全領域

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • Insights4 ブログ投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    牛が決められた場所で放尿可能になった~アンモニア発散抑制に貢献しうる

    有害なアンモニアの発生を減らす事を目指す研究の甲斐あり、成功すれば甘いものがもらえる訓練によって牛が決められた場所(…

    • Insights4 ブログ投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    蛋白質生成の正確さが増すと長生きになる

    その名の通り高熱に住まう単細胞生物・超好熱性古細菌(hyperthermophilic Archaea)に認められる正確無比(hyperaccuracy)…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    アステラス製薬の遺伝子治療の試験で更に1人死亡~24人中4人目

    アステラス製薬(Astellas)の神経筋疾患・X連鎖性ミオチュブラーミオパチー(XLMTM)遺伝子治療AT132のPh1/2試験(ASPIRO)…

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域
    • BioToday

    Five Prime設立者の新事業・B細胞治療開発会社Walking Fis…

    Amgenが今年買った蛋白質薬開発会社Five Prime Therapeutics社の設立者Lewis “Rusty” Williams氏が手掛けるB細胞治療開発会社…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    Boehringer社がTwist社と協力して治療抗体を見つける

    Twist Bioscience社がBoehringer Ingelheim社の抗体探しに協力します。

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    旨味受容体の変化が霊長類の食事を昆虫依存から葉っぱ頼りに変えたらしい

    殆どの人が好む旨味は味覚受容体T1R1/T1R3がグルタミン酸を感知して生じます。

    • 投稿・ニュース
    • 全領域血液疾患
    • BioToday

    CT写真撮影や血栓溶解剤tPA投与が可能な脳卒中治療救急車で患者転帰が改善

    CT写真が撮影できて血栓溶解剤tPAを投与できる人がいる脳卒中治療救急車(Mobile stroke unit、MSU)を使った脳卒中治療体制…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    バングラディシュの乳児に鉄や微量栄養素一揃いを補給しても発育は改善せず

    世界保健機関(WHO)は貧血が多い低~中所得国の幼い小児に鉄や微量栄養素一揃いを補給することが必要としていますが、バング…

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域
    • BioToday

    微生物一揃いによる治療を開発するEnteroBiotix社が2150万ドル調…

    複数の経路に働く微生物一揃いによる治療を開発する英国スコットランド拠点バイオテックEnteroBiotix社が2150万ドルを調達し…

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域希少疾患
    • BioToday

    アミロイド症の診断造影剤や治療薬を開発するAttralus社が1億1600万…

    アミロイド症の診断で使うPET/CT造影剤や治療薬を開発するAttralus社が1億1600万ドルを調達しました。

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域
    • BioToday

    移植片対宿主病薬のFDA承認を手にしたKadmon社をSanofiが約19億…

    今夏7月に移植片対宿主病(GvHD)薬Rezurock(belumosudil、ベルモスジル)の米国FDA承認を手にしたKadmon社をSanofi(サノフ…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    DNA編集に比肩する正確さで目当てのRNAを編集しうるCas酵素・Cas7-…

    先を行くDNA編集に比肩する正確さで目当てのRNAを編集しうるCas酵素・Cas7-11をCRISPR先駆者Feng Zhang氏の研究室出身の2人・…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    Jeff Bezos氏等が投資する抗老化会社Altos Labsが設立された…

    MIT Technology Reviewが得た情報によると、FacebookやTwitterへの投資などで知られるロシア生まれの大金持ちYuri Milner氏が…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    許容範囲内とされる大気汚染の悪化も死亡増加と関連~基準の見直しが必要

    欧州6か国・スウェーデン, デンマーク, フランス, オランダ, ドイツ, オーストリアの約33万人(325,367人)を20年ほど追跡し…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域新型コロナウイルス
    • BioToday

