製薬業界の最新ニュースと解説

最新ニュースをアナリストが解説。KOL、専門医、医師へのインタビューとサーベイの独自調査を通じて製薬業界を一網打尽にする『FirstWord』は全世界の製薬業界で活用されてます。

組織のサイロ化が阻む製薬企業のデジタル戦略
組織のサイロ化が阻む製薬企業のデジタル戦略

デジタル技術により、従来はアプローチが難しいとされていた医師とのコミュニケーションが向上しています。このようなデジタル技術を用いた医師との新たなエンゲージメントの手段ではありますが、実際に製薬企業にとって投資に見合う有効的な結果が得られているのでしょうか?

【英文報告書】デジタル戦略成功のためのKPI:製薬企業が取るべき指標とは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行により、労働慣行が根本から変わり、デジタルソリューションが急速に拡大しています。製薬企業はデジタル戦略での成功のために実証できる指標であるKPI(キーパフォーマンスインディケーター)を設定する必要性に迫られています。では、製薬企業にとって、デジタル戦略における適切なKPIとは?評価すべき項目は?そして注意点や課題に直面した際の克服方法とは?

新型コロナウイルスが更に推進する製薬業界でのデジタル戦略:医師とのコミュニケーションを次の段階に
新型コロナウイルスが更に推進する製薬業界でのデジタル戦略:医師とのコミュニケーションを次の段階に

デジタル技術により、従来はアプローチが難しいとされていた医師とのコミュニケーションが向上しています。このようなデジタル技術を用いた医師との新たなエンゲージメントの手段ではありますが、実際に製薬企業にとって投資に見合う有効的な結果が得られているのでしょうか?

【英文報告書】医師とのエンゲージメントを高めるためのデジタル戦略

製薬企業のメディカルアフェアーズ部門にとって、KOLと科学的情報を共有し、フィードバックを得る場合、対面での面談が最も好ましい手段ですが、Covid-19のパンデミックの間、それは選択肢ではありません。したがって、新しい考え方が必要です。本レポートでは、欧米におけるメディカルサイエンスリエゾン(MSL)がKOLとのコミュニケーションをどのようにしているの欧米の医師約100名に定量調査を実施しています。新型コロナウイルスのパンデミックはKOLとの情報の交換に関して新しい業務慣行の採用とデジタルツールの活用を促進します。MSL活動が新たなテクノロジーを活用して、どのように業務自体を発達させていくのか貴重な洞察を本レポートでは提供しています。

医師との面談が出来ないメディカルサイエンスリエゾン(MSL)。新たな情報交換手段として活用されるデジタルツールは?
医師との面談が出来ないメディカルサイエンスリエゾン(MSL)。新たな情報交換手段として活用されるデジタルツールは?

新型コロナウイルスの影響によって、メディカルアフェアーズ部門にとって従来の業務慣行を根本的に変える必要性が迫っています。メディカルサイエンスリエゾン(MSL)は、KOLと物理的な距離を維持する必要があります。MSLがKOLとの科学的情報交換の手段として面談に変わるオンラインでのコミュニケーションツールとしてZoom、Webex、Teamsを始めとするオンライン会議システムに対する高い潜在性が明らかになっております。

【英文報告書】メディカルサイエンスリエゾン(MSL):コミュニケーション・チャンネルサーベイ2020

製薬企業のメディカルアフェアーズ部門にとって、KOLと科学的情報を共有し、フィードバックを得る場合、対面での面談が最も好ましい手段ですが、Covid-19のパンデミックの間、それは選択肢ではありません。したがって、新しい考え方が必要です。本レポートでは、欧米におけるメディカルサイエンスリエゾン(MSL)がKOLとのコミュニケーションをどのようにしているの欧米の医師約100名に定量調査を実施しています。新型コロナウイルスのパンデミックはKOLとの情報の交換に関して新しい業務慣行の採用とデジタルツールの活用を促進します。MSL活動が新たなテクノロジーを活用して、どのように業務自体を発達させていくのか貴重な洞察を本レポートでは提供しています。

【英文報告書】医師が期待する喘息治療薬とは?開発品の評価は?:KOLインサイト・喘息
【英文報告書】医師が期待する喘息治療薬とは?開発品の評価は?:KOLインサイト・喘息

本レポートは、オンコロジー領域におけるペイヤーの課題調査を目的とし、2020年2月に欧米のペイヤー8名に調査を実施した独自レポートです。
製薬会社は自社の医薬品がより幅広く、より有利にフォーミュラリーに掲載されるようペイヤー対策を適切に実施しなければならない。本レポートでは、ペイヤーが抱える課題、そのタッチポイントは何なのか、米国および欧州における経験豊富な8名のペイヤーへの定性インタビューの内容をまとめている。

複雑化するがん領域における価格&償還戦略に重要なのは、信頼できるエビデンス共有、ペイヤーとの積極的な情報共有
複雑化するがん領域における価格&償還戦略に重要なのは、信頼できるエビデンス共有、ペイヤーとの積極的な情報共有

チェックポイント阻害剤や始めとする多くの画期的な治療薬によりがん領域のアウトカムの向上が著しい。併用療法、治療シークエンス、投与対象の患者の条件など治療判断のためのファクターは非常に多く、複雑化している。一方で、同じクラスにおいても複数薬剤が承認され、製薬会社にとって戦略的で緻密な価格と償還対策の重要度はさらに増している。その価格と償還において鍵となるペイヤーへの調査内容が明らかになった。

【英文報告書】欧米における オンコロジー領域の価格と償還対策:ペイヤーにとっての課題は?

本レポートは、オンコロジー領域におけるペイヤーの課題調査を目的とし、2020年2月に欧米のペイヤー8名に調査を実施した独自レポートです。
製薬会社は自社の医薬品がより幅広く、より有利にフォーミュラリーに掲載されるようペイヤー対策を適切に実施しなければならない。本レポートでは、ペイヤーが抱える課題、そのタッチポイントは何なのか、米国および欧州における経験豊富な8名のペイヤーへの定性インタビューの内容をまとめている。

ノバルティス、Zolgensmaデータ捏造の背後に元AveXis幹部2人の関与を報告|FirstWord【ヘッドライン】
ノバルティス、Zolgensmaデータ捏造の背後に元AveXis幹部2人の関与を報告|FirstWord【ヘッドライン】

Biogenは、企業戦略を大きく変更しなければならなくなるくらい大きな2つの開発品の後退がここ1週間で起きてしまいました。同社はR&Dに関してハイリスク-ハイリターンの開発戦略を推し進めてきましたが今後はM&Aによる成長戦略を取らざるを得ないプレッシャーにさらされるでしょう。