重度COVID-19患者へのレムデシビル5日間投与は10日間投与に引けを取らない

Gilead Sciences(ギリアド)社主催のプラセボ群なし非盲検試験GS-US-540-5773の結果、シカゴ大学からの漏洩情報ですでに示唆されていたように、重度新型コロナウイルス感染(COVID-19)肺炎入院患者へのRemdesivir(レムデシビル)静注5日間投与は10日間投与に引けを取らないようです。 4段落, 340文字

COVID-19肺炎患者へのRocheの抗IL-6薬アクテムラとレムデシビル併用試験開始

COVID-19肺炎患者へのRocheの抗IL-6薬アクテムラとレムデシビル併用試験開始

重症の新型コロナウイルス感染(COVID-19)肺炎入院患者にRocheの抗IL-6薬ACTEMRA(アクテムラ;tocilizumab)とGilead Sciences(ギリアド)のRemdesivir(レムデシビル)の併用がどうかを調べる第3相試験(REMDACTA)が両社の協力の下で始まりました。 2段落, 215文字

FDA審査結果間近の多発性硬化症薬ofatumumabの長期効果をNovartisが披露

FDA審査結果間近の多発性硬化症薬ofatumumabの長期効果をNovartisが披露

来月には米国FDA審査結果が判明するNovartisの抗CD20抗体ofatumumab(オファツムマブ)の第3相試験ASCLEPIOSと第2相試験APLIOSを合わせた解析の結果、1年目では約半数(47%)、2年目にはほぼ9割(89%)の再発型多発性硬化症(RMS)患者が無事(NEDA-3)過ごせました。 3段落, 259文字

WWP1は癌を生じやすくする~アブラナ科野菜のWWP1阻害成分が試験される

癌が生じやすい事を特徴とするコーデン症候群やそれ様の症候群があって腫瘍抑制遺伝子PTENが野生型の患者を調べたところ、PTENを抑制するE3ユビキチンリガーゼ・WWP1の変異が見つかり、これまでの研究で示唆されている通りWWP1は癌を生じやすくする遺伝子であることが確認されました。 3段落, 365文字

旅客船内の全員調査で新型コロナウイルス感染者の殆ど(81%)が無症状

目下の新型コロナウイルス感染(COVID-19)流行中の旅客船内の乗客乗員217人全てを調べたところ、RT-PCR検査で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が検出された128人のうち発症したのは24人(19%)のみで残り104人(81%)は無症状でした。 2段落, 196文字