薬品の世界市場の予測と分析

当レポートでは、血友病A・Bの治療薬市場について調査分析し、疾患の概要とガイドライン、競合情勢、主要薬剤の詳細情報 (製品説明、安全性、有効性) 、SWOT分析、売上高予測、影響分析 (動向、促進要因・抑制要因) などについて、体系的な情報を提供しています。

血友病B:世界の治験動向

当レポートでは、血友病Bに関する臨床研究の最新動向について分析し、疾患・治療法の概要や、G7およびE7諸国における治験の状況、地域・フェーズ(相)・段階別の進行状況、有望なスポンサー、各企業・研究機関での研究の進行状況、有望な薬剤の比較といった情報を盛り込んでお届けします。