製薬業界の最新ニュースと解説
大日本住友が3200億円を投じて提携するロイバントとはどんな会社か┃AnswersNews
大日本住友が3200億円を投じて提携するロイバントとはどんな会社か┃AnswersNews
Acceleron社、ACE-083の顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー病での開発を中止
Acceleron社、ACE-083の顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー病での開発を中止
FDA諮問委員会、Aimmune社のピーナッツアレルギー治療薬Palforziaを支持|FirstWord【ヘッドライン】
FDA諮問委員会、Aimmune社のピーナッツアレルギー治療薬Palforziaを支持|FirstWord【ヘッドライン】
世界のオンコロジーまとめ: 2019/9/7〜9/13【ニュースリリース】
世界のオンコロジーまとめ: 2019/9/7〜9/13【ニュースリリース】
Tocagen社、脳腫瘍対象のToca 5フェーズ3試験で主要評価項目達成できず。株価82%下げる|FirstWord【ヘッドライン】
Tocagen社、脳腫瘍対象のToca 5フェーズ3試験で主要評価項目達成できず。株価82%下げる|FirstWord【ヘッドライン】
Amgen、血液腫瘍を対象としたMCL1阻害剤AMG 397の第1相臨床試験において心臓への安全性シグナルのため一時中断すると発表|FirstWord【ヘッドライン】
Amgen、血液腫瘍を対象としたMCL1阻害剤AMG 397の第1相臨床試験において心臓への安全性シグナルのため一時中断すると発表|FirstWord【ヘッドライン】
Amgen社、再発/難治性多発性骨髄腫を対象としたKyprolisとDARZALEX併用の第3相臨床試験において主要評価項目を達成|FirstWord【ヘッドライン】
Amgen社、再発/難治性多発性骨髄腫を対象としたKyprolisとDARZALEX併用の第3相臨床試験において主要評価項目を達成|FirstWord【ヘッドライン】
グローバル製薬ニュースピックアップ|FirstWord【今週のまとめ】
グローバル製薬ニュースピックアップ|FirstWord【今週のまとめ】
国内初の遺伝子治療薬「コラテジェン」薬価60万円は高いか安いか┃AnswersNews
国内初の遺伝子治療薬「コラテジェン」薬価60万円は高いか安いか┃AnswersNews
米オピオイド訴訟、パーデュー社、1兆円規模での和解合意|FirstWord【ヘッドライン】
米オピオイド訴訟、パーデュー社、1兆円規模での和解合意|FirstWord【ヘッドライン】
薬価透明化へ 情報開示の要求を強める米国の州政府|DRG海外レポート|DRG海外レポート
薬価透明化へ 情報開示の要求を強める米国の州政府|DRG海外レポート|DRG海外レポート
SGLT2阻害薬 高まる「心・腎保護薬」としての期待…市場も本格的な拡大期に┃AnswersNews
SGLT2阻害薬 高まる「心・腎保護薬」としての期待…市場も本格的な拡大期に┃AnswersNews
サノフィ、Lexicon社の糖尿病治療薬Zynquistaの提携終了。Lexicon社への株価38%上昇|FirstWord【ヘッドライン】
サノフィ、Lexicon社の糖尿病治療薬Zynquistaの提携終了。Lexicon社への株価38%上昇|FirstWord【ヘッドライン】
リリー、RET融合遺伝子陽性NSCLCを対象としたSelpercatinibの68%奏効率達成を発表|FirstWord【ヘッドライン】
リリー、RET融合遺伝子陽性NSCLCを対象としたSelpercatinibの68%奏効率達成を発表|FirstWord【ヘッドライン】
アムジェン、KRAS阻害剤AMG 510の最新の第1相データ発表。NSCLC患者の約半数で腫瘍縮小継続を発表|FirstWord【ヘッドライン】
アムジェン、KRAS阻害剤AMG 510の最新の第1相データ発表。NSCLC患者の約半数で腫瘍縮小継続を発表|FirstWord【ヘッドライン】
早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発|DRG海外レポート
早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発|DRG海外レポート
FDA、全身性強皮症に伴う間質性肺疾患患者の肺機能低下を遅らせる適応でオフェブ(ニンテダニブ)を承認|FirstWord【ヘッドライン】
FDA、全身性強皮症に伴う間質性肺疾患患者の肺機能低下を遅らせる適応でオフェブ(ニンテダニブ)を承認|FirstWord【ヘッドライン】
ノバルティス、IFM Therapeutics子会社買収。cGAS/STING経路の医薬品開発へ|FirstWord【ヘッドライン】
ノバルティス、IFM Therapeutics子会社買収。cGAS/STING経路の医薬品開発へ|FirstWord【ヘッドライン】
ブリストル・マイヤーズスクイブ、膠芽腫対象のオプジーボの第3相試験で無増悪生存期(PFS)達成できず|FirstWord【ヘッドライン】
ブリストル・マイヤーズスクイブ、膠芽腫対象のオプジーボの第3相試験で無増悪生存期(PFS)達成できず|FirstWord【ヘッドライン】
Mallinckrodt、オピオイド訴訟に対し、破産を含めた措置を検討。リストラ専門アドバイザーと契約|FirstWord【ヘッドライン】
Mallinckrodt、オピオイド訴訟に対し、破産を含めた措置を検討。リストラ専門アドバイザーと契約|FirstWord【ヘッドライン】
世界のオンコロジーまとめ: 2019/9/21〜9/27【ニュースリリース】