    COVID-19入院患者の死亡率をSobiのアナキンラが半分以下に抑えたPh…

    重度呼吸不全(SRF)の恐れが大きい新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者をsuPAR(可溶性ウロキナーゼ型プラスミノ…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    インドの小児が原因不明の発熱疾患で亡くなっている

    インドの最も人口密度が高い州の一つウッタルプラデシで小児が主の50人超が原因不明の発熱疾患で死亡しています。

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    老化で寒がりになるのは脂肪組織の免疫細胞ILC2が働かないものだけになるから…

    人は体内に蓄えた脂肪を使って熱を生み出して寒さをしのぎます。しかし歳を取ると寒がりになります。

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域
    • BioToday

    AstraZenecaの新薬が最適な患者を選ぶ診断がThermo Fishe…

    AstraZenecaの新薬が最適な患者を見分ける遺伝配列診断を開発段階の早くから作っていく取り組みがThermo Fisher Scientific社…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    遺伝子治療の運搬役AAVに収まる極小蛋白質Cas13bt利用RNA編集装置を…

    細胞への遺伝子治療の運搬役・アデノ随伴ウイルス(AAV)に収納できる極小の蛋白質Cas13bt利用RNA編集装置をBroad Institute…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    世界の2019年の1000の出産あたり13が死産

    世界で死産はより生じ難くなっているものの新生児や5歳未満小児の死亡の生じ易さの低下ほどではありません。

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    アステラスの遺伝子治療AT132が今度は低用量の深刻な肝臓有害事象で再び頓挫…

    高用量(3.5x1014 vg/kg)投与群の3人の死亡を受けて最近まで差し止められていたアステラス製薬の遺伝子治療AT132のPh1/2試験…

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域
    • BioToday

    ARS社がEpiPen代わりのアドレナリン点鼻薬の発売準備資金5500万ドル…

    重度のアレルギー反応を治療するEpiPen(エピペン)代わりのアドレナリン点鼻薬Neffyを開発するARS Pharmaceuticals社がその…

    • コンサル・調査ノウハウ投稿・ニュース
    • マーケティング全領域
    • Medinew

    【マーケティング・インタビューを成功させるコツとは?vol.1】本音を引き出…

    患者インタビューなど、市場調査のためのインタビュー調査を行う際には、どのようなことに気をつけければよいのでしょうか。…

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域
    • BioToday

    蛋白質を作り続ける環状RNAによる治療のLaronde社が4億4000万ドル…

    頭を使う仕事はそうでない言いなりの仕事に比べて認知症を生じ難くすることが示されました。

    • 今日の製薬トップニュース投稿・ニュース
    • 全領域
    • AnswersNews

    2022年度薬価制度改革の議論が本格化…適応拡大時のイノベーション評価など焦…

    2022年度の薬価制度改革に向けた議論が本格化してきました。焦点となるのは、適応拡大時のイノベーション評価や、昨年の医薬…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    カリウムを25%含む塩の使用で高血圧高齢者の脳卒中や死亡が減少

    中国の600の村の血圧が高い60歳以上の高齢者が参加したクラスター無作為化試験の結果、カリウムが25%で残り75%が塩化ナトリウ…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    Junshi社の全身性エリテマトーデス治療抗BLyS抗体の承認申請を中国が受…

    全身性エリテマトーデス(SLE)を治療するJunshi Biosciences社の抗BLyS抗体皮下注射剤UBP1213scの承認申請を中国が受理しま…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    Ascendis社の成長ホルモン週1回皮下注射剤Skytrofaを米国FDA…

    成長ホルモン(GH)分泌が不十分で発育不良の小児の身長を伸ばすAscendis Pharma社のペグ化GH(ソマトロピン)週1回皮下注射…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    東洋紡に米国FDAが警告~異物混入の原因をすぐに調べず、影響の検討も怠った

    滋賀県工場で作られた注射剤の異物混入の原因をすぐに調べず、製品への影響の検討も怠った東洋紡(Toyobo)に対して米国FDAが…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    嫌がる米国FDAにStealth社がミトコンドリア改善薬を承認申請した

