オンコロジー

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    がん患者は疼痛管理に必要なオピオイドを入手しているか

    新しい研究により、米国の腫瘍内科医およびその他の医師が、高齢の患者に処方するオピオイド薬が減少してきたことが明らかに…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    アベマシクリブとホルモン療法の併用で、若年性ハイリスク乳がんの再発を抑制:E…

    ホルモン受容体陽性(HR+)およびヒト上皮成長因子受容体2陰性(HER2-)の若年性ハイリスク乳がん患者において、ホルモン療法…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    パゾパニブが小児および成人の軟部肉腫に有望

    進行した軟部肉腫の患者の大半に行なう標準治療には、腫瘍切除手術の前に行なう放射線治療と、場合によっては化学療法がある…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報血液腫瘍製薬ニュース

    リツキシマブを加えた治療法が高悪性度B細胞リンパ腫の若齢患者に有効

    最近の研究結果により、バーキットリンパ腫などの増殖が速いB細胞非ホジキンリンパ腫と新たに診断された小児および若年成人の…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    ニボルマブとイピリムマブ併用が一部の進行前立腺がん患者に有効

    免疫チェックポイント阻害薬2剤併用の研究推進を支持する第2相試験結果イピリムマブ(CTLA-4阻害薬。販売名:ヤーボイ)とニ…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    多くの高齢者が不必要ながん検診を受けている【全米調査】

    高齢者の半数以上が過去数年間に1回以上不要ながん検診を受けていたということが全米調査により判明した。一般的に、推奨年齢…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    イピリムマブが転移性去勢抵抗性前立腺癌の全生存期間を延長

    ドセタキセル(販売名:タキソテール)の投与を受けたことのある転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)患者を対象とした、骨転…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    抗PD-L1抗体薬アベルマブは進行性尿路上皮がんの生存率を改善する

    JAVELIN Bladder 100試験の結果によると、進行性または転移性の尿路上皮がんに対して、維持療法として avelumab [アベルマブ…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    オシメルチニブ(タグリッソ)が肺がんの脳転移を抑制

    タグリッソ(一般名:オシメルチニブ)は、英国の製薬会社アストラゼネカ社の売上首位の製品であるが、早期に診断された肺が…

    • COSMOオンコロジー企業・アライアンス投稿記事・解説

    十分理解できる情報がないまま、医師の勧めに従った患者が約3割:日本におけるが…

    株式会社コスモ・ピーアールでは、がん医療における治療選択肢が増加していることを背景に、患者の治療法決定に関する意識と…

    • COSMOオンコロジー企業・アライアンス投稿記事・解説

    「奇跡」を起こし「軌跡」に変える― 日本初の「患者提案型・医師主導による治験…

    COSMO社が「今ある薬」を使えるようにするために、そして製薬の歴史に新たな1ページを作る」をテーマにオンラインセミナーを…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    コロナ感染拡大下でのがん臨床試験に関するQ&A

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は臨床試験にどのような影響を与えているでしょうか?COVID-19パンデミックの臨床試験…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    骨軟部腫瘍の治療における免疫細胞の抑制

    もともと人体に備わった能力を強めてがんと戦う免疫チェックポイント阻害剤などの免疫療法は、軟部組織や骨に発生するまれな…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    AIによるすい臓がん検診の実現に向けての進歩

    膵臓がんは早期発見が命を救う上できわめて重要であるが、人工知能(AI)でその早期発見が可能となる見込みがある。2020年7月…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    オランザピンは進行がんによる吐き気や嘔吐を軽減

    進行がん患者の多くは慢性的な吐き気と嘔吐を経験しており、食事が困難になり、全体的な幸福度が低下することがある。研究者…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAが切除不能な大腸がんの初回治療にペムブロリズマブ(キイトルーダ)を承認…

    2020年6月29日、米国食品医薬品局(FDA)は、高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復機能欠損(dMMR…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    肺がん生存期間への禁煙の効果、再発卵巣がんの維持療法―ASCO20

    肺がん患者では、禁煙は、いずれの時点に開始しても(たとえ診断直前でも)生存を延長することが、国際的なデータを用いた大…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    オラパリブとルカパリブの承認で、前立腺がん治療はPARP阻害薬の時代に突入

    米国食品医薬品局(FDA)による最近の承認2件は、一部の前立腺がん男性患者用治療薬である分子標的薬の適応拡大という新たな…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    胸部がんとメラノーマの抗PD-1療法著効と分子レベルの転帰予測【ASCO20…

    ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの胸部がん専門家およびがんゲノム専門家は、がん治療・ケアに携わる医師および…

    • DRGオンコロジー投稿記事・解説領域

    規制当局と償還機関、臨床試験データの評価でそれぞれが注目するポイント|DRG…

    米国に本社を置くコンサルティング企業Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説す…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAが皮膚扁平上皮がんにペムブロリズマブを承認

    2020年6月24日、米国食品医薬品局(FDA)は、手術や放射線治療で治癒しない再発または転移性の皮膚扁平上皮がん(cSCC)を有…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    メルケル細胞がんに術前抗PD-1療法ニボルマブが有望な可能性

    免疫「チェックポイント」阻害剤による治療がメルケル細胞がんに対して有用であることが多施設共同臨床試験で判明世界初と考…

    • COSMOオンコロジー企業・アライアンス投稿記事・解説

    オンラインセミナー「今ある薬を、使えるようにするために―Wanna Be a…

    近年、がん領域では様々な新薬が登場し予後改善に寄与しています。国民が新薬や既薬の新たな適応の恩恵を受けるには保険償還…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報

    集中治療室の小児患者の多くはリハビリテーション療法を受けていない

    病院の集中治療室(ICU)に入院している成人患者は、しばしばリハビリテーション療法を受け、入院の初期段階から体を動かし続…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    ルキソリチニブが一部の移植片対宿主病患者に有用

    造血幹細胞移植を受けて数カ月以内に移植片対宿主病(GVHD)を発症し、ステロイドに反応しなかった血液のがんを有する患者は…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAが小児のCD33陽性、急性骨髄性白血病にゲムツズマブオゾガマイシンを承…

    2020年6月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、ゲムツズマブオゾガマイシン(販売名:マイロターグ、Wyeth Pharmaceuticals LLC…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    フォンヒッペル・リンダウ病に伴う腎がんに分子標的薬MK-6482が良好な臨床…

    テキサス大学 MD アンダーソンがんセンターの研究者が主導した国際試験において、低酸素誘導因子(HIF)-2a の小分子阻害剤で…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    改訂版栄養成分表示は、がんも含めた健康や食の科学を反映

    2020年1月1日、米食品医薬品局(FDA)は多くの食品製造業者に対し、各自社製品に栄養成分表示の改訂版を表示するよう、要請を…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    BTK阻害薬が COVID-19のサイトカインストームを抑え、呼吸困難を改善…

    ブルトンチロシンキナーゼ(BTK)タンパク質を阻害することは、一部の重症新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に臨床的…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    転移非小細胞肺がんの初回治療にラムシルマブ+エルロチニブを承認

    米国食品医薬品局(FDA)は2020年5月29日、上皮成長因子受容体(EGFR)エクソン19欠失またはエクソン21(L858R)変異を有する…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    予後不良の小児がん領域における大規模なプレシジョン医療の前進

    バージニア州アレクサンドリア―研究者らは、予後不良の再発小児がんにおいて、分子標的を同定し、分子標的治療と組み合わせる…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    ペムブロリズマブが特定のDNA変異を有する進行大腸がんの無増悪生存を2倍に

    ASCO会長のHoward A. Burris III医師( 米国内科学会フェロー:FACP、米国臨床腫瘍学会フェロー:FASCO)によれば、「ペムブ…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    進行尿路上皮がんの一次化学療法後、免疫療法アベルマブが全生存を改善

    「進行性尿路上皮がんは、化学療法による一次治療後に再発しやすい特徴があります。本試験は、進行性尿路上皮がんに対して、…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    乳がん女性の定期的な運動が生存期間を延長する可能性

    高リスク乳がんと診断された女性の生存期間の延長と身体活動を関連づける既存のエビデンスに、新たな研究結果が追加された。…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    大気中のPM2.5が特定がんの若年患者の死亡率を増加させる可能性

    米国ユタ州の約16,000人の若年がん患者を対象とした分析で、微小粒子状物質(PM2.5)への曝露は、特定のがんの診断から5年後…

    • オンコロジー投稿記事・解説製薬ニュース領域

    PfizerのCDK4/6阻害剤Ibranceが大規模市場・初期乳癌術後治療…

    初期乳癌の手術を終えた女性や男性へのPfizerのCDK4/6阻害剤Ibrance(イブランス;palbociclib)投与の第3相試験(PALLAS)は…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    がん診療に高齢者の機能評価を導入すると、高齢患者のQOLが向上し入院が減少

