製薬業界の最新ニュースと解説

「BioToday」は、世界中の製薬関連のニュースを日本語で提供します。製薬、バイオベンチャー、学会、学術雑誌そして海外の製薬専門メディアに発表されたニュースをいち早く入手できます。法人でのご利用に関しては「明日の新薬」を提供しているテクノミック社がご対応いたします。

「BioToday」の最新ニュースをメールで受け取る>>>

スタチンの副作用の殆どはプラセボ服用時にも生じる

スタチンの副作用の殆どはプラセボ服用時にも生じる

副作用によりスタチン服用を止めた患者60人にスタチン(アトルバスタチン)錠剤かそれにそっくりの偽物(プラセボ)を1か月区切りで無作為に交互に服用してもらったところスタチン服用時の症状の90%はプラセボ服用時にも生じていました。 3段落, 255文字

抗PCSK9薬やスタチンが敵わない患者のLDL-Cが抗ANGPTL3抗体で50%超減少

抗PCSK9薬やスタチンが敵わない患者のLDL-Cが抗ANGPTL3抗体で50%超減少

プラセボ対照第2相試験の結果、PCSK9阻害剤やスタチンを目一杯使ってもLDLコレステロール(LDL-C)値が高い高コレステロール血症の患者のLDL-CがRegeneron Pharmaceuticals社の抗ANGPTL3抗体evinacumab (エビナクマブ) で半分未満に減りました。 2段落, 215文字

避妊薬を止めてから妊娠し易さが正常化するまで幾らか時間を要する~最長8か月

避妊薬を止めてから妊娠し易さが正常化するまで幾らか時間を要する~最長8か月

デンマークの妊娠予定女性2万人近く(17,954人)を12か月間調べたところ、避妊薬を止めてから妊娠しやすさが正常化するまで最長8か月ほど待たねばならないかもしれませんが、避妊薬の使用がどれだけ長期だったとしても長い目で見れば妊娠しやすさへの影響はやがておよそ解消するようです。 2段落, 192文字

妊婦/産後の大うつ病EPDS検診精度は11点以上を該当とすることで最大化する

妊婦/産後の大うつ病EPDS検診精度は11点以上を該当とすることで最大化する

10の質問への回答に基づいて点数を付けるEdinburgh Postnatal Depression Scale (EPDS) 検査で妊婦や産後女性の大うつ病の見当をつけるなら点数11点以上をあたりとすることで感度と特異度の合計が最大化します(検出感度81%、特異度88%)。 2段落, 191文字

英国のCOVID-19抗体即座検査AbC-19の陽性判定の5に1つは誤りの恐れあり

英国のCOVID-19抗体即座検査AbC-19の陽性判定の5に1つは誤りの恐れあり

指先から絞り出した血滴中の抗体を探して20分で赤線を浮かび上がらせて即座に結果を示すAbingdon Health社の新型コロナウイルス感染(COVID-19)検査AbC-19 Rapid Testの特異度は97.9%、より現実的な検出感度は84.7%と推定されました。 2段落, 285文字

拒絶領域に限って免疫寛容を促すように調節性T細胞を仕立てる技術を開発

拒絶領域に限って免疫寛容を促すように調節性T細胞を仕立てる技術を開発

還元環境でIL-2を放出する荷負い調節性T細胞(Treg)が拒絶領域に限って免疫寛容を後押ししうることが示されました。 2段落, 87文字

AIMP2はパーキンソン病等の病変であるレビー小体の形成に加担しうるらしい

AIMP2はパーキンソン病等の病変であるレビー小体の形成に加担しうるらしい

AIMP2は自ずとだまになる傾向があってαシヌクレイン凝集形成も促すことが判明し、どうやらパーキンソン病等の病変であるレビー小体の形成に手を貸しているらしいことが示されました。 2段落, 136文字

