製薬業界の最新ニュースと解説
新たな技術による新規ワクチンが及ぼすワクチン市場への影響は?mRNAワクチンが第三相臨床試験へ。

新たな技術による新規ワクチンが及ぼすワクチン市場への影響は?mRNAワクチンが第三相臨床試験へ。

VacZine Analytics社から新型コロナウイルスワクチンに関する報告書を含む3つのワクチンに関する詳細な調査レポートが発行されました。本日は3つの新たに発行されたレポートの中からノロウイルスワクチンに関してお知らせ致します。

MasterVIEW: 2035年までの新規ワクチンの商業的機会分析と予測【米国】

Vaczine Analyticsが提供する「MasterVIEW: 2035年までの新規ワクチンの商業的機会分析と予測【米国】」をご案内いたします。MasterVIEWは、新規ワクチンの分析と評価を国別にまとめています。MasterVIEWでは、67にのぼる新規ワクチンの対象疾患をカバーし、本レポートでは、新規ワクチン候補52が評価対象と米国市場2035年までの予測をしています。

MarketVIEW: チクングニア熱ウイルスワクチン

「チクングニア熱ウイルスワクチン」に関する商業的機会評価に関する調査レポートおよび将来予測モデル(Excel)が発行となりました。同レポートは、ワクチンに特化した英国の調査会社Vaczine Analytics社のによる詳細な調査に基きチクングニア熱ウイルスワクチンに関する包括的な分析と将来予測を提供します。

MarketVIEW: リフトバレー熱ウイルス

Vaczine Analyticsが提供する「MarketVIEW: リフトバレー熱ウイルス」をご案内いたします。「リフトバレー熱ワクチン」に関する商業的機会評価に関する調査レポートおよび将来予測モデル(Excel)が発行となりました。同レポートは、ワクチンに特化した英国の調査会社Vaczine Analytics社のによる詳細な調査に基きリフトバレー熱ワクチンに関する包括的な分析と将来予測を提供します。

MarketVIEW: 新型コロナウイルスワクチン

Vaczine Analyticsが提供する「MarketVIEW: 新型コロナウイルスワクチン」をご案内いたします。「新型コロナウイルス感染症ワクチン」に関する商業的機会評価に関する調査レポートおよび将来予測モデル(Excel)が発行となりました。同レポートは、ワクチンに特化した英国の調査会社Vaczine Analytics社のによる詳細な調査に基き新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する60カ国以上における2040年までの将来予測を含む包括的な分析報告書です。

ノロウイルスに対するワクチンへの期待と新型コロナの影響:新調査レポートのお知らせ

ノロウイルスに対するワクチンへの期待と新型コロナの影響:新調査レポートのお知らせ

VacZine Analytics社から新型コロナウイルスワクチンに関する報告書を含む3つのワクチンに関する詳細な調査レポートが発行されました。本日は3つの新たに発行されたレポートの中からノロウイルスワクチンに関してお知らせ致します。

MarketVIEW: ノロウイルスワクチン

Vaczine Analyticsが提供する「MarketVIEW: ノロウイルスワクチン」をご案内いたします。同レポートでは、ノロウイルスワクチンに関して113カ国を対象として2035年までの商業的機会評価を分析しています。

発展途上国では、7億人が罹患し、年間で20万人以上の死者を引き起こすと推定されています。ロタウイルスワクチンが病気の負担を軽減する成功もあり、新しいノロウイルスワクチンが同様の効果を示すことが期待されています。

ワクチン市場は年平均7%で成長し、2024年には584億ドル市場に:Markets And Markets社最新の予測

ワクチン市場は年平均7%で成長し、2024年には584億ドル市場に:Markets and Markets社最新の予測

世界的な市場調査会社であるMarkets and Markets社の最新のレポートでは2024年までに世界のワクチン市場は584億米ドルに達すると予測しています。これは2019年には417億ドルである市場が2024年までに年平均で7%もの成長率で拡大する見込みです。
成長が最も高い地域は...

Valneva社、ライム病ワクチンVLA15の開発計画を発表

Valneva社、ライム病ワクチンVLA15の開発計画を発表

Valneva社のCFOであるはDavid Lawrence氏が、同社のライム病ワクチンの開発状況と今後の展望に関して発表をした。同氏の発表によると、Valneva社で開発を続けているライム病ワクチンVLA15の承認、上市にはまだ5年ほどかかる予定だが、臨床試験では有用なデータが得られているとした。

FDA諮問委員会、GlaxoSmithKline社の帯状疱疹ワクチンShingrix承認を支持

GlaxoSmithKline社(GSK)は、FDA諮問委員会が9月13日に、50歳以上の成人向け帯状ヘルペス予防として、11対 0の満場一致で帯状疱疹候補ワクチンShingrixの承認勧告を決定した、と発表した。GSKワクチンの最高医療責任者Thomas Breuer氏は、「本剤は新世代のワクチンであり、加齢に伴う免疫低下を間違いなく克服するものである」と述べた。