製薬業界の最新ニュースと解説

グローバルインフォメーション社は、日本国内最大手のマーケットリサーチレポートの販売代理店です。世界中の調査会社と提携し、日本において最大数の調査報告書の販売をしています。25年に渡りサービスを提供しています。

糖尿病性黄斑浮腫の展望:現在の情勢と今後の見通し

MP Advisorsが提供する「糖尿病性黄斑浮腫の展望:現在の情勢と今後の見通し」をご案内いたします。2019年における世界の糖尿病性黄斑浮腫 (DME) の市場は約37億米ドルと推計されています。先進諸国における糖尿病の発生率が高く、米国がDME市場全体の51%のシェアを占めています。2018年においては、米国の約240万人がDMEと推計されていますが、診断および治療を受けてるのは70%と推計されています

回復期血漿療法の世界市場 (2020-2030年) :Covid 19による影響と成長

The Business Research Companyが提供する「回復期血漿療法の世界市場 (2020-2030年) :Covid 19による影響と成長」をご案内いたします。当レポートでは、世界の回復期血漿療法市場について調査分析し、市場概要、市場規模と予測、セグメント別の市場分析、地域・国別の市場分析、競合情勢などについて、体系的な情報を提供しています。

白血病治療薬の世界市場:薬価・特許・投与量・治験の考察 (2025年)

PNS Pharmaが提供する「白血病治療薬の世界市場:薬価・特許・投与量・治験の考察 (2025年)」をご案内いたします。世界の白血病治療薬の市場規模は、今後6年間に60%も拡大し、2025年には220億米ドル以上に達すると見込まれています。現在、633種類のパイプライン製品が治験段階にあり、70種類以上の製品が上市されています。

非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) 治療薬の世界市場:COVID-19の潜在的影響に関する洞察と予測(2020年~2029年)

Koncept Analyticsが提供する「非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) 治療薬の世界市場:COVID-19の潜在的影響に関する洞察と予測(2020年~2029年)」をご案内いたします。世界の非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) 治療薬市場は、2029年に843億4,000万米ドルとなりました。同市場は、2018年から2029年までの予測期間に39.13%のCAGRで成長する見通しです。ヘルスケア費の増加、医薬品研究開発費の増加、糖尿病人口の急増、肥満人口の増加、潜在的なニーズ、座りがちなライフスタイルなどの要因が同市場の成長を牽引すると予想されています。ただし、杜撰な治療薬承認プロセス、高い治療費、NASH / NAFLDの診断方法の決定性の低さなどは、同市場の課題です。市場の注目すべき動向には、NASH主要医薬品の急増する市場浸透、NASHの有病率の増加、NASH診断方法とバイオマーカーの進歩、開発中のNASHパイプライン医薬品、およびeコマース医薬品の販売の増加などが挙げられます。

薬価・医療費償還:世界市場

BCC Researchが提供する「薬価・医療費償還:世界市場」をご案内いたします。世界の医薬品市場規模は、2019年の1兆580億米ドルから、2024年までに1兆5200億米ドルへ達すると予測され、2019年から2024年にかけては、7.5%のCAGRが見込まれています。

癌領域におけるAI (人工知能)

BCC Researchが提供する「癌領域におけるAI (人工知能)」をご案内いたします。当レポートでは、癌領域におけるAI (人工知能) の活用について調査し、AIの概要、現在の癌治療と課題、AIによるソリューション、既存・新興のAI用途、タイプ・用途別の展望などをまとめています。

ヒドロキシクロロキンの世界市場(2020年~2030年):Covid-19の影響と成長

The Business Research Companyが提供する「ヒドロキシクロロキンの世界市場(2020年~2030年):Covid-19の影響と成長」をご案内いたします。当レポートは、世界のヒドロキシクロロキン市場について調査しており、市場の成長および抑制要因、動向や戦略、 薬物活性・剤形・用途・流通チャネル・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

