自己免疫性疾患

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    J&Jの抗IL-23抗体TREMFYAで中等~重度クローン病患者の…

    先立つ治療を受け付けないかその効果が不十分な中等~重度活動性クローン病(CD)患者へのJ&Jの抗IL-23抗体TREMFYA(トレムフ…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Gilead/Galapagosのfilgotinibが潰瘍性大腸炎のステロ…

    中等~重度活動性潰瘍性大腸炎(UC)患者へのGilead/Galapagos社のJAK1阻害剤filgotinib(フィルゴチニブ)高用量(200 mg)…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    4D社の細菌薬Blautixの過敏性腸症候群Ph2試験の結果はいまいち~株価…

    英国の4D pharma社の細菌薬Blautixで過敏性腸症候群(IBS)を治療した第2相試験は被験者全般の解析では奏効率の有意改善を達…

    • 自己免疫性疾患
    • BioTodayothers

    巨細胞性動脈炎へのKiniksa社のGM-CSF伝達阻害剤mavrilimu…

    コルチコステロイドでひとまず寛解した巨細胞性動脈炎(GCA)患者へのKiniksa社のGM-CSF受容体α阻害抗体mavrilimumab(マブリ…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Ph2に進む変形性関節症薬候補をMerck KGaAがNovartisに付与…

    変形性関節症(OA)治療として有望な抗ADAMTS5ナノボディ(可変領域一本のみ抗体)薬M6495をMerck KGaAがひとまず5000万ユー…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Selecta社の痛風薬がPh2試験でpegloticaseに勝てず~プラセ…

    Selecta Biosciences社が社員を減らして貯金をつぎ込んで望んだ第2相試験(COMPARE)で残念ながら痛風薬SEL-212(SVP-Rapamyc…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    過敏性腸症候群患者へのSynthetic Biologics社のメタン細菌抑…

    過敏性腸症候群(IBS)患者へのSynthetic Biologics社のメタン生成腸内微生物抑制剤SYN-010(lovastatin lactone)のCedars-S…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Jacobus社のLEMS薬承認は違法とのボッタクリ会社Catalystの訴…

    自己免疫疾患・ランバートイートン筋無力症症候群(LEMS)小児へのJacobus Pharmaceutical社のアセチルコリン放出促進剤・Ruz…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    調節性T細胞による自己免疫/変性疾患治療のSonoma社が3000万ドル調達…

    免疫寛容を回復させる調節性T細胞(Treg)の助けを借りて自己免疫疾患や神経変性疾患をあやす治療を開発しているSonoma Bioth…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    大塚製薬がアトピー性皮膚炎薬ジファミラストを日本承認申請~米国はPh3準備中…

    大塚製薬がアトピー性皮膚炎を治療するPDE4阻害剤difamilast(ジファミラスト、MM36)を日本に承認申請しました。 2段落, 109…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    アトピー性皮膚炎小児/成人へのForte社の細菌R. mucosa塗り薬のP…

    健康な人の皮膚により備わる細菌Roseomonas mucosa(R. mucosa、ロゼオモナス ムコサ)を成分とするForte Biosciences社の塗…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    過敏性腸症候群患者へのSeed Health社の微生物薬DS-01のPh2を…

    微生物24種を詰め合わせたSeed Health社のプロバイオティクス薬DS-01が過敏性腸症候群(IBS)患者の腸細胞や腸内微生物の代謝…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    若年性特発性関節炎へのPfizerの経口JAK阻害剤XELJANZ使用を米国…

    2歳以上の若年性特発性関節炎(JIA)患者へのPfizerの経口JAK阻害剤XELJANZ(ゼルヤンツ;tofacitinib、トファシチニブ)使用…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    O脚の変形性関節症の膝は内側が外側のあそびのしわ寄せを食っている

    O脚(varus malalignment、bowleggedness)の変形性関節症(OA)膝は外側の負荷が軽く、そのしわ寄せとして内側の負担が大き…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Gilead社の関節リウマチ薬Jyselecaを欧州承認~Galapagos…

    欧州委員会(EC)がGilead Sciences(ギリアド)/Galapagos社の中等~重度関節リウマチ(RA)治療薬Jyseleca(ジェセレカ;fi…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    関節リウマチ患者の糖質コルチコイド使用は低用量でも重度感染を生じ易くする

    抗リウマチ薬(DMARD)を半年以上変わりなく使っている関節リウマチ(RA)患者およそ22万人(216,159人)を調べたところグル…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    UCBの乾癬薬bimekizumabの承認申請を米国FDAと欧州EMAが受理…

    UCB社の中等~重度尋常性乾癬治療薬bimekizumab(ビメキズマブ)の承認申請を米国FDAと欧州医薬品庁(EMA)のどちらも受理し…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    ROR2阻害剤は変形性関節症の軟骨修復を促して痛みを和らげうる

