製薬業界の最新ニュースと解説
ディシジョン・リソーシズ・グループ

ディシジョン・リソーシズ・グループ社は世界の医薬品・医療機器市場の様々な分野において自社独自の分析・評価を行い、世界のヘルスケア関連企業にアドバイザリー・サービスを提供するインターナショナル・コンサルティング会社です。

米国で遠隔診療を利用する医師が増加―コロナ禍で期待再上昇|DRG海外レポート
米国で遠隔診療を利用する医師が増加―コロナ禍で期待再上昇|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、ニーズが拡大する高齢者向け医療ビジネスをめぐる米大手保険会社の争いをレポートします。

COVID-19で困難に直面する米国のバリューベースド・ケア|DRG海外レポート
COVID-19で困難に直面する米国のバリューベースド・ケア|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、ニーズが拡大する高齢者向け医療ビジネスをめぐる米大手保険会社の争いをレポートします。

新薬相次ぐ片頭痛、米国の市場は向こう10年で年平均10%以上拡大|DRG海外レポート
新薬相次ぐ片頭痛、米国の市場は向こう10年で年平均10%以上拡大|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、ニーズが拡大する高齢者向け医療ビジネスをめぐる米大手保険会社の争いをレポートします。

高齢者向け医療ビジネスをめぐる米保険大手の争い|DRG海外レポート
高齢者向け医療ビジネスをめぐる米保険大手の争い|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、ニーズが拡大する高齢者向け医療ビジネスをめぐる米大手保険会社の争いをレポートします。

ライフサイエンス企業は新型コロナウイルスにどう向き合うべきか
ライフサイエンス企業は新型コロナウイルスにどう向き合うべきか

「DRG海外レポート」。今回は、高成長が期待される美容医療分野の5つのトレンドを、国際学会に参加した専門アナリストが紹介します

インドにおける医療サービス向上に向けたスキーム: 2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス【ホワイトペーパー】
インドにおける医療サービス向上に向けたスキーム: 2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス【ホワイトペーパー】

DRGが発行した世界のメディカルデバイスの2020年の注目するべきトピックをまとめた英文ホワイトペーパー全文を6回に分けて完全日本語で提供します。第2回目となる今回は、米国における医療保険制度改革法(The Affordable Care Act)について解説します。

【ホワイトペーパー】オバマケアのその後:2020年トランプ政権下での医療保険制度改革法の変化は?
【ホワイトペーパー】オバマケアのその後:2020年トランプ政権下での医療保険制度改革法の変化は?

DRGが発行した世界のメディカルデバイスの2020年の注目するべきトピックをまとめた英文ホワイトペーパー全文を6回に分けて完全日本語で提供します。第2回目となる今回は、米国における医療保険制度改革法(The Affordable Care Act)について解説します。

高価格、高齢化が支える日本の末梢血管用デバイス市場の成長。更に優勢を強めるボストン・サイエンティフィック社
高価格、高齢化が支える日本の末梢血管用デバイス市場の成長。更に優勢を強めるボストン・サイエンティフィック社

米国の画像診断システム市場は、2027年までわずかながら成長が予想されます。2018年、医療機器を含む中国製品を標的とした米国の関税措置が2度発動、その影響が本市場でも出ている。

【ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス:欧州医療機器規則(MDR)
【ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス:欧州医療機器規則(MDR)

2017年に欧州理事会と欧州議会によって承認された欧州医療機器規則(MDR)が施行され、移行期間を経て2020年5月より適用されることになる。1990年代初頭から施行されていた既存の医療機器指令(MDD)の弱点を補い、商品化されるすべての医療機器の安全性と有効性を高めることを主な目標としている。本ホワイトペーパーでは、既存のMDDの弱点について触れ、新たなMDR施行の経緯を述べ、予想される移行スケジュール、最も重要な変更点と予想される医療機器市場への影響を説明する。

2020年、フォーミュラリーから32の医薬品を削除する米薬剤給付管理会社|DRG海外レポート
2020年、フォーミュラリーから32の医薬品を削除する米薬剤給付管理会社|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。薬剤コストの削減に向けて、米国の薬剤給付管理会社がフォーミュラリーからの薬剤の削除を積極的に進めています。米国の薬剤給付管理会社(PBM)エクスプレス・スクリプツは2020年、複数のメーカーが供給する10のブランド薬と、1社供給の22のブランド薬、あわせて32の薬剤をフォーミュラリーから削除する。ちなみに、同社は2019年にも50の薬剤を削除している。