製薬業界の最新ニュースと解説

Spectrum社のTKI・Poziotinibの非小細胞肺癌Ph2試験第1枠奏効率が目標に至らず|BioToday

Spectrum Pharmaceuticals社は韓国Hanmi Pharmaceuticals社からライセンスしたチロシンキナーゼ阻害剤Poziotinib(ポジオチニブ)を非小細胞肺癌(NSCLC)第2相試験(ZENITH20)第1患者枠(Cohort 1)結果に基づいて米国FDAに承認申請するつもりでしたが、治療経験があるEGFRエクソン20挿入変異NSCLC患者を募ったその第1枠の奏効率(約15%)は残念ながら目標に届きませんでした。

オシメルチニブがEGFR陽性の進行肺がんの生存を延長|海外がん医療情報リファレンス

オシメルチニブがEGFR陽性の進行肺がんの生存を延長|海外がん医療情報リファレンス

未治療の局所進行または転移EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者のうち、オシメルチニブ治療を受けた患者の方が、対照治療薬のEGFRチロシンキナーゼ阻害薬治療を受けた患者よりも生存期間が長かった。このFLAURA試験の結果を、エモリー大学医学部ウインシップがん研究所のSuresh S. Ramalingam教授を代表著者とする研究者らが、2019年11月21日付New England Journal of Medicine誌で報告した。

メルサナ社、XMT-1522の臨床試験において被験者の死亡の発表を受け、一時的な試験中断へ

メルサナ社、XMT-1522の臨床試験において被験者の死亡の発表を受け、一時的な試験中断へ

この記事はInsights4オンコロジー】会員むけの限定記事です。全文閲覧には会員登録が必要です。

7月19日、メルサナ・セラピューティクス社が、XMT-1522の投与が関連している可能性がある死亡例を発表、一時的に臨床試験を中断。この発表をうけて、同社の株価は44%下落した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

いま必要な世界のオンコロジー情報を

Insights4オンコロジーが今なら2週間無料トライアル

■ オンコロジー特化の情報サービス
■ リリースタイトルを日本語で
■ 今必要なオンコロジーニュースを
■ 限定記事へもアクセス