脳幹の背側運動核を出処とする迷走神経が脾臓のサイトカインTNF生成を止める

脳幹の背側運動核を出処とする迷走神経が脾臓のサイトカインTNF生成を止める

脳幹の背側運動核(DMN)の神経は肺、肝臓、胃腸、その他臓器とやり取りをします。迷走神経は炎症やサイトカイン生成を阻止する信号を発することから迷走神経を刺激する電気装置による関節リウマチ(RA)、炎症性腸疾患(IBD)、その他炎症疾患の治療が検討されています。 3段落, 334文字

脳の遺伝子治療の後根神経節毒性を減らす方法を開発

脳の遺伝子治療の後根神経節毒性を減らす方法を開発

中枢神経系(CNS)を行き先とするアデノ随伴ウイルス(AAV)利用遺伝子治療につきものの後根神経節(DRG)毒性をDRGに限って発現するマイクロRNAを頼りに封じる方法が開発されました。 2段落, 207文字

ニューロフィラメント軽鎖(NFL)の血中濃度が高い脳卒中患者は死にやすい

ニューロフィラメント軽鎖(NFL)の血中濃度が高い脳卒中患者は死にやすい

脳の神経に豊富な蛋白質・ニューロフィラメント軽鎖(NFL)の血中濃度が高い脳卒中患者は死にやすいことが示されました。 2段落, 101文字

B型肝炎ウイルス(HBV)ワクチンの効果に重要らしい自然免疫反応を同定

B型肝炎ウイルス(HBV)ワクチンの効果に重要らしい自然免疫反応を同定

アジュバントを異にするB型肝炎ウイルス(HBV)ワクチンに共通する自然免疫応答が同定されました。 2段落, 95文字

帝王切開で生まれた子の喘息の生じやすさは腸微生物の適切な成熟で解消しうる

帝王切開で生まれた子の喘息の生じやすさは腸微生物の適切な成熟で解消しうる

帝王切開で生まれて腸微生物組成が相変わらずの小児は喘息になりやすいことが示されました。 2段落, 93文字

COVID-19入院患者の約3人に1人が入院中か退院60日後までに死亡/米ミシガン州

COVID-19入院患者の約3人に1人が入院中か退院60日後までに死亡/米ミシガン州

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の入院中の転帰はよく調べられていますが、退院後を含む長期転帰はあまり分かっていません。 8段落, 696文字

妊婦/産後女性の大うつ病EPDS検診精度は11点以上をあたりとすることで最大化

妊婦/産後女性の大うつ病EPDS検診精度は11点以上をあたりとすることで最大化

10の質問への回答に基づいて点数を付けるEdinburgh Postnatal Depression Scale (EPDS) 検査で妊婦や産後女性の大うつ病の見当をつけるなら点数11点以上をあたりとすることで感度と特異度の合計が最大化します(検出感度81%、特異度88%)。 2段落, 191文字

3受容体陰性乳癌へのMerck & CoのKeytruda使用を米国FDAが承認

3受容体陰性乳癌へのMerck & CoのKeytruda使用を米国FDAが承認

乳癌へのMerck & Coの抗PD-1薬Keytruda(キイトルーダ;pembrolizumab、ペムブロリズマブ)使用が米国FDAに承認されました。 3段落, 270文字

サイロシビンの体重減少や体重増加予防効果を調べる前臨床研究をカナダが許可

サイロシビンの体重減少や体重増加予防効果を調べる前臨床研究をカナダが許可

マジックマッシュルームの幻覚誘発成分・サイロシビン(シロシビン、psilocybin)の体重を減らす効果や体重増加を防ぐ効果を調べるBetter Plant Sciences社の前臨床研究をカナダが許可しました。 2段落, 147文字

AlzeCure社のアルツハイマー病薬ACD856の第1相試験開始をスウェーデンが許可

AlzeCure社のアルツハイマー病薬ACD856の第1相試験開始をスウェーデンが許可

ニューロトロフィン経路を励ますAlzeCure社のアルツハイマー病薬ACD856の第1相試験開始をスウェーデンが許可しました。 2段落, 142文字

過活動膀胱薬のFDA審査結果間近のUrovant社を大日本住友製薬が完全に取得する

過活動膀胱薬のFDA審査結果間近のUrovant社を大日本住友製薬が完全に取得する

過活動膀胱薬vibegron(ビベグロン)の米国FDA承認審査結果を間もなく今年中に手にするUrovant Sciences社の未所有分を大日本住友製薬が取得して完全子会社とします。 2段落, 195文字