    審査に値しないと言っている米国FDAにStealth BioTherapeutics社がバース症候群治療薬elamipretide(エラミプレチド)を承認…

    • 投稿・ニュース
    • 中枢神経系疾患全領域
    • BioToday

    カルビドパ/レボドパを長く放出するAmneal社のパーキンソン病薬のPh3が…

    カルビドパ/レボドパ(CD/LD)を長く放出するAmneal Pharmaceuticals社の経口カプセル剤IPX-203をパーキンソン病患者に投与し…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    ウィルソン病患者へのAstraZenecaの銅除去薬ALXN1840のPh3…

    1000を超える嚢胞性線維症(CF)病因CFTR変異のうち最も多いPhe508del変異は細胞表面のCFTRの量を乏しくします。銅の溜まり過…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    日光の紫外線Bは皮膚のp53活性化を介して性ホルモンを増やして欲情をそそる

    皮膚に紫外線Bがあたると皮膚のp53活性化を介して性ホルモンが増えて発情することがマウス実験で示されました。

    • 投稿・ニュース
    • 中枢神経系疾患全領域筋骨格系疾患
    • BioToday

    RocheがShape社のRNA編集技術頼りの遺伝子治療開発に取り組む

    Shape Therapeutics社のRNA編集技術・RNAfixや組織特異的アデノ随伴ウイルス(AAV)運搬技術・AAVid頼りのアルツハイマー病や…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    Arbor社の遺伝子編集技術を採用した体外仕立ての細胞治療をVertex社が…

    2018年からの提携が実を結び、Broad InstituteのFeng Zhang氏等が設立したArbor Biotechnologies社のCRISPR遺伝子編集技術の…

    • 投稿・ニュース
    • 代謝性疾患全領域
    • BioToday

    肥満で無理する脂肪細胞が放つミトコンドリアが心臓を保護する反応を引き出す

    肥満で無理を強いられる脂肪細胞はミトコンドリアの減少やその機能を失う事態に陥ります。

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    遺伝性血管浮腫薬Ph2試験FDA差し止めを解決するための情報をKalVist…

    プロテアーゼ阻害剤を開発しているKalVista Pharmaceuticals社の遺伝性血管浮腫(HAE)発作予防経口薬KVD824の進行中の国際第…

    • 投稿・ニュース
    • 代謝性疾患全領域
    • BioToday

    武田薬品がGenevant社の脂質ナノ粒子(LNP)込みの肝疾患遺伝子治療を…

    今春からの肝疾患薬提携は順調らしく武田薬品がさらに最大2つの肝疾患でもGenevant Sciences社と手を組みます。

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    PEG10のRNA結合はGenentech社の研究者等が2019年にPLoS…

    レトロトランスポゾン起源蛋白質PEG10のRNA結合はGenentech社の研究者等が2019年にPLoS ONEに報告している。

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    レトロトランスポゾン蛋白質・PEG10を利用したRNA運搬技術を開発

    mRNAをひっつけて主に球状構造を形成して細胞外へと出ていくレトロトランスポゾン起源蛋白質・PEG10を利用して目当てのRNAを…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    ROS除去に長けた金塊格子状集合体がフリードライヒ運動失調症マウスに有効

    金のナノ粒子の格子状集合体Au8-pXの活性酸素種(ROS)除去作用が先立つ研究で確認されています。

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    2019年に全世界で169万人が暑すぎや寒すぎで死んだ

    9か国のデータを調べたところ暑すぎや寒すぎと17の原因の死亡が関連し、心肺疾患や代謝疾患が死因の多くを占めました。

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域
    • BioToday

    Google起源のVerilyが臨床試験運営ソフトウェ開発会社SignalP…

    Google起源ライフサイエンス企業Verilyが初のめぼしい買い物、臨床試験運営ソフトウェ開発会社SignalPath社買収を発表しまし…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    およそ1歳の赤ちゃんのエネルギー消費スピードは大人を50%も上回る

