製薬業界の最新ニュースと解説

Alkahest社のエオタキシン抑制剤の加齢黄斑変性症(AMD)Ph2試験開始|BioToday

老化に伴って増える蛋白質エオタキシンの活動をCCR3阻害によって封じる経口低分子薬AKST4290を血管新生型加齢黄斑変性症(neovascular AMD)患者に投与して脈絡膜血流(ChBF)への作用を調べる第2相試験AKST4290-206 (STEEL) をAlkahest社が開始しました。

3-4か月に1回の眼注射で事足りうるdry AMD薬権利をBiogenがCatalyst社から取得|BioToday

より長く留まるので3-4か月に1回のガラス体内注射で事足りうる前臨床段階のC3補体切断薬CB 2782-PEGによる委縮型加齢黄斑変性症(dry AMD)治療の全世界権利をCatalyst Biosciencesが1500万ドル持参のBiogen(バイオジェン)に付与します。

今年4月のARVO年次総会での発表研究によると、1回のCB 2782-PEG投与でサルの眼のガラス体内のC3を少なくとも28日間ほぼ完全に除去できました。

今後Biogen社はCB 2782-PEGの治験開始に必要な取り組み、臨床開発、販売を担います。

【専門医サーベイ】Novartis社のbrolucizumabのEyleaに対する臨床試験の結果をうけてサーベイ実施。眼科医にとっては非常に魅力的なものの、実際のところはいまだ不鮮明

FirstWord Plus会員限定記事。【専門医サーベイ】Novartis社のbrolucizumabのEyleaに対する臨床試験の結果をうけてサーベイ実施。眼科医にとっては非常に魅力的なものの、実際のところはいまだ不鮮明

【解説】木を見て森をみず!?Aldeyra社、アレルギー性結膜炎治療薬候補ADX-102の第2b相でエンドポイント未達で市場のネガティブ評価も第3相試験へ自信

FirstWord Plus会員限定記事。【解説】木を見て森をみず!?Aldeyra社、アレルギー性結膜炎治療薬候補ADX-102の第2b相でエンドポイント未達で市場のネガティブ評価も第3相試験へ自信。アナリストが解説