製薬業界の最新ニュースと解説
ディシジョン・リソーシズ・グループ

ディシジョン・リソーシズ・グループ社は世界の医薬品・医療機器市場の様々な分野において自社独自の分析・評価を行い、世界のヘルスケア関連企業にアドバイザリー・サービスを提供するインターナショナル・コンサルティング会社です。

乾癬治療市場は2027年には22億6500万ドルへ成長:IL -17阻害剤、IL -23阻害剤が牽引【DRGレポート】丨DRGブログ
乾癬治療市場は2027年には22億6500万ドルへ成長:IL -17阻害剤、IL -23阻害剤が牽引【DRGレポート】丨DRGブログ

DRGが2019年8月に発行された最新の調査報告書によると世界主要7カ国の乾癬治療市場は2027年には22億6500万ドル(約2,440億円)と予測している。2017円に13億4900万ドルであった市場は年平均5.3%で成長

乳がん治療 さらなる細分化と複雑化は避けられない|DRG海外レポート
乳がん治療 さらなる細分化と複雑化は避けられない|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今回取り上げるのは乳がん。従来用いられてきたHRやHER2ではない、新たなバイオマーカーに基づく治療薬が相次いで承認されています。

薬価透明化へ 情報開示の要求を強める米国の州政府|DRG海外レポート|DRG海外レポート
薬価透明化へ 情報開示の要求を強める米国の州政府|DRG海外レポート|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、薬価の透明性向上に向けた米国州政府の動きをまとめました。

早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発|DRG海外レポート
早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発状況を紹介します。

中国 急速に変化する医薬品の保険償還|DRG海外レポート
中国 急速に変化する医薬品の保険償還|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、医薬品の保険償還をめぐる中国の動きを紹介します。

糖尿病性腎症 SGLT2阻害薬は大ブームとなるのか|DRG海外レポート
糖尿病性腎症 SGLT2阻害薬は大ブームとなるのか|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。治療選択肢が限られている糖尿病性腎症を対象に、SGLT2阻害薬の臨床試験が進んでいます。

【UPDATE】免疫チェックポイント阻害薬、抗PD-1/PD-L1/CTLA-4抗体 最新の国内開発状況まとめ|AnswersNews
【UPDATE】免疫チェックポイント阻害薬、抗PD-1/PD-L1/CTLA-4抗体 最新の国内開発状況まとめ|AnswersNews

がん治療の新たな潮流となった免疫チェックポイント阻害薬。急速に開かれていく新市場をめぐり、開発競争が繰り広げられています。免疫チェックポイント阻害薬は、その作用機序からさまざまがん種で効果が期待されるだけに、多くの開発プログラムが進行しています。日本国内での最新の開発状況を整理しました。

キイトルーダと化学療法、併用療法の未来|DRG海外レポート
キイトルーダと化学療法、併用療法の未来|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、6月に開かれたASCO(米国臨床腫瘍学会)から、免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」と化学療法の併用療法に関する話題をお届けします。

膀胱がん治療、多様化の時代へ|DRG海外レポート
膀胱がん治療、多様化の時代へ|DRG海外レポート

これまで、転移性膀胱がん患者に使える治療は化学療法だけだった。シスプラチンベースの治療の適応とならない患者は半数に上り、治療選択肢は非常に限られている。化学療法や免疫療法のあとに進行した患者や、こうした治療で効果を得られなかった患者に使える新たな治療薬には、大きなアンメットニーズがある。

【ASCO2019】CAR-T細胞療法、押さえておきたいトピックス|DRG海外レポート
【ASCO2019】CAR-T細胞療法、押さえておきたいトピックス|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。科学界にとって、CAR-T細胞療法による固形がんの治療は、大きな挑戦であり、かつ遠い目標だ。ただ、今年のASCO(米国臨床腫瘍学会)では、複数の作用を組み合わせた次世代型のCAR-T細胞療法に希望の光が見えた。比較的小規模な初期段階のデータではあるが、このアプローチが血液がん以外にも大きな可能性を持っていることが示されたのだ。