    ROR2阻害剤が変形性関節症(OA)の軟骨修復を促して痛みを和らげうることがマウス実験で示されました。 2段落, 84文字

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    アトピー性皮膚炎小児の尿中パラベン濃度は高い

    【2019年1月の報告】東京の国立成育医療研究センターの小児患者138人を調べた結果、ほとんどの小児(85%;117/138人)は防腐…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    いつもの治療が無効のループス患者2人に抗CD38抗体ダラツムマブがよく効いた…

    長居するCD38発現形質細胞は全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡;SLE)発症に寄与すると考えられています。 3段落, 19…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    夜間酸欠を呈する慢性閉塞性肺疾患患者への夜間酸素投与試験で効果認められず

    被験者が集まらずに途中で打ち切りになった無作為化試験INOXの結果、夜間低酸素を呈する慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に夜間…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    MAdCAM-1標的酸化鉄マイクロ粒子造影剤を利用したMRIで腸炎症を把握

    炎症粘膜組織で過剰発現する接着分子MAdCAM-1標的造影剤頼りの磁気共鳴映像法(MRI)でマウスの腸炎症を映し出すことができま…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    健康な人の皮膚細菌ロゼオモナスの塗布で幼少の小児のアトピー性皮膚炎も改善

    健康な人の皮膚に備わっていることが多いグラム陰性細菌・Roseomonas mucosa(R. mucosa、ロゼオモナス ムコサ)を塗布した軽…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    喘息患者へのGSKの3成分吸入薬Trelegy Ellipta使用が米国FD…

    18歳以上の喘息患者へのGlaxoSmithKline(GSK)の吸入薬Trelegy Ellipta(テリルジー エリプタ;fluticasone/umeclidinium/vi…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    鼻茸(鼻ポリープ)へのAstraZenecaの抗IL-5薬FasenraのP…

    Sanofi/Regeneronの抗IL-4/13薬Dupixent (デュピクセント;dupilumab) やGlaxoSmithKline(GSK)の抗IL-5薬Nucala(ヌーカラ…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    全身性強皮症へのCorbus社のCB2活性化剤lenabasumの第3相試験…

    全身性強皮症(全身性硬化症)患者へのCorbus Pharmaceuticals社のカンナビノイド受容体2型(CB2)活性化剤lenabasum(レナバ…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    皮膚を掻くとVGLUT3+感覚神経が活性化して痒みが収まる

    皮膚を掻いて痒みが収まるのはVGLUT3(小胞グルタミン酸輸送体3)印(VGLUT3-lineage)の感覚神経の活性化のおかげであること…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Spero社の尿路感染症治療抗生物質tebipenem HBrのPh3成功~…

    急な腎盂腎炎を呈する複雑性尿路感染症(cUTI)患者をSpero Therapeutics社の経口カルバペネム抗生物質tebipenem pivoxil hyd…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Amryt社のカバノキ樹皮エキス製品による表皮水疱症治療Ph3が主要目標達成…

    アメリカで最も高価な薬・Myalept (ミアレプト;metreleptin、メトレレプチン) のメーカーAmryt社の樺の木(カバノキ)樹皮エ…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    いつもの治療が無効の閉塞型睡眠時無呼吸患者に手術の組み合わせが有効

    いつもの治療が無効の閉塞型睡眠時無呼吸(OSA)患者に口蓋咽頭を広げて安定化する口蓋垂口蓋咽頭形成術(uvulopalatopharyng…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    去年の速報とは打って変わってSavara社の自己免疫性肺胞蛋白症薬Ph3目標…

    酸欠とサーファクタント蓄積進行を特徴とするまれな病気・自己免疫性肺胞蛋白症(aPAP)は肺胞マクロファージによるサーファ…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Vertex社のTRIKAFTA躍進の裏でSavara社が嚢胞性線維症薬開発…

    去年10月に承認されて今年前半の売り上げ18億ドルをのVertex Pharmaceuticals社にもたらした嚢胞性線維症(CF)薬TRIKAFTAの…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    インターフェロン病・アイカルディ-グティエール症にJAK阻害剤Baricit…

    インターフェロン(IFN)活性化と関連する重病・アイカルディ-グティエール症候群(Aicardi-Goutieres syndrome;AGS)の小児…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    ネスレがAimmune Therapeutics社を買ってピーナツアレルギー…

    ネスレ(Nestle)が現金20億ドルほどでAimmune Therapeutics社を買い、1月に米国で承認されたピーナツアレルギー治療Palforzi…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Dermavant社の乾癬薬tapinarofのPh3試験2つが成功~来年承…

    Dermavant Sciences社が2年前にGlaxoSmithKline(GSK)から前金1億5000万ポンドで手に入れた塗り薬tapinarof(タピナロフ;ア…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    肺内皮が分泌するWnt調節因子がマクロファージを抗炎症型にして組織修復を促す…

    肺損傷に応じて肺内皮細胞が分泌するWnt経路調節因子Rspondin3が肺の間質マクロファージを抗炎症型にして炎症を鎮めて組織修…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    濡れた酸性の胃腸でもすぐにゲル化してしっかり接着するヒドロゲルを開発

