製薬業界の最新ニュースと解説

ゾレアに効能変化再算定の特例、キイトルーダ・リクシアナには特例拡大再算定

中央社会保険医療協議会(中医協)総会は1月22日、4月の2020年度薬価改定で17成分52品目に再算定を適用し、薬価を引き下げることを了承した。昨年12月に花粉症への適応拡大が承認されたノバルティスファーマの抗IgE抗体「ゾレア」には、20年度薬価制度改革で新設される効能変化再算定の特例を適用。MSDの免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」と第一三共の抗凝固薬「リクシアナ」は特例拡大再算定が適用される。通常の市場拡大再算定は、利尿薬「サムスカ」(大塚製薬)や高尿酸血症・痛風治療薬「フェブリク」(帝人ファーマ)など14成分40品目が対象となった(詳しくはトピックスで)。

JT、スイスのデルマバントから皮膚疾患治療薬を導入

日本たばこ産業(JT)は1月15日、英ロイバント・サイエンシズ子会社のデルマバント・サイエンシズ(スイス)と、同社が開発中の皮膚疾患治療薬tapinarofを日本で独占的に開発・商業化するライセンス契約を結んだと発表した。

新たなCAR-T細胞療法「liso-cel」 キムリア、イエスカルタとの差別化の戦略は|DRG海外レポート

新たなCAR-T細胞療法「liso-cel」 キムリア、イエスカルタとの差別化の戦略は|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今回取り上げるのは、キムリア、イエスカルタに続くCAR-T細胞療法として開発が進むliso-cel(開発コード・JCRA017)。昨年の米国血液学会で発表されたP1試験のデータなどをもとに、先行する2剤との差別化を考えます。

【2020年に発売が見込まれる新薬2】GLP-1受容体作動薬に経口薬、アトピーには外用JAK阻害薬…HIF-PH阻害薬は3品目発売へ

【2020年に発売が見込まれる新薬2】GLP-1受容体作動薬に経口薬、アトピーには外用JAK阻害薬…HIF-PH阻害薬は3品目発売へ

2020年に発売が予想される新薬を領域別に2回に分けて紹介します。2回目は「腎」「糖尿病」「呼吸器」「皮膚」「眼科」とその他の領域です。腎・糖尿病においてはHIF-PH阻害薬3品目が発売、経口GLP-1が、皮膚科においてはアトピーに初のJAK阻害薬が、眼科において加齢黄斑変性には新規抗VEGF抗体が予定されている。心不全へのネプリライシン阻害薬/ARB、先駆け指定のHAE治療薬も期待される。

T細胞加工に基づく自己免疫疾患治療のKyverna社が2500万ドル調達/Gileadと提携

【BioToday 2020年1月15日】T細胞加工技術に基づく自己免疫疾患治療を開発しているKyverna Therapeutics社が2500万ドル調達と、その投資の一部を担ったGilead Sciences社とのオプション合意を発表しました。

AbbVieのSKYRIZIの乾癬治療がNovartisのCosentyxに大差で完勝

【BioToday 2020年1月15日】AbbVie(アッヴィ)のHumira(adalimumab)後を担うIL-23阻害剤SKYRIZI(スキリージ;risankizumab、リサンキズマブ)の第3相試験の乾癬治療効果がNovartis(ノバルティス)のIL-17阻害剤Cosentyx(Secukinumab、セクキヌマブ)を上回りました。

チオトロピウムとVerona社のPDE3/4阻害薬併用によるCOPD治療Ph2b試験成功

【BioToday 2020年1月14日】長時間作用型β刺激薬(LABA)・tiotropium(チオトロピウム)に加えてVerona Pharma社のPDE3/4阻害薬ensifentrine(エンシフェントリン)も慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に噴霧投与した後期第2相試験の肺機能改善がチオトロピウムのみを有意に上回りました。

【2020年に発売が見込まれる新薬1】ゾルゲンスマ承認へ…第一三共のADCや国産初の核酸医薬も

【2020年に発売が見込まれる新薬1】ゾルゲンスマ承認へ…第一三共のADCや国産初の核酸医薬も

2020年に発売が予想される新薬を領域別に2回に分けて紹介します。1回目は「がん」「神経・筋疾患」「精神疾患」「リウマチ」です。市場拡大が著しいがん領域では、今年も注目の新薬が相次いで登場する見通しです。第一三共のトラスツズマブ デルクステカンは、抗HER2抗体トラスツズマブに抗がん剤を結合させた抗体薬物複合体。HER2陽性乳がんの適応で昨年9月に申請しており、夏から秋にかけての発売が予想されます。大型化の呼び声が高く...

BoehringerがEnleofen社から抗IL-11抗体一揃いを取得~NASH薬備えが更に充実

【BioToday 2020年1月10日】Boehringer Ingelheim(ベーリンガーインゲルハイム)がシンガポール拠点Enleofen Bio社の抗IL-11抗体一式の世界権利を買い取り、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)薬の備えを更に増やします。

抗IL-11抗体が炎症や線維症を防いだり解消することが前臨床試験で示されており、Boehringer社はまずは抗IL-11抗体によるNASHと間質性肺疾患(ILD)治療の開発に取り組みます。

久光 ジクロフェナクナトリウム、腰痛などで2本のP3開始

久光製薬は1月9日、経皮吸収型非ステロイド性疼痛治療薬ジクロフェナクナトリウム(開発コード・HP-3105)について、国内で2本の臨床第3相(P3)試験を始めたと発表した。1本は腰痛症が対象で、もう1本は肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱鞘炎が対象。21年度中の承認申請を目指す。