製薬業界の最新ニュースと解説
製薬業界の『今』を一網打尽にする『FirstWord Plus』

ヘッドラインニュースは製薬業界でのグローバルトップニュースを日本語でお届け。世界でいま注目のニュースはなにか?お届けします。パートナー企業のFirstWord Pharmaが選んだトップニュースをInsights4が日本語化してお届けしています。

17 1月 20
抗HIV薬「ドウベイト」「ビフェルトロ」22日に薬価収載

中央社会保険医療協議会(中医協)総会は1月15日、14日付で承認されたヴィーブヘルスケアの抗HIV薬「ドウベイト」(一般名・ドルテグラビルナトリウム/ラミブジン)とMSDの同「ビフェルトロ」(ドラビリン)の薬価収載を了承した。22日に収載する。

16 1月 20
MSD 抗HIV薬「ピフェルトロ」の承認を取得

MSDは1月14日、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬「ピフェルトロ」(ドラビリン)がHIV-1感染症の適応で承認されたと発表した。1日1回1錠を、ほかの抗HIV薬と併用する。米国や欧州など世界各国で承認されている。

16 1月 20
ヴィーヴ、2剤配合の抗HIV薬「ドウベイト」が承認

ヴィーヴヘルスケアは1月14日、抗HIV薬「ドウベイト」(一般名・ドルテグラビル/ラミブジン)が承認されたと発表した。未治療の成人と12歳以上の小児患者が対象。流通・販売はグラクソ・スミスクラインが行う。米国と欧州でも昨年承認された。

16 1月 20
オリックス、小林化工に出資…株式の過半数を取得

オリックスは1月14日、小林化工に出資すると発表した。今月中をめどに小林化工の発行済み株式の過半数を取得する。オリックスは医療法人向けリースサービスを展開しているほか、原薬商社や医療機器販売会社に出資するなど、ヘルスケア分野で幅広い事業を展開。

16 1月 20
英国NICEがKeytrudaとXospataを却下、IbranceとLynparzaを許可

【BioToday 2020年1月16日】英国イングランド公的医療NHSで使う治療を決めている費用対効果評価機関NICEが、未治療で転移を有するか再発した切除不能の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)患者へのMerck & Coの抗PD-1薬Keytruda(キイトルーダ;pembrolizumab、ペムブロリズマブ)使用は認められないと判断しました。