OncoMyx社がウサギポックスウイルスを利用した癌治療の前臨床成果を報告

OncoMyx社がウサギポックスウイルスを利用した癌治療の前臨床成果を報告

目当ての遺伝子を託したウサギポックスウイルス(粘液腫ウイルス)による抗腫瘍効果がマウス実験などで確認されていることをOncoMyx Therapeutics社が学会で報告しました。 2段落, 132文字

EGFR分解剤の権利をRocheがC4 Therapeuticsに返した

EGFR分解剤の権利をRocheがC4 Therapeuticsに返した

C4 Therapeutics (C4T) との抗癌剤提携対象の6標的の1つEGFRの分解剤からRocheが手を引きます。 3段落, 219文字

89bio社のFGF21模倣薬BIO89-100のPh1/2でNASH患者の肝脂肪が最大60%減少

89bio社のFGF21模倣薬BIO89-100のPh1/2でNASH患者の肝脂肪が最大60%減少

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)患者の肝脂肪を最大6割(プラセボとの比較だと最大7割)減らした89bio社のFGF21模倣薬・BIO89-100(TEV-47948)のPh1b/2a試験の最新結果が学会報告されました。 4段落, 274文字

Albireo社の小児胆汁うっ滞症薬Ph3後の継続治療で痒みや胆汁酸の改善が持続

Albireo社の小児胆汁うっ滞症薬Ph3後の継続治療で痒みや胆汁酸の改善が持続

9月初めに目標達成が速報されたAlbireo社の進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC)薬odevixibat(オデビキシバット)第3相試験(PEDFIC 1)のその後の継続治療でかゆみと胆汁酸の軽減の持続が確認されています。 5段落, 380文字

Alnylam社のAGT阻害RNA干渉薬のPh1で血圧が用量依存的に低下

Alnylam社のAGT阻害RNA干渉薬のPh1で血圧が用量依存的に低下

RAS(レニン-アンジオテンシン系)発端分子アンジオテンシノーゲン(AGT)合成を阻止するAlnylam Pharmaceuticals社のRNA干渉薬ALN-AGT皮下注射の第1相試験で軽~中等度高血圧症患者の血圧が投与量依存的に下がりました。 2段落, 165文字

集中治療医の世界屈指の学会が重症COVID-19患者へのremdesivir常用に反対

集中治療医の世界屈指の学会が重症COVID-19患者へのremdesivir常用に反対

世界保健機関(WHO)のSolidarity試験で無効だったことを受け、集中治療の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者へのGilead Sciences(ギリアド)のVeklury(ベクルリー;Remdesivir、レムデシビル)普段使いはやめるべきと集中治療医の世界有数の集まりEuropean Society of Intensive Care Medicine (ESICM) の長Jozef Kesecioglu氏が言っています。 3段落, 417文字

プラセボ対照二重盲検試験でフルオキセチンが外来COVID-19患者の悪化を予防

プラセボ対照二重盲検試験でフルオキセチンが外来COVID-19患者の悪化を予防

入院ではなく外来の患者152人が参加したプラセボ対照二重盲検無作為化試験の抗うつ薬フルオキセチン(fluoxetine)服用群80人は全員が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)悪化なしで15日間を過ごせました。 3段落, 225文字

海軍入隊前の隔離期間の新型コロナウイルス感染状況~空母での感染流行の詳細

海軍入隊前の隔離期間の新型コロナウイルス感染状況~空母での感染流行の詳細

各自自宅で2週間隔離生活を送った海軍入隊者1848人のうち16人(0.9%)の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染が休校大学構内に集まって更に2週間の隔離生活を送り始めてからすぐ(2日以内)に判明し、2週間後には更に35人(1.9%)の感染が認められました。 3段落, 298文字