    ヒトの生涯のエネルギー使用の移ろいを詳しく調べたところ、およそ1歳の赤ちゃんは体の大きさの違いを考慮した比較で大人に比…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    赤血球に居座るミトコンドリアが全身性エリテマトーデスの炎症反応を誘発する

    ミトコンドリアが抜けていない赤血球(Mito+ RBC)が全身性エリテマトーデス(SLE)患者の多くから見つかり、Mito+ RBCがマク…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    Moderna社のメチルマロン酸血症薬のPh1/2試験の投与開始

    Moderna社のメチルマロン酸血症(MMA)治療薬mRNA-3705の第1/2相試験が最初の投与に至りました。

    • 投稿・ニュース
    • ファイナンス・商談全領域
    • BioToday

    Exscientia社のAI創薬で作られた免疫調節薬候補をBMSが気に入って…

    人工知能(AI)仕立ての創薬で作られた免疫調節薬候補をBristol Myers Squibbが提携会社のExscientia社から一つ手に入れる事…

    • 投稿・ニュース
    • 全領域
    • BioToday

    Rocket社のダノン病遺伝子治療のPh1試験差し止めが解除された~3Qに投…

    Lamp2B遺伝子をアデノ随伴ウイルス9型(AAV9)に載せて届けるRocket Pharmaceuticals社のダノン病遺伝子治療RP-A501の第1相…

ログイン

無料メルマガ登録
  1. ジョンソン・エンド・ジョンソン社、エボラウイルスワクチンのレジ…

    2021.09.15

  2. リープ社、胃がんにおけるDKK1抗体とTislelizumabのコンボでポジテ…

    2021.09.15

  3. 2027年に胃がんの発症数は110万人に。治験からみる今後の治療薬の傾…

    2021.09.14

  4. 承認確率が低い頭頚部がんの治療分野でもチェックポイント阻害剤が…

    2021.09.13

  5. 世界肺癌学会2021:イムフィンジの3剤併用が肺がんのファーストライ…

    2021.09.13

  6. リリー社がProQR社とRNA編集に関する契約を締結

    2021.09.09

  7. サノフィ社がKadmonを19億ドルで買収を発表。移植片対宿主病治療薬…

    2021.09.09

  8. MacroGenics社のマルゲツキシマブ、ハーセプチンの生存率向上を上回…

    2021.09.08

  9. ロシュ社、がん細胞治療領域に参入。同種T細胞治療法を開発でAdapti…

    2021.09.08

  10. 世界肺癌学会2021の展望:中国勢の挑戦とトレメリムマブら注目の発…

    2021.09.07

  1. PfizerのCOVID-19ワクチン追加接種は必要ないかもしれないと米国FDA…

    2021.09.17

  2. 武田薬品の肺癌治療薬Exkivityを米国FDAが取り急ぎ承認

    2021.09.17

  3. PfizerのCOVID-19ワクチンPh2/3試験の6か月の追跡で効果の持続が裏…

    2021.09.17

  4. 60歳以上高齢者のPfizerのCOVID-19ワクチン3回目接種で感染率が11分…

    2021.09.17

  5. Bharat社のワクチンでマラウィ小児の腸チフス発生率が5分の1ほどに…

    2021.09.17

  6. Excision社のHIV遺伝子治療のPh1/2試験が今年中に始まる

    2021.09.17

  7. ModernaのCOVID-19ワクチンの感染予防効果は接種後から時が経つほど…

    2021.09.17

  8. BeiGene社のBTK阻害剤Brukinsaによる辺縁帯リンパ腫治療を米国FDAが…

    2021.09.17

  9. コウモリのSARS関連コロナウイルスに南~東南アジアの40万人が毎年…

    2021.09.17

  10. 女性のCOVID-19ワクチン接種と生理の変化の関連を米国のように調べ…

    2021.09.17