世界のオンコロジーまとめ: 2019/9/21〜9/27【ニュースリリース】

今週の世界で発表されたオンコロジー関連のニュースリリースの日本語タイトルをお届けします。

ノバルティス、Zolgensmaデータ捏造の背後に元AveXis幹部2人の関与を報告|FirstWord【ヘッドライン】

ノバルティス、Zolgensmaデータ捏造の背後に元AveXis幹部2人の関与を報告|FirstWord【ヘッドライン】

Biogenは、企業戦略を大きく変更しなければならなくなるくらい大きな2つの開発品の後退がここ1週間で起きてしまいました。同社はR&Dに関してハイリスク-ハイリターンの開発戦略を推し進めてきましたが今後はM&Aによる成長戦略を取らざるを得ないプレッシャーにさらされるでしょう。

製薬大手、国内バイオベンチャーに食指…大型提携相次ぐ┃AnswersNews

製薬大手、国内バイオベンチャーに食指…大型提携相次ぐ┃AnswersNews

日本のバイオベンチャーに、国内外の大手製薬企業が食指を動かしています。今年に入り、オンコリスバイオファーマやカルナバイオサイエンス、そーせいグループが相次いで製薬大手と大型提携を締結。これまで苦戦を強いられてきた日本のバイオベンチャーですが、実りの時期を迎える企業が出てきました。

CHMP「ギルテリチニブ」「Qtrilmet」「Rhokiinsa」「Senstend」を新規医薬品として承認を推奨|FirstWord【ヘッドライン】

CHMP「ギルテリチニブ」「Qtrilmet」「Rhokiinsa」「Senstend」を新規医薬品として承認を推奨|FirstWord【ヘッドライン】

今月のCHMPでのミーティングでは、7つの新規医薬品(そのうち3つはジェネリック)と8つの適用拡大に関する承認に関して推奨、1つの薬剤に関して申請を取り下げる判断をした。「ギルテリチニブ」「Qtrilmet」「Rhokiinsa」「Senstend」4つの承認推奨の医薬品に関してお知らせをする。

核酸医薬のアルナイラム「オンパットロ」で日本市場に参入―2品目目 来年にも申請、事業加速へ┃AnswersNews

核酸医薬のアルナイラム「オンパットロ」で日本市場に参入―2品目目 来年にも申請、事業加速へ┃AnswersNews

核酸医薬で世界をリードする米アルナイラムが、siRNA核酸医薬「オンパットロ」を発売し、日本市場に参入しました。同薬以外にも複数のsiRNA核酸医薬をパイプラインに抱える同社。来年にも2品目目を申請する計画で、日本事業を加速させます。

世界のオンコロジーまとめ: 2019/9/14〜9/20【ニュースリリース】

世界のオンコロジーまとめ: 2019/9/14〜9/20【ニュースリリース】

今週の世界で発表されたオンコロジー関連のニュースリリースの日本語タイトルをお届けします。

乾癬治療市場は2027年には22億6500万ドルへ成長:IL -17阻害剤、IL -23阻害剤が牽引【DRGレポート】丨DRGブログ

乾癬治療市場は2027年には22億6500万ドルへ成長:IL -17阻害剤、IL -23阻害剤が牽引【DRGレポート】丨DRGブログ

DRGが2019年8月に発行された最新の調査報告書によると世界主要7カ国の乾癬治療市場は2027年には22億6500万ドル(約2,440億円)と予測している。2017円に13億4900万ドルであった市場は年平均5.3%で成長

グローバル製薬ニュースピックアップ|FirstWord【今週のまとめ】

グローバル製薬ニュースピックアップ|FirstWord【今週のまとめ】

Firstword Pharmaが選んだ今週の製薬業界における注目の5つのニュースを日本語でご紹介しています。

Biogenにとって悪夢の一週間。M&Aによる新たな収益機会の検討か?|FirstWord【ヘッドライン】

Biogenにとって悪夢の一週間。M&Aによる新たな収益機会の検討か?|FirstWord【ヘッドライン】

Biogenは、企業戦略を大きく変更しなければならなくなるくらい大きな2つの開発品の後退がここ1週間で起きてしまいました。同社はR&Dに関してハイリスク-ハイリターンの開発戦略を推し進めてきましたが今後はM&Aによる成長戦略を取らざるを得ないプレッシャーにさらされるでしょう。

乳がん治療 さらなる細分化と複雑化は避けられない|DRG海外レポート

乳がん治療 さらなる細分化と複雑化は避けられない|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今回取り上げるのは乳がん。従来用いられてきたHRやHER2ではない、新たなバイオマーカーに基づく治療薬が相次いで承認されています。