メラトニンはBKチャネルを活性化して睡眠を促す

メラトニンはBKチャネルを活性化して睡眠を促す

メラトニンがその受容体(MT)を介して線虫の睡眠を促すまでにカリウムチャネル・BKチャンネル活性化が必要であり、GβγはMT2ではなくMT1依存的にヒトBKチャンネル(hSlo1)を活性化し、Gβλ阻害剤はメラトニンのBKチャンネル活性化を妨げました。 2段落, 182文字

インド乳児のロタウイルス経口ワクチンRotavac使用と腸重積症の関連なし

インド乳児のロタウイルス経口ワクチンRotavac使用と腸重積症の関連なし

インド乳児のロタウイルス経口ワクチンRotavac(ロタバック)使用と腸重積症の関連は認められませんでした。 2段落, 91文字

年寄りの肺ほどTMPRSS2が多く、TMPRSS2発現細胞にSARS-CoV-2は集う

年寄りの肺ほどTMPRSS2が多く、TMPRSS2発現細胞にSARS-CoV-2は集う

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のスパイク蛋白質の下準備に加担するヒト酵素TMPRSS2の肺上皮細胞での発現は高齢になるほど多く、SARS-CoV-2 RNAはTMPRSS2発現細胞により集っていました。 2段落, 191文字

Cardior社のmiR-132阻害アンチセンス薬Ph1試験で心不全指標NT-proBNPが改善

Cardior社のmiR-132阻害アンチセンス薬Ph1試験で心不全指標NT-proBNPが改善

心不全患者に多いマイクロRNA・miR-132を阻害するCardior Pharmaceuticals社のアンチセンス薬CDR132Lを安定心不全患者に投与したプラセボ対照第1相試験で目当ての生理作用・血漿miR-132用量依存的減少が認められ、心不全指標NT-proBNPの改善も認められました。 2段落, 172文字

プラセボ対照二重盲検試験でフルボキサミンが外来COVID-19患者の悪化を予防

プラセボ対照二重盲検試験でフルボキサミンが外来COVID-19患者の悪化を予防

入院ではなく外来の患者152人が参加したプラセボ対照二重盲検無作為化試験の抗うつ薬フルボキサミン(fluvoxamine)服用群80人は全員が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)悪化なしで15日間を過ごせました。 3段落, 226文字

小児のアジスロマイシン集団服用と抗生剤耐性増加が関連~ナイジェリアの試験

小児のアジスロマイシン集団服用と抗生剤耐性増加が関連~ナイジェリアの試験

年2回の抗生剤アジスロマイシン配給はサハラ以南アフリカの小児の死亡を減らしましたが、無作為化試験MORDORに参加したナイジェリアの30の村を調べたところ、そのようなアジスロマイシン集団服用は抗生剤耐性の増加と関連しました。 2段落, 140文字

SARS-CoV-2を含むウイルス一味を阻害しうるSKI複合体阻害化合物を同定

SARS-CoV-2を含むウイルス一味を阻害しうるSKI複合体阻害化合物を同定

RNAエキソソームのコファクターを担うRNAヘリカーゼ・SKI複合体が多くのウイルスの複製に関わるらしいことが裏付けられ、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を含むウイルス一群の複製を細胞を害さず阻害しうるSKI複合体阻害化合物が見つかりました。 2段落, 168文字

Inhibrx社のDR5活性化抗体のPh1試験で軟骨肉腫患者12人のうち2人が部分寛解

Inhibrx社のDR5活性化抗体のPh1試験で軟骨肉腫患者12人のうち2人が部分寛解

承認治療がない骨癌・軟骨肉腫患者12人のうち2人がInhibrx社のDR5(デスレセプター5)活性化抗体INBRX-109の第1相試験で部分寛解に至り、1人の腫瘍は60%、もう1人のは32%縮小しました。 3段落, 159文字