    濡れた酸性の胃腸でもチオ尿酸-カテコール反応でしっかり接着する瞬間ゲル化ヒドロゲルが開発され、豚の胃に容易に内視鏡で投…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Cassiopea社の新規作用機序のニキビ治療薬Winleviを米国FDAが…

    これまでにない作用機序のにきび治療薬を米国FDAがおよそ40年ぶりに承認し、スイスで上場しているCassiopea社は12歳以上の小…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    J&Jの抗体薬Remicadeの経口バイオシミラーをCelltri…

    J&Jの抗体薬Remicadeの成分infliximab(インフリキシマブ)の経口剤をCelltrion社がIntract Pharmaと協力して開発します。 3…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Tricida社の慢性腎疾患(CKD)患者酸蓄積症治療薬を米国FDAが承認せ…

    慢性腎疾患(CKD)患者の酸蓄積症・代謝性アシドーシスを治療するTricida社の胃腸塩酸除去薬veverimer(ベベリマー、TRC101)…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    アトピー性皮膚炎や潰瘍性大腸炎の薬を開発するConnect社が1億1500万…

    Sanofi/Regeneronの昨年売り上げ20億ユーロ超のアトピー性皮膚炎(AD)/喘息薬Dupixent (デュピクセント;dupilumab) の牙城…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    喘息患者の自己管理法習得を2時間以上かけて手助けする取り組みに助成が必要

    喘息患者の自己管理支援法幾つかを比較したところ、喘息の様子や服薬を全部で2時間以上を費やして定期的に把握して助言するこ…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    大気汚染物質PM2.5は小児の喘息を増やす

    1997-2014年に生まれたデンマークの小児全員を調べたところ、大気汚染物質・PM2.5(直径2.5μm未満の微粒子)をより被る小児ほ…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Gilead社の関節リウマチ薬とBioMarin社の血友病A遺伝子治療を米F…

    Gilead社/Galapagos社の欧州ではまもなく承認される関節リウマチ(RA)薬filgotinib(フィルゴチニブ)とBioMarin Pharmaceut…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    C9orf72変異ALS患者の自己免疫疾患をSTING阻害剤で防げるかもしれ…

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)と前頭側頭型認知症(FTD)は症状、病態、遺伝情報異常が共通する神経変性疾患であり、C9orf72遺伝…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    J&JのDarzalexとAmgenのKyprolisを含む3剤に…

    J&Jの抗CD38抗体DARZALEX (ダラザレックス;daratumumab) とAmgenのプロテアソーム阻害剤Kyprolis(カイプロリス;Carfilzomi…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    長鎖脂肪酸受容体FFA4の活性化剤が喘息マウスに有効

    腸や膵臓にあって食事中の長鎖脂肪酸によって活性化して血糖制御を助ける蛋白質FFA4が肺にもあると分かり、喘息を模すマウス…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    Scipher社の炎症性腸疾患薬標的をGalapagos社が吟味して気が向け…

    個々の患者に特有の分子特徴を同定して最適な治療を導く血液検査を売っているボストンのScipher Medicine社が見つけた炎症性…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    喘息を予防しうる5-HT2A受容体活性化剤の構造を同定

    21のセロトニン受容体5-HT2A活性化剤を喘息ラットなどを使って検討した結果、5-HT2A受容体からの典型的な伝達路・カルシウム…

    • 自己免疫性疾患
    • BioToday

    UNITY社の老化細胞除去薬のPh2試験で変形性膝関節症への効果認められず

    老化疾患を癒やして寿命を延ばす治療に取り組むUNITY Biotechnology社の先陣・老化細胞除去薬UBX0101が第2相試験で倒れました…

メルマガ無料配信中




  1. Merck & Coが米国にCOVID-19薬MK-7110を今年前半に納入する見…

    2021.02.27

  2. 重症喘息にAmgen/AstraZenecaのtezepelumabが有効だったPh3結果学会…

    2021.02.27

  3. 一般的な冷凍庫温度でのPfizerのCOVID-19ワクチン保管をFDAが許可~…

    2021.02.27

  4. J&JのCOVID-19ワクチンの取り急ぎの認可をFDA招集専門家が推奨

    2021.02.27

  5. Sarepta社の筋ジストロフィー薬Amondys 45をFDAが取り急ぎ承認

    2021.02.27

  6. BridgeBio社のモリブデン補因子欠損症(MoCD)A型治療薬を米国FDAが…

    2021.02.27

  7. 外来COVID-19患者へのRegeneron社の抗体一対のPh3で入院や死亡の減…

    2021.02.26

  8. PfizerがCOVID-19ワクチン3回目接種試験を開始~変異株への試験も欧…

    2021.02.26

  9. 大粒のHDLコレステロールは心臓発作を生じ易くする~増やすなら小粒…

    2021.02.26

  10. 気持ちや社交に携わる脳領域のオピオイド受容体は日長な春に最も多…

    2021.02.26

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16