製薬業界の最新ニュースと解説
AnswersNews - 製薬業界で話題のニュースがよくわかる

AnswersNewsは、「製薬業界で話題のニュースがよくわかる」をコンセプトに、製薬業界に関するさまざまなニュースをわかりやすく解説するニュースメディアです。

【2019年度 国内医薬品売上高ランキング】「キイトルーダ」トップに…「タグリッソ」など売り上げ急増

製薬各社が決算で公表した製品別売上高などをもとに、2019年度の国内売上高が50億円以上の医療用医薬品195品目をランキングしました。 トップは1358億円を売り上げたMSD…

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年7月1日)

製薬ニュースを提供するAnswersNewsが提供する毎日の製薬業界ニュースのまとめ。これを見れば今の製薬業界がわかります。

中国医療機器市場の課題と展望…コスト増と高齢化、そして好調な国内生産|DRG海外レポート

米国に本社を置くコンサルティング企業Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。飛躍的な成長を遂げて…

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年6月30日)

製薬ニュースを提供するAnswersNewsが提供する毎日の製薬業界ニュースのまとめ。これを見れば今の製薬業界がわかります。

【再生医療・医療機器・診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ

世界に先駆けて日本で承認申請を目指す医薬品・医療機器・体外診断用医薬品・再生医療等製品の審査期間を短縮する「先駆け審査指定制度」。2015年の制度創設以来、再生医…

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年6月29日)

楽天メディカル、光免疫療法を日本で申請 楽天メディカルは6月29日、光免疫療法「ASP-1929」(一般名・セツキシマブ サロタロカンナトリウム)を再発頭頸部がんの適応で…

新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(6月26日UPDATE)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬・ワクチンの開発動向をまとめました。

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年6月26日)

アストラゼネカ、新型コロナワクチン供給へ日本政府と協議 アストラゼネカは6月26日、英オックスフォード大と共同開発中の新型コロナウイルスワクチン「AZD1222」の供給…

患者団体を隠れ蓑とするEYLEA販促違反で米司法省がRegeneron社を訴えた

米国の公的保険メディケア対象の薬剤の患者自己負担分を製薬会社が肩代わりしてその購入を促すことは禁じられていますが、Regeneron Pharmaceuticalsが同社の稼ぎ頭薬EYLEA(アイリーア;aflibercept)でそれをしたとして司法省(DOJ)が同社を訴えました。 3段落, 236文字

骨粗鬆症薬ロモソズマブ等のスクレロスチン阻害剤は心血管安全性の注意が必要

骨粗鬆症薬EVENITY(イベニティ;romosozumab、ロモソズマブ)のこれまでの試験データをまとめて解析したところすでに強調警告されているように心血管疾患が同剤使用で恐らくより生じやすいと示唆されました。 3段落, 293文字

重症COVID-19患者10人全員からその原因ウイルス特異的T細胞を検出

集中治療室(ICU)の重症新型コロナウイルス感染(COVID-19)患者10人を調べたところその原因ウイルスSARS-CoV-2特異的T細胞が全員から比較的早くから検出され、後になるほど増えていきました。 4段落, 353文字

ダウン症候群患者は生体指標が決まった順番で変化してアルツハイマー病に至る

世界で580万人が患うダウン症候群患者の寿命は治療の改善で60歳以上に改善しました。その半面、老化疾患を被るダウン症候群患者が増えており、今やダウン症候群患者は10人に9人以上が主に21番染色体APP遺伝子過剰発現によりアルツハイマー病を被る運命にあり、もっぱらそのせいで命を落としています。 6段落, 755文字

千島のヒトデから抗癌化合物を単離~神経変性疾患を食い止める作用も有望

健康な細胞を死なすことなく癌細胞増殖を阻止しうる珍しい長鎖脂肪酸付き極性ステロイド化合物4種がヒトデから見つかりました。 4段落, 310文字

深刻な大動脈弁狭窄の初代Portico人工弁治療は他に比べて安全性に難あり

米国とオーストラリアでの無作為化試験(PORTICO IDE)の結果、Abbott(アボット)の初代Portico人工弁で治療した深刻な大動脈弁狭窄患者は他の市販の人工弁使用患者に比べて死亡や体を不自由にする脳卒中等の一大事(primary safety endpoint)をより被りました(14% vs 10%)。 2段落, 193文字

MMRワクチンのCOVID-19重度合併症予防効果を調べる試験は有意義

相手を選ばず戦う免疫細胞を弱毒生ワクチンで養いうることが分かってきており、MMR(麻疹・おたふく風邪・風疹)ワクチンを大人に接種することをBCGワクチンと同様に新型コロナウイルス感染(COVID-19)重度肺炎症/敗血症の予防法として試験で検討する価値がありそうです。 2段落, 226文字

ヒト胚のCRISPR遺伝子編集は目当て領域一帯にいらぬ大異変を誘発しうる

病気の原因となるDNA配列異常を正しうるCRISPR遺伝子編集が目当てから遠く離れた部分(off-target)をいたずらに変異させることはすでに知られていますが、下手をすると染色体まるごと一本を失うほど大規模ないらぬ異変を目当ての部分やその一帯にも招きうることがヒト胚細胞のCRISPR編集研究3報で示されました。 9段落, 1096文字

米国人の26%(870万人)が3月の3週間に新型コロナウイルス感染したと推定された

新型コロナウイルス感染(COVID-19)と症状がしばしばよく似るインフルエンザ様受診患者の米国データを調べたところ、インフルエンザではないインフルエンザ様症状(ILI)の患者の受診が3月の最初の週からCOVID-19増加と並行して例年になく増えており、その上昇から推測するに3月8日から28日の3週間に米国人870万人(米国人口約3.3億人の26%)以上がSARS-CoV-2に感染したと推定されました。 2段落, 270文字

皮膚癌・パジェット病にMsi1-mTOR経路が寄与~ラパマイシンが有効

大柄で透明な細胞・パジェット細胞の出現を特徴とする悪性皮膚癌・パジェット病にRNA結合蛋白質・ムサシ1(Msi1)過剰発現とそれに伴うmTOR経路亢進がどうやら寄与しており、Msi1過剰発現マウスのパジェット様病態がmTOR経路抑制剤ラパマイシン(rapamycin)で有意に解消しました。 2段落, 213文字

遺伝子治療が目的地により届くようにする束の間の肝臓コーティング剤を開発

遺伝子治療が肝臓で捕らわれることなく目当ての臓器や組織により届くようにする束の間の肝臓コーティング剤を日本のナノ医療イノベーションセンター(iCONM)の研究チームが開発しました。 4段落, 316文字

AstraZenecaのCOVID-19ワクチンの日本供給のための話し合いを第一三共が開始

AstraZenecaが開発中の新型コロナウイルス感染(COVID-19)ワクチンAZD1222を日本に供給するための話し合いを第一三共が始めています。 3段落, 160文字