AstraZenecaのBTK阻害剤CalquenceがCOVID-19入院患者に無効

AstraZenecaのBTK阻害剤CalquenceがCOVID-19入院患者に無効

呼吸器症状を有する新型コロナウイルス感染(COVID-19)入院患者へのAstraZeneca(アストラゼネカ)のBTK阻害剤Calquence(カルクエンス;acalabrutinib、アカラブルチニブ)の第2相試験(CALAVI)で主要転帰・呼吸不全なし生存の改善は認められませんでした。 2段落, 166文字

再発/治療抵抗性ユーイング肉腫患者9%がOncternal社のets転写因子阻害剤で寛解

再発/治療抵抗性ユーイング肉腫患者9%がOncternal社のets転写因子阻害剤で寛解

再発/治療抵抗性(r/r)ユーイング肉腫患者へのOncternal Therapeutics社のets転写因子阻害剤TK216の第1相試験で第2相試験用量(recommended Phase 2 dose)投与患者23人中2人(9%)が完全寛解に至っています。 2段落, 189文字

カモスタットの生みの親・小野薬品がCOVID-19患者への同剤の第3相試験開始

カモスタットの生みの親・小野薬品がCOVID-19患者への同剤の第3相試験開始

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)外来患者へのカモスタット(camostat mesylate)の米国でのプラセボ対照試験開始を日医工が発表した昨日11日の2日前9日に同剤の生みの親・小野薬品もCOVID-19患者へのプラセボ対照試験開始を発表していました。 4段落, 298文字

昔なじみのコロナウイルス感染経験がある人のCOVID-19は重症化し難い

昔なじみのコロナウイルス感染経験がある人のCOVID-19は重症化し難い

米国病院Boston Medical Centerで3月12日以降に新型コロナウイルス感染(COVID-19)検査を受けた1,812人を調べたところ、3月11日以前の先立つ呼吸器病原体検査で昔なじみのコロナウイルス(eCoV)4種・OC43, HKU1, NL63, 229Eが検出されていたCOVID-19入院患者は重症化(集中治療室使用や死亡)をより免れていました。 2段落, 275文字

Medicago社がGSKのアジュバント込み植物由来COVID-19ワクチンのPh2/3開始

Medicago社がGSKのアジュバント込み植物由来COVID-19ワクチンのPh2/3開始

カナダのMedicago社がGlaxoSmithKline(GSK)のアジュバント込みの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防ワクチンCoVLPの第2/3相試験を開始しました。 4段落, 223文字

TLR8アゴニスト付き抗体のSilverback社が1億ドルIPO調達を目指している

TLR8アゴニスト付き抗体のSilverback社が1億ドルIPO調達を目指している

HER2発現固形癌患者への抗腫瘍免疫活性化成分TLR8アゴニスト付きHER2標的抗体SBT6050のPh1試験を進めるSilverback Therapeutics社が1億ドルのIPO調達に取り掛かりました。 3段落, 275文字

UCBがCNS遺伝子治療事業を拡充~近所のHandl社を買い、米国Lacerta社と組む

UCBがCNS遺伝子治療事業を拡充~近所のHandl社を買い、米国Lacerta社と組む

DNA配列そのものを変えるのではなくDNA配列の扱われ方を変える後成的ゲノム編集技術による創薬会社Element Genomicsを2018年に買ったベルギーのUCBが同郷のHandl Therapeuticsを買い、米国フロリダ州Lacerta Therapeutics社の技術を取り入れて遺伝子治療事業を更に充実させます。 3段落, 250文字

殺細胞成分DM1を従えたICAM1標的抗体がマウス膵癌に有効

殺細胞成分DM1を従えたICAM1標的抗体がマウス膵癌に有効

正常組織に比べてヒト膵癌細胞で膜貫通糖タンパク質・ICAM1(CD54) が過剰発現しており、殺細胞成分DM1を従えたICAM1標的抗体(DM1-ICAM1抗体)はマウスの膵癌を確実に縮めました。 2段落, 174文字

Synairgen社の吸入インターフェロンでCOVID-19入院患者の重症や死が79%減少

Synairgen社の吸入インターフェロンでCOVID-19入院患者の重症や死が79%減少

Philips社の噴霧装置I-nebによる英国Synairgen社の吸入インターフェロンβ1・SNG001 (inhaled formulation of interferon-beta-1a) 吸入が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者の回復を助けた第2相試験結果が論文になりました。 3段落, 270文字

