製薬業界の最新ニュースと解説

糖尿病性黄斑浮腫へのNovartisのBeovuがRegeneronのEYLEAに劣らず/Ph3試験

第3相試験(KITE)の結果、Novartis(ノバルティス)のBeovu(ベオビュ;brolucizumabm、ブロルシズマブ)を投与した糖尿病性黄斑浮腫(DME)患者の1年時点での視力がRegeneron Pharmaceuticals社のEYLEA(アイリーア;aflibercept、アフリベルセプト)に劣らず、初順投与後のEYLEAは全員が2か月に1回の投与が必要でしたが、Beovuは半数超の患者が3か月に1回の投与で事足りました。 3段落, 343文字

糖尿病ラットの視床下部の神経取り巻き網は少ない~FGF1でその不足が解消する

視床下部内側基底部(MBH)弓状核の糖調節神経細胞を取り囲む格子状細胞外基質・神経取り巻き網(perineuronal net;PNN)が2型糖尿病を模すZDFラットでは随分少なく、PNNを担うコンドロイチン硫酸グリコサミノグリカン(CSPG)の硫酸化異常をきたしていました。 3段落, 268文字

Amarin社の米国年間売上11億ドルの心血管薬の特許を控訴裁判所も無効と判断

魚油から作るAmarin社の心血管疾患(CVD)予防薬Vascepa (バスセパ;icosapent ethyl) の特許を無効として2社・英国Hikma PharmaceuticalsとインドDr. Reddy’s LaboratoriesによるVascepa後発品の米国販売の道を開いた地裁判決を控訴裁判所が支持しました。 4段落, 291文字

一次医療での生活習慣見直しの取り組みで恵まれない肥満患者の体重が有意減少

米国ルイジアナ州の低所得層に面する一次医療が診るBMI 30以上の患者に体重10%減少を目標として食事カロリーを減らして運動を増やす生活習慣見直しに取り組んでもらったところいつもどおりの治療に比べて体重がより減少しました。 2段落, 164文字