製薬業界の最新ニュースと解説

最新ニュースをアナリストが解説。KOL、専門医、医師へのインタビューとサーベイの独自調査を通じて製薬業界を一網打尽にする『FirstWord』は全世界の製薬業界で活用されてます。

希少疾患むけ治療薬の開発時におけるリアルワールドデータの活用と課題
希少疾患むけ治療薬の開発時におけるリアルワールドデータの活用と課題

当レポートでは、世界各地の大手製薬企業へのインタビューを通じて、オーファンドラッグ (希少疾病用医薬品) の開発時におけるRWDの活用方法について分析し、RWDの活用によりもたらされる利益や、具体的な活用手段 (レジストリ、電子カルテ、請求書、ウェアラブル機器、モバイルアプリなど)、規制当局の対応、患者にとっての影響、今後の発展のために解決すべき問題点、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

リアルワールドエビデンスデータを希少疾患の開発にいかにして活用するのか?業界内の専門家の意見は?
リアルワールドエビデンスデータを希少疾患の開発にいかにして活用するのか?業界内の専門家の意見は?

希少疾患においては、患者数や実際の治療オプションの少なさから臨床的なデータも非常に少ない中で、リアルワールドエビデンスが支えることが出来る可能性は大きいと考えます。一方、希少疾患への治療薬の迅速承認の指定や新薬としての承認が増えるものの、価格設定はそのたびに議論となります。今回のInsights4の紹介記事では実際の海外のインタビュー・レポートの一部を日本語に翻訳、編集してお届けします。

医薬品企業におけるデータドリブンCRM (顧客関係管理)
医薬品企業におけるデータドリブンCRM (顧客関係管理)

FirstWordが提供する「医薬品企業におけるデータドリブンCRM (顧客関係管理)」をご案内いたします。当レポートは、医薬品企業向けCRM (顧客関係管理) の専門家を対象に詳細なインタビューを実施し、医薬品企業におけるデータドリブンCRMに関する12の問題点について考察しています。

分散型臨床試験 (Decentralized Clinical Trials) の将来
分散型臨床試験 (Decentralized Clinical Trials) の将来

FirstWordが提供する「分散型臨床試験 (Decentralized Clinical Trials) の将来」をご案内いたします。当レポートは、分散型臨床試験 (Decentralized Clinical Trials) について取り上げ、ケーススタディ、DCTの新しい使用とそのメリット、克服すべき規制、オペレーションおよび患者の課題、医薬品企業とCROが把握・対応する必要のある9つの重要な問題などについて分析しています。

KOLエクスペリエンスマネジメントにおける動向:2020年
KOLエクスペリエンスマネジメントにおける動向:2020年

FirstWordが提供する「KOLエクスペリエンスマネジメントにおける動向:2020年」をご案内いたします。当レポートは、米国および欧州における60名のシニアMSLまたはMSLチームリーダーを対象に、KOLエンゲージメントへのアプローチについて調査し、機能しているアプローチと機能していないアプローチ、および今後5年間の活動の発展動向などについて考察しています。

組織のサイロ化が阻む製薬企業のデジタル戦略
組織のサイロ化が阻む製薬企業のデジタル戦略

デジタルマーケティング戦略の効果を測定する上で最大の課題とは、企業組織においてサイロ化された各部門が情報共有することなく、部門ごとにバラバラに戦略を立ててしまうところにあります。Ferring Pharmaceuticals社のArpita Pani氏は、従来の製薬企業としての組織の構成と情報の共有がデジタル戦略の成功を阻害していると述べています。

【英文報告書】デジタル戦略成功のためのKPI:製薬企業が取るべき指標とは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行により、労働慣行が根本から変わり、デジタルソリューションが急速に拡大しています。製薬企業はデジタル戦略での成功のために実証できる指標であるKPI(キーパフォーマンスインディケーター)を設定する必要性に迫られています。では、製薬企業にとって、デジタル戦略における適切なKPIとは?評価すべき項目は?そして注意点や課題に直面した際の克服方法とは?

新型コロナウイルスが更に推進する製薬業界でのデジタル戦略:医師とのコミュニケーションを次の段階に
新型コロナウイルスが更に推進する製薬業界でのデジタル戦略:医師とのコミュニケーションを次の段階に

デジタル技術により、従来はアプローチが難しいとされていた医師とのコミュニケーションが向上しています。このようなデジタル技術を用いた医師との新たなエンゲージメントの手段ではありますが、実際に製薬企業にとって投資に見合う有効的な結果が得られているのでしょうか?

【英文報告書】医師とのエンゲージメントを高めるためのデジタル戦略

製薬企業のメディカルアフェアーズ部門にとって、KOLと科学的情報を共有し、フィードバックを得る場合、対面での面談が最も好ましい手段ですが、Covid-19のパンデミックの間、それは選択肢ではありません。したがって、新しい考え方が必要です。本レポートでは、欧米におけるメディカルサイエンスリエゾン(MSL)がKOLとのコミュニケーションをどのようにしているの欧米の医師約100名に定量調査を実施しています。新型コロナウイルスのパンデミックはKOLとの情報の交換に関して新しい業務慣行の採用とデジタルツールの活用を促進します。MSL活動が新たなテクノロジーを活用して、どのように業務自体を発達させていくのか貴重な洞察を本レポートでは提供しています。

医師との面談が出来ないメディカルサイエンスリエゾン(MSL)。新たな情報交換手段として活用されるデジタルツールは?
医師との面談が出来ないメディカルサイエンスリエゾン(MSL)。新たな情報交換手段として活用されるデジタルツールは?

新型コロナウイルスの影響によって、メディカルアフェアーズ部門にとって従来の業務慣行を根本的に変える必要性が迫っています。メディカルサイエンスリエゾン(MSL)は、KOLと物理的な距離を維持する必要があります。MSLがKOLとの科学的情報交換の手段として面談に変わるオンラインでのコミュニケーションツールとしてZoom、Webex、Teamsを始めとするオンライン会議システムに対する高い潜在性が明らかになっております。