Five Prime社の抗FGFR2b抗体による胃癌初治療のPh2試験で全生存が改善

Five Prime社の抗FGFR2b抗体による胃癌初治療のPh2試験で全生存が改善

Five Prime Therapeuticsが中国Zai Labと組んで実施した第2相試験(FIGHT)でFGF受容体2B(FGFR2b)阻害抗体bemarituzumab(ベマリツズマブ)が胃癌/胃食道接合部(GEJ)癌患者の全生存(OS)や無増悪生存(PFS)を有意に改善し、Five Prime社の株価は一夜にして5ドル台から20ドル程へと4倍も跳ね上がりました。 3段落, 422文字

今後1年半に補体標的薬3つを臨床試験に進めるKira社が4600万ドルを手に船出

今後1年半に補体標的薬3つを臨床試験に進めるKira社が4600万ドルを手に船出

補体標的治療を開発するKira Pharmaceuticals社が4600万ドルを集めて出帆しました。 3段落, 136文字

肝疾患を治療するHSD17B13標的薬のInipharm社が3500万ドル調達

肝疾患を治療するHSD17B13標的薬のInipharm社が3500万ドル調達

2018年にNEJM誌に掲載された試験で慢性肝疾患(CLD)との関わりが示されている脱水素酵素HSD17B13を標的とする低分子薬を開発するInipharm社が3500万ドルを調達しました。 2段落, 159文字

遺伝子編集治療のMetagenomi社がBayer等が率いた投資で6500万ドルを調達

遺伝子編集治療のMetagenomi社がBayer等が率いた投資で6500万ドルを調達

Bayerなどが率いた投資で遺伝子編集治療のMetagenomi社が6500万ドルを調達しました。 2段落, 183文字

Modernaの癌ワクチンmRNA-4157がPh1で頭頸部癌には効いて大腸癌には無効

Modernaの癌ワクチンmRNA-4157がPh1で頭頸部癌には効いて大腸癌には無効

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防ワクチンだけじゃないModerna(モデルナ)の抗癌ワクチンmRNA-4157の第1相試験で頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)の縮小が認められ、被験者数を増やすことが決まりました。 3段落, 290文字

小児救急科受診が精神関連である割合が休校等のCOVID-19対策と並行して上昇

小児救急科受診が精神関連である割合が休校等のCOVID-19対策と並行して上昇

米国の小児の救急科(ED)受診が精神異常関連である割合が新型コロナウイルス感染(COVID-19)流行を食い止めるための休校やその他の社交制限と並行して上昇していました。 2段落, 140文字

PfizerのJAK阻害剤がアトピー性皮膚炎の6割強に効き、その最大8割が1年間無事

PfizerのJAK阻害剤がアトピー性皮膚炎の6割強に効き、その最大8割が1年間無事

Pfizer(ファイザー)の1日1回経口投与JAK1阻害剤Abrocitinib(アブロシチニブ)200mg/日をひとまず12週間服用して効いたアトピー性皮膚炎患者を引き続き同剤で治療したプラセボ対照第3相試験(JADE REGIMEN)で悪化の減少が確認されました。 3段落, 289文字

腱滑膜巨細胞腫へのDeciphera社のCSF1R阻害剤のPh1試験奏効率41%(9/22人)

腱滑膜巨細胞腫へのDeciphera社のCSF1R阻害剤のPh1試験奏効率41%(9/22人)

腱鞘(腱滑膜)巨細胞腫(TGCT)へのDeciphera Pharmaceuticals社のCSF1R阻害剤DCC-3014が第1相試験で22人中9人に奏効し(奏効率41%)、そのうち1人は完全寛解を達成しています。 3段落, 272文字