マイクロケラトーム市場 - 規模・シェア・展望・機会分析 (2020-2027年):エンドユーザー・治療・地域別

Coherent Market Insightsが提供する「マイクロケラトーム市場 - 規模・シェア・展望・機会分析 (2020-2027年):エンドユーザー・治療・地域別」をご案内いたします。眼疾患の有病率の上昇や高齢者人口の増加などの要因は、今後、マイクロケラトーム市場の成長を促進すると予想されます。世界保健機関(WHO)によると、視力障害の主な要因は、未矯正の白内障および屈折異常です。 2019年には、約22億人が眼疾患または視覚障害を患っていました。アジア太平洋地域のさまざまな国の政府は、ヘルスケアインフラの改善に投資しているため、このことは予測期間中に市場の成長を後押しすると予測されています。さらに、さまざまな国の政府が眼疾患と視覚障害に関する意識を高めています。しかし、熟練した専門家の不足は、予測期間中、市場の成長を抑制すると予測されています。

遺伝カウンセリングの世界市場 (2019-2030年)

BIS Research Inc.が提供する「遺伝カウンセリングの世界市場 (2019-2030年)」をご案内いたします。世界の遺伝カウンセリングの市場は2030年には40億7930万ドルの規模に成長すると予測されています。遺伝カウンセリングサポートサービスは元来、主に遺伝性疾患の発症リスク評価や出生前/受胎前のカウンセリング、小児のリスクケアなどを目的としていましたが、新たな事業者の参入により、薬理ゲノミクス・診断カウンセリングも現在の診断・治療の主だった部分となっています。政府によるイニシアチブや遺伝状況に関する認知度の向上、遺伝カウンセラー数の増加などの要因が同市場の成長を推進しています。

医薬品用でんぷんの世界市場、2020年

QYResearchが提供する「医薬品用でんぷんの世界市場、2020年」をご案内いたします。世界の医薬品用でんぷん市場は、2019年の10億6,290万米ドルから2026年末には15億8,124万米ドルに拡大すると予測されており、2020年から2026年までのCAGRは 7.04%になる見通しです。

医療用ロボットに対するCOVID-19パンデミックの影響:主要企業、提言、予測

Omdia | Tracticaが提供する「医療用ロボットに対するCOVID-19パンデミックの影響:主要企業、提言、予測」をご案内いたします。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、人々の働き方や相互作用、特に医療の提供に変化が生じています。 世界の健康危機に直面している国々では、数多くのロボットやドローンが病院、路上、公共の建物に配備され、ウイルスの蔓延に対応しています。医療用ロボットの市場は、パンデミックによって成長が加速しており、今後も業界の発展、需要、投資を後押しすると予想されます。世界の医療用ロボット市場は、2019年の19億米ドルから2025年までに54億米ドルに成長する見通しです。

感染症診断の世界市場 (~2027年):消耗品・システム・ソフトウェア・サービス

Meticulous Market Research Pvt. Ltd.が提供する「感染症診断の世界市場 (~2027年):消耗品・システム・ソフトウェア・サービス」をご案内いたします。世界の感染症診断の市場は予測期間中7.4%のCAGRで推移し、2027年には231億7000万米ドルの規模に成長すると予測されています。技術別で見ると、免疫診断の部門が2020年においては最大のシェアを占めると推定されています。感染症検査における免疫アッセイ利用の増加、新規検査の開発、自動化の拡大、健康やフィットネスへの意識の拡大、機器に関連する合併症の軽減などの要因が同部門の成長を推進しています。疾患区分別では、肝炎の部門が同年、最大のシェアを占めると推定されています。輸血・献血数の増加、B型およびC型肝炎の有病率の増加、POC機器・キットの利点などの要因が同部門の成長を牽引すると予測されています。

