製薬業界の最新ニュースと解説
メルサナ社、XMT-1522の臨床試験において被験者の死亡の発表を受け、一時的な試験中断へ

メルサナ社、XMT-1522の臨床試験において被験者の死亡の発表を受け、一時的な試験中断へ

この記事はInsights4オンコロジー】会員むけの限定記事です。全文閲覧には会員登録が必要です。

7月19日、メルサナ・セラピューティクス社が、XMT-1522の投与が関連している可能性がある死亡例を発表、一時的に臨床試験を中断。この発表をうけて、同社の株価は44%下落した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

いま必要な世界のオンコロジー情報を

Insights4オンコロジーが今なら2週間無料トライアル

■ オンコロジー特化の情報サービス
■ リリースタイトルを日本語で
■ 今必要なオンコロジーニュースを
■ 限定記事へもアクセス
大鵬オンコロジー社、切除不能胃がん患者対象としたロンサーフのピボタル第三相臨床試験詳細をESMO-GIで発表

大鵬オンコロジー社、切除不能胃がん患者対象としたロンサーフのピボタル第三相臨床試験詳細をESMO-GIで発表

この記事はInsights4オンコロジー】会員むけの限定記事です。全文閲覧には会員登録が必要です。

目次

  • 標準治療に不応となった切除不能胃がん患者対象の第三相試験
  • 対プラセボで有意であった第三相TAGS試験臨床データ
  • 進行・再発の結腸・直腸がん治療薬として48カ国で承認されているロンサーフ

はじめに

大鵬薬品の米国子会社である大鵬オンコロジー社とセルビエ社が、切除不能胃がん患者対象としたロンサーフのピボタル第三相TAGS試験の詳細をESMO GIで発表した。

大鵬オンコロジー社のシニアバイスプレジデントのMartin J. Birkhoferは以下のように述べている。

我々は、TAGS試験の肯定的な結果に非常に喜んでいる。標準治療に不応となった切除不能の胃がん患者に対してロンサーフの治療が生存期間の延長することができる臨床結果を示しており、今後治療の選択肢になる可能性がある。ファースト、セカンドラインの治療をすでに受けた患者の方々に対しての治療オプションは限られている。我々は、ロンサーフが標準治療に不応となった切除不能の胃がん患者のサードライン治療としてFDAに承認してもらう適用拡大の承認申請にこの臨床試験データを含める予定だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

いま必要な世界のオンコロジー情報を

Insights4オンコロジーが今なら2週間無料トライアル

■ オンコロジー特化の情報サービス
■ リリースタイトルを日本語で
■ 今必要なオンコロジーニュースを
■ 限定記事へもアクセス