無理とされてきたRNA標的低分子薬を作製~マウスのジストロフィー病因が解消

無理とされてきたRNA標的低分子薬を作製~マウスのジストロフィー病因が解消

無理とされてきた有毒RNA標的低分子化合物をScripps Research Instituteの研究チームが生み出し、CUG反復伸長を標的とするその低分子化合物でジストロフィー2種・筋強直性ジストロフィー1型(DM1)とフックス角膜内皮ジストロフィー(FECD)の細胞やマウスの病因を解消できました。 2段落, 236文字

外来COVID-19患者への経口カモスタットPh2試験を日医工の米国子会社が開始

外来COVID-19患者への経口カモスタットPh2試験を日医工の米国子会社が開始

高齢(65歳以上)か持病持ちの新型コロナウイルス感染(COVID-19)外来患者へのセリンプロテアーゼ阻害剤camostat mesylate(メシル酸カモスタット)経口投与で入院や死亡が減るかどうかを調べるプラセボ対照第2相試験(CAMELOT)を日医工の米国子会社Sagent Pharmaceuticalsが開始しました。 2段落, 220文字

Lumos Pharma社が小児成長ホルモン欠損症の経口薬の後期第2相試験開始

Lumos Pharma社が小児成長ホルモン欠損症の経口薬の後期第2相試験開始

成長ホルモン(GH)欠損症小児へのLumos Pharma社の経口GH放出促進剤LUM-201(ibutamoren、イブタモレン)の後期第2相試験(OraGrowtH210)が始まりました。 3段落, 155文字

Roivant社がAffimed社の免疫細胞-癌細胞連結薬の権利を6000万ドルで手に入れる

Roivant社がAffimed社の免疫細胞-癌細胞連結薬の権利を6000万ドルで手に入れる

まだ前臨床段階の免疫細胞-癌細胞連結薬(ICE)AFM32を臨床開発して販売する権利をRoivant Sciences社がAffimed社に大枚6000万ドルを払って手に入れます。 3段落, 174文字

Denali社のハンター症候群薬静注Ph1/2試験で脳脊髄液のヘパラン硫酸濃度が低下

Denali社のハンター症候群薬静注Ph1/2試験で脳脊髄液のヘパラン硫酸濃度が低下

Denali Therapeutics社のハンター症候群(ムコ多糖症2型;MPS II)治療薬DNL310の第1/2相試験A枠で目当ての生理反応・脳脊髄液(CSF)中グリコサミノグリカン(GAG)・ヘパラン硫酸濃度低下が認められました。 4段落, 310文字

足底筋膜炎患者へのRevance社のボツリヌス毒素薬のPh2で有意な鎮痛効果示せず

足底筋膜炎患者へのRevance社のボツリヌス毒素薬のPh2で有意な鎮痛効果示せず

足底筋膜炎患者へのRevance Therapeutics社のA型ボツリヌス毒素注射剤RT002(DaxibotulinumtoxinA)の第2相試験で有意な鎮痛効果が認められませんでした。 2段落, 127文字

神経変性疾患遺伝子治療のAxovant社がSio Gene Therapies社に社名変更

神経変性疾患遺伝子治療のAxovant社がSio Gene Therapies社に社名変更

神経変性疾患の遺伝子治療を開発するAxovant Gene Therapies社が間もなく今月13日にSio Gene Therapiesに社名変更されます。 2段落, 132文字

ロシアのCOVID-19ワクチンSputnik VのPh3試験20例感染時点途中解析の効果92%

ロシアのCOVID-19ワクチンSputnik VのPh3試験20例感染時点途中解析の効果92%

ロシアの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防ワクチンSputnik Vのプラセボ対照第3相試験の20例感染時点で実施された途中解析の予防効果は92%でした。 2段落, 184文字

酸素投与不要の外来COVID-19患者へのLillyの中和抗体使用を米国FDA許可

酸素投与不要の外来COVID-19患者へのLillyの中和抗体使用を米国FDA許可

重症化や入院に至る恐れがある12歳以上の軽~中等度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者へのEli Lilly(イーライリリー)の中和抗体bamlanivimab (バムラニビマブ;LY-CoV555) 700 mg投与を米国FDAが認めました。 3段落, 271文字