製薬業界の最新ニュースと解説
オプジーボとヤーボイ併用はどのように使われている?複雑さを増すオンコロジー領域の治療実態を把握する方法|DRG社

オプジーボとヤーボイ併用はどのように使われている?複雑さを増すオンコロジー領域の治療実態を把握する方法|DRG社

DRGオンコロジー部門のアナリストがより複雑さを増しているオンコロジーの治療領域でいかに治療の実態を正確に把握するために、従来の治療アルゴリズムに加えて治療シークエンスを活用する方法をケーススタディを通じて解説をします。

オンコロジー領域、臨床試験の傾向と対策:最新のガイドライン改定への対応は?|DRG社

オンコロジー領域、臨床試験の傾向と対策:最新のガイドライン改定への対応は?|DRG社

DRGのオンコロジー部門の責任者であるDr.アンドリュー・メロンが、最新のオンコロジー分野でのホットトピックに関して発行するYoutubeでの投稿内容を日本語でお届けいたします。。今回は、最新のオンコロジー領域での臨床試験に関するガイドラインの改定に関して、製薬業界そして製薬メーカーに与えるインパクトに関して考察を加えております。

【ASCO2018】免疫チェックポイント阻害薬 併用療法を開発する難しさ|DRG海外レポート

【ASCO2018】免疫チェックポイント阻害薬 併用療法を開発する難しさ|DRG海外レポート

がん治療薬の開発競争のゴールが市場に到達することだとすると、免疫チェックポイント阻害薬の開発競争は短距離競走に変わりつつある。開発のスピードアップは製薬企業にとって頭痛の種となっている。2014年にメルクのキイトルーダが悪性黒色腫で承認を取得して以降、PD-1阻害薬は多くのがん種に強力かつ持続的な奏効をもたらしてきた。PD-1阻害薬が顕著な効果を示しことで、臨床開発における有効性のハードル設定も高くなった。免疫チェックポイント阻害薬の開発は、有効性の飛躍的向上を目指した併用レジメンへと舵を切っている。