製薬業界の最新ニュースと解説
製薬業界の『今』を一網打尽にする『FirstWord Plus』

ヘッドラインニュースは製薬業界でのグローバルトップニュースを日本語でお届け。世界でいま注目のニュースはなにか?お届けします。パートナー企業のFirstWord Pharmaが選んだトップニュースをInsights4が日本語化してお届けしています。

20 9月 19
Biogenにとって悪夢の一週間。M&Aによる新たな収益機会の検討か?|FirstWord【ヘッドライン】

Biogenは、企業戦略を大きく変更しなければならなくなるくらい大きな2つの開発品の後退がここ1週間で起きてしまいました。同社はR&Dに関してハイリスク-ハイリターンの開発戦略を推し進めてきましたが今後はM&Aによる成長戦略を取らざるを得ないプレッシャーにさらされるでしょう。

13 9月 19
Amgen社、再発/難治性多発性骨髄腫を対象としたKyprolisとDARZALEX併用の第3相臨床試験において主要評価項目を達成|FirstWord【ヘッドライン】

Amgen社、再発/難治性多発性骨髄腫を対象としたプロテアソーム阻害剤Kyprolis(carfilzomib) とJ&J社の抗CD38抗体DARZALEX(daratumumab)併用の第3相CANDOR臨床試験において主要評価項目を達成したと発表した。 1度から3度の治療を経た再発性もしくは治療抵抗性の多発性骨髄腫患者が対象で同試験において無増悪生存(PFS)改善を達成した。

09 9月 19
アムジェン、KRAS阻害剤AMG 510の最新の第1相データ発表。NSCLC患者の約半数で腫瘍縮小継続を発表|FirstWord【ヘッドライン】

アムジェンは、2019年世界肺癌学会議(WCLC)で、治療歴のあるKRAS G12C変異の非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象とした経口AMG510の第1相試験の新しいデータを発表しました。同社は、評価可能な13人の患者のうち54%が960 mgの目標用量で部分寛解、患者の46%が安定を達成していると発表した。

09 9月 19
FDA、全身性強皮症に伴う間質性肺疾患患者の肺機能低下を遅らせる適応でオフェブ(ニンテダニブ)を承認|FirstWord【ヘッドライン】

ノバルティス社、IFM Therapeutics社の子会社であるIFM Due社を8億4000万ドルで獲得することを発表した。この買収の合意条件の一つとして、炎症及び自己免疫疾患の治療を対象としたcGAS/STING経路を阻害する免疫療法の開発を進めていくこととなる。