製薬業界の最新ニュースと解説
ディシジョン・リソーシズ・グループ

ディシジョン・リソーシズ・グループ社は世界の医薬品・医療機器市場の様々な分野において自社独自の分析・評価を行い、世界のヘルスケア関連企業にアドバイザリー・サービスを提供するインターナショナル・コンサルティング会社です。

高価格、高齢化が支える日本の末梢血管用デバイス市場の成長。更に優勢を強めるボストン・サイエンティフィック社
高価格、高齢化が支える日本の末梢血管用デバイス市場の成長。更に優勢を強めるボストン・サイエンティフィック社

米国の画像診断システム市場は、2027年までわずかながら成長が予想されます。2018年、医療機器を含む中国製品を標的とした米国の関税措置が2度発動、その影響が本市場でも出ている。

【ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス:欧州医療機器規則(MDR)
【ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス:欧州医療機器規則(MDR)

2017年に欧州理事会と欧州議会によって承認された欧州医療機器規則(MDR)が施行され、移行期間を経て2020年5月より適用されることになる。1990年代初頭から施行されていた既存の医療機器指令(MDD)の弱点を補い、商品化されるすべての医療機器の安全性と有効性を高めることを主な目標としている。本ホワイトペーパーでは、既存のMDDの弱点について触れ、新たなMDR施行の経緯を述べ、予想される移行スケジュール、最も重要な変更点と予想される医療機器市場への影響を説明する。

2020年、フォーミュラリーから32の医薬品を削除する米薬剤給付管理会社|DRG海外レポート
2020年、フォーミュラリーから32の医薬品を削除する米薬剤給付管理会社|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。薬剤コストの削減に向けて、米国の薬剤給付管理会社がフォーミュラリーからの薬剤の削除を積極的に進めています。米国の薬剤給付管理会社(PBM)エクスプレス・スクリプツは2020年、複数のメーカーが供給する10のブランド薬と、1社供給の22のブランド薬、あわせて32の薬剤をフォーミュラリーから削除する。ちなみに、同社は2019年にも50の薬剤を削除している。

米国で台頭する台頭する中国の画像診断システム企業。米国規制当局の政策の影響は?|DRG
米国で台頭する台頭する中国の画像診断システム企業。米国規制当局の政策の影響は?|DRG

米国の画像診断システム市場は、2027年までわずかながら成長が予想されます。2018年、医療機器を含む中国製品を標的とした米国の関税措置が2度発動、その影響が本市場でも出ている。

欧州における画像診断システム市場 – 多様化する企業戦略|DRG
欧州における画像診断システム市場 – 多様化する企業戦略|DRG

欧州の画像診断システム市場の原動力として2つの人口動態的特徴が挙げられます。一つ目は高齢化。二つ目は肥満です。欧州における肥満の有病率は米国ほどではないものの、肥満人口も増加傾向にあり、ドイツと英国では人口のほぼ25%が肥満と分類されています。この2つの要因が健康問題の増加につながり、ひいてはMRI、CT、超音波検査セグメントでの画像診断実施数が増加しそうです。

欧州の医療施設は、先の緊縮政策

メンタルヘルス・依存症に対するデジタルセラピューティクスの動向|DRG海外レポート
メンタルヘルス・依存症に対するデジタルセラピューティクスの動向|DRG海外レポート

デジタルセラピューティクスとは何か? テクノロジーを活用した治療の進化により、メンタルヘルスや依存症治療のオプションとしてデジタルセラピューティクスが注目を集めている。ケアの不足を補い、医療提供者の負担を減らし、治療薬の効果を高める可能性があることから、患者、医療提供者、保険会社、そして製薬企業がその将来性に期待している。

高血圧管理デバイスとして期待される「腎デナベーション」の行方|DRG海外レポート
高血圧管理デバイスとして期待される「腎デナベーション」の行方|DRG海外レポート

高血圧管理デバイスとしてメドトロニックやリコー・メディカルなどが治験を進め再び注目が集まる「腎デナベーション」の市場を展望する。血圧の管理治療の選択肢には、生活習慣の改善、降圧薬、医療機器がある。米国で行われた腎デナベーションの「SYMPLICITY-HTN 3試験」で有意差が示されなかったことを受け、主な高血圧管理用デバイス企業は。。。。

ノバルティスが離脱してもデジタルセラピューティクスの未来は揺るがない|DRG海外レポート
ノバルティスが離脱してもデジタルセラピューティクスの未来は揺るがない|DRG海外レポート

ノバルティスの子会社が先月、大注目のデジタルセラピューティクスをめぐる提携から離脱したことは、この新しい治療のマーケットが持つポテンシャルについて、認識と展望を見直す機会になるだろう。

新薬に迅速アクセスの道を開く スコットランド「暫定収載」の取り組み|DRG海外レポート
新薬に迅速アクセスの道を開く スコットランド「暫定収載」の取り組み|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。スコットランドで始まった、重篤な疾患や希少疾患に対する医薬品へのアクセスを迅速化するための取り組みを紹介します。

細胞治療・遺伝子治療 アクセスと償還の5つの重要戦略とは|DRG海外レポート
細胞治療・遺伝子治療 アクセスと償還の5つの重要戦略とは|DRG海外レポート

細胞治療や遺伝子治療が、希少疾病やがんの患者に大きな恩恵をもたらすようになり、医療は激変している。長年のアンメットニーズに対応できるようになった判明、途方も無い費用がかかり、その両面でこれらの治療の存在感が増している。今週の「DRG海外レポート」では、細胞治療・遺伝子治療のアクセスと償還に向け、製薬企業が米国でとっている5つの重要な戦略を紹介します。