製薬業界の最新ニュースと解説
高リスクのルミナルB型乳がんに、ホルモン療法+CDK4/6阻害薬は化学療法と同等の効果

高リスクのルミナルB型乳がんに、ホルモン療法+CDK4/6阻害薬は化学療法と同等の効果

高リスクのルミナルB型乳がん患者に対して術前に行うサイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬リボシクリブ(販売名:キスカリ)およびアロマターゼ阻害薬であるレトロゾール(販売名:フェマーラ)併用治療は、多剤併用化学療法と同等の奏効率を示した。このSOLTI-1402/CORALLEEN試験の結果は、12月10~14日開催のサンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)で発表された

乳がんHER2阻害薬ツカチニブとT-DXdに関する2試験

乳がんHER2阻害薬ツカチニブとT-DXdに関する2試験

新規分子標的薬が進行HER2陽性乳がん患者を対象とした2つの臨床試験で有望な結果を示し、結果はサンアントニオ乳がんシンポジウムおよびThe New England Journal of Medicine(NEJM)誌で発表された。ダナファーバーがん研究所の医師が主導した試験において、ツカチニブおよびトラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)による病勢進行の抑制が認められた。

HER2抗体薬物複合体T-DXdは、T-DM1他治療歴のある乳がんに有望【SABCS】|海外がん医療情報リファレンス

HER2抗体薬物複合体T-DXdは、T-DM1他治療歴のある乳がんに有望【SABCS】|海外がん医療情報リファレンス

治験中のHER2標的抗体薬物複合体(ADC)である[Fam-] トラスツズマブ‐deruxtecan(T-DXd:トラスツズマブ デルクステカン)は、トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)(販売名:カドサイラ)や他のHER2標的薬剤による濃厚な治療歴のあるHER2陽性乳がん患者に対し、持続的奏効が 認められた。

術後内分泌療法へのS-1追加でルミナル乳がんの転帰が改善|海外がん医療情報リファレンス

術後内分泌療法へのS-1追加でルミナル乳がんの転帰が改善|海外がん医療情報リファレンス

術後における経口フッ化ピリミジン系薬剤であるS-1とホルモン療法 の併用によって、ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性乳がん患者における浸潤性疾患のない生存期間(iDFS)が有意に延長され、5年iDFS推定値が改善された。この第3相試験の結果は、12月10日から14日に開催されたサンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS2019)で発表された。

難治性乳癌の抗HER2薬治療Ph2結果を第一三共/AstraZenecaが報告~奏効率61%|BioToday

難治性乳癌の抗HER2薬治療Ph2結果を第一三共/AstraZenecaが報告~奏効率61%|BioToday

HER2陽性転移性乳癌患者を対象とした第一三共/アストラゼネカのトポイソメラーゼI阻害剤付き抗HER2抗体trastuzumab deruxtecan(DS-8201)治療で主要目標を達成した対照群なし第2相試験DESTINY-Breast01の詳細な結果が報告された。奏効率は。。。

乳房一部の短期集中照射の同側乳癌再発率は全乳房照射と同じく何れにせよ低い

乳癌患者の乳房全体ではなく一部への分割回数が少ない(10回)短期(5-8日)集中照射(APBI)の無作為化試験2つ・RAPIDとNSABP B-39/RTOG 0413の長期再発率が時を同じくして報告され、前者RAPIDのAPBI治療は全乳房照射(WBI)に引けを取らず、逆に後者NSABP B-39/RTOG 0413のAPBI治療はWBIに僅かに及びませんでした。

メルサナ社、XMT-1522の臨床試験において被験者の死亡の発表を受け、一時的な試験中断へ

メルサナ社、XMT-1522の臨床試験において被験者の死亡の発表を受け、一時的な試験中断へ

この記事はInsights4オンコロジー】会員むけの限定記事です。全文閲覧には会員登録が必要です。

7月19日、メルサナ・セラピューティクス社が、XMT-1522の投与が関連している可能性がある死亡例を発表、一時的に臨床試験を中断。この発表をうけて、同社の株価は44%下落した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

いま必要な世界のオンコロジー情報を

Insights4オンコロジーが今なら2週間無料トライアル

■ オンコロジー特化の情報サービス
■ リリースタイトルを日本語で
■ 今必要なオンコロジーニュースを
■ 限定記事へもアクセス