欧州・中東(EME)における血液ガスおよび電解質分析装置市場:製品別、モダリティ別、エンドユーザー別、および地域別市場規模・シェア展望および機会分析

Coherent Market Insightsが提供する「欧州・中東(EME)における血液ガスおよび電解質分析装置市場:製品別、モダリティ別、エンドユーザー別、および地域別市場規模・シェア展望および機会分析」をご案内いたします。血液ガス分析は、呼吸器障害または代謝障害を患っている重病患者に対して行われます。血中ガス分析には、血液中の酸素、二酸化炭素、およびpHの酸性度のほか、クレアチニン、電解質、グルコース、ヘモグロビン、乳酸塩などの他のパラメーターの濃度の測定が含まれます。血液ガス分析装置は電極を使用して、pH、二酸化炭素の分圧、および血液中の酸素量を測定します。血液中の酸素、二酸化炭素、およびpHレベルの不均衡は、心不全、出血、腎不全、化学中毒、コントロール不良の糖尿病、薬物の過剰摂取などの特定の病状の可能性があります。

中国の処方薬市場

Asia Market Information & Development Co.が提供する「中国の処方薬市場」をご案内いたします。当レポートでは、中国の処方薬市場について調査分析し、経済動向、投資環境、産業の発展、需要と供給、生産能力、産業構造、流通経路などを検証し、実績と長期予測のほか、主要メーカーのプロファイルも提供しています。

吸入抗菌薬市場 - 規模・シェア・展望・機会分析 (2020-2027年):製品タイプ・用途・流通チャネル・地域別

Coherent Market Insightsが提供する「吸入抗菌薬市場 - 規模・シェア・展望・機会分析 (2020-2027年):製品タイプ・用途・流通チャネル・地域別」をご案内いたします。吸入抗菌薬市場の成長を牽引する主な要因には、慢性呼吸器疾患の発生率の上昇、急速な技術進歩、および新製品の開発のための研究開発活動の増加が含まれます。また、 世界市場で活動する主要企業は、製品ポートフォリオを拡大し、 研究開発活動を強化するために、パートナーシップやコラボレーションなどの無機的な成長戦略の採用に注力しています。標的型ドラッグデリバリーにおける吸入抗菌薬アプリケーションの増加は、予測期間中、市場成長を促進する見込みです。

中国の診断用試薬市場

Asia Market Information & Development Co.が提供する「中国の診断用試薬市場」をご案内いたします。当レポートでは、中国の診断用試薬市場について調査し、市場動向、投資環境、需要供給、産業構造、市場チャネルおよび長期予測などをまとめています。

医療用滅菌包装の世界市場(2020年)

QYResearchが提供する「医療用滅菌包装の世界市場(2020年)」をご案内いたします。世界の医療用滅菌包装市場規模は、2015年の169億3,064万米ドルから2019年には215億9,565万米ドルに増加しました。2020年から2026年の間に6.21%のCAGRで成長する見通しで、2026年には391億7,446万米ドルに達すると予測されています。

脊索腫治療薬市場:薬物クラス、治療タイプ、エンドユーザー、地域別 - 市場規模、シェア、見通し、および機会分析

Coherent Market Insightsが提供する「脊索腫治療薬市場:薬物クラス、治療タイプ、エンドユーザー、地域別 - 市場規模、シェア、見通し、および機会分析」をご案内いたします。脊索腫は、多くの治療上の制限があるまれな種類の癌です。世界の脊索腫治療薬市場は、先進的な治療法を開発するための主要市場参入企業による研究開発活動の増加により、予測期間中の成長が期待されています。

セファロスポリンの中国市場

Asia Market Information & Development Co.が提供する「セファロスポリンの中国市場」をご案内いたします。当レポートでは、中国の経済動向、投資環境、産業の発展、需要と供給、産業構造、市場チャネルおよび主要企業などについて詳細に調査し、実績および長期予測を提示しています。

MBEエフュージョンセルの世界市場:2020年

QYResearchが提供する「MBEエフュージョンセルの世界市場:2020年」をご案内いたします。世界のMBEエフュージョンセル市場の収益は、2019年に1,141万米ドルに達しました。市場は、2020年末の980万米ドルから、2026年には1,238万米ドルに達し、2020年~2026年のCAGRで3.96%の成長が予測されています。