    「65歳以上の人口は今後も世界中で増加し続けることが予想されており、高齢患者に提供する治療の質を最適化するために、より…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    がん患者はCOVID-19による高死亡率に直面

    モンテフィオーレヘルスシステムおよびアルバート・アインシュタイン医科大学の臨床研究者によると、COVID-19を発症したがん…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAがPD-L1高発現の転移性非小細胞肺がんにアテゾリズマブを承認

    2020年5月18日、米国食品医薬品局(FDA)は、PD-L1高発現(腫瘍細胞[TC]におけるPD-L1発現率が50%以上[TC≥50%]、または…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    【英国NICE】COVID-19迅速ガイドライン:放射線療法の実施

    NICEは急速に変化する状況に直接対応してこれらの推奨事項を作成したため、ガイダンス作成における標準的なプロセスを踏むこ…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAが、HRR遺伝子変異陽性の転移性去勢抵抗性前立腺がんにオラパリブを承認…

    2020年5月19日、米国食品医薬品局(FDA)は、生殖細胞または体細胞系列相同組換え修復関連(HRR)遺伝子に病的変異または病的…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAが、カポジ肉腫にポマリドミドを迅速承認

    2020年5月14日、米国食品医薬品局(FDA)は、ポマリドミド(販売名:ポマリスト、Celgene Corporation社)の適応を、高活性抗…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAが、BRCA変異陽性の転移性去勢抵抗性前立腺がんにルカパリブを承認

    2020年5月15日、食品医薬品局(FDA)は、アンドロゲン受容体標的薬およびタキサン系化学療法による治療を受けた、有害なBRCA…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    ASCO2020バーチャルがん科学会議、注目のトップ演題(5月29-31日)…

    米国臨床腫瘍学会(ASCO)は今年、最新のがん科学を新たにバーチャル形式で世界の腫瘍学関連団体に配信する。肺がん、大腸が…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAがペムブロリズマブの新たな投与レジメンを承認

    2020年4月28日、米国食品医薬品局(FDA)は、現在承認されているすべての成人適応症を対象に、ペムブロリズマブ(販売名:キ…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    抗炎症薬アスピリンは、数種の消化管がんのリスク低下と関連

    抗炎症薬または解熱鎮痛薬(NSAID)として広く利用されているアスピリンは、死亡率が非常に高いすい臓がん、肝臓がんなどのが…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAが進行卵巣がんの初回維持療法にニラパリブを承認

    2020年4月29日、食品医薬品局(FDA)はプラチナ製剤ベースの初回化学療法に完全奏効または部分奏効を示した進行上皮性卵巣が…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    CAR-T細胞療法の臨床試験増加を目指すNCIの取り組み

    2010年、米国国立がん研究所(NCI)の研究チームはCAR-T細胞療法と呼ばれる新しい形態のがん治療で初の研究を発表し、進行し…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    FDAが多発性骨髄腫にダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤を承認

    2020年5月1日、FDAは、新規に診断されたか、再発・難治性の多発性骨髄腫と診断された成人患者を対象に、ダラツムマブとヒアル…

    • オンコロジー投稿記事・解説海外がん医療情報領域

    セルメチニブが神経線維腫症1型の小児患者の転帰を改善

    セルメチニブが遺伝性疾患である神経線維腫症1型(NF1)の小児患者の転帰を改善することが第2相臨床試験の結果から示された。…

メルマガ無料配信中




  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 主要製薬企業21年3月期 2.4%減収で着地へ…薬価改定と新型コロナが影響

    2021.02.24

  3. 製薬大手 中国企業と相次ぎ提携…新薬開発で大型投資、デジタルサー…

    2021.02.24

  4. 国内医薬品市場 20年は2.4%減の10.4兆円…新型コロナと薬価改定響く…

    2021.02.24

  5. コロナ禍の米国で進むフォーミュラリーからの新薬除外|DRG海外レポ…

    2021.02.24

  6. ウォルマート、医療保険のメインストリームに挑む|DRG海外レポート

    2021.02.24

  7. NeuroRx社がCOVID-19治療Ph2/3の28日時点結果から今後の明るい展望…

    2021.02.24

  8. Protalix社のファブリー病薬4週に1回投与への切り替え試験で良い結…

    2021.02.24

  9. bluebird bio社の鎌状赤血球症遺伝子治療の試験を米国FDAが差し止め

    2021.02.24

  10. Day One社が独MerckのMEK阻害剤を取得~手持ちのRAF阻害剤との併用…

    2021.02.24

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16