製薬業界の最新ニュースと解説
オプジーボとヤーボイ併用のCheckMate-214試験のトップラインデータ発表。がん免疫療法の併用に関しての論議がより一層複雑に

オプジーボとヤーボイ併用のCheckMate-214試験のトップラインデータ発表。がん免疫療法の併用に関しての論議がより一層複雑に

腎細胞癌を対象とした第3相CheckMate-214試験で、オプジーボとヤーボイの併用に関してのトップラインデータが8月15日に発表。がん免疫療法の併用に関しての議論と評価はより一層複雑なものになりそうです。

セルジーン社、Beigene社との提携発表の次の一手は?併用療法のコンビネーションは?

セルジーン社、Beigene社との提携発表の次の一手は?併用療法のコンビネーションは?

先日7月6日に破竹の勢いであったメルク社のキイトルーダが多発性骨髄腫の臨床試験の中止を発表し、唯一と言っていい弱みをみせたばかりですが、決してPD-1阻害剤への関心はまだまだ下がらないようです。同日の7月6日にセルジーン社が

今後の血液腫瘍治療でCAR-T細胞療法にKOLも大きな期待。今後は安全性も最も重要なファクターとして注視

今後の血液腫瘍治療でCAR-T細胞療法にKOLも大きな期待。今後は安全性も最も重要なファクターとして注視

インタビューしたKOLは未だに時期尚早ではあると言いつつも抗CD-19 CAR-Tの血液腫瘍に関する期待は高く注目をしているようです。特に、小児のALLに対してのレスポンスに関してはかなり高い評価をしています。

Gilead社のbictegravir合剤のHIV治療薬の第3相試験で主要評価項目達成。その影響は?

Gilead社のbictegravir合剤のHIV治療薬の第3相試験で主要評価項目達成。その影響は?

Gilead社が5月30日にbictegravirの第三相の臨床試験の結果を発表し、ViiV社のTivicay (dolutegravir)と同等の効能の結果を示しました。これは、Gilead社としては、今後のHIVの治療市場において現状を打破し、今より有利な状況を作り出すには「充分」な目標を達成できたと思っているようです。

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!