製薬業界の最新ニュースと解説
NovartisのCosentyxのPh3b試験で乾癬性関節炎患者の滑膜炎が有意に緩和

NovartisのCosentyxのPh3b試験で乾癬性関節炎患者の滑膜炎が有意に緩和

Novartis(ノバルティス)のIL-17A阻害剤Cosentyx(コセンティクス;Secukinumab、セクキヌマブ)の第3b相試験ULTIMATEで乾癬性関節炎(PsA)患者の滑膜炎緩和がプラセボを有意に上回り、その効果は治療1週間時点で早くも認められました。 3段落, 285文字

UCBの抗IL17A/F抗体bimekizumabの乾癬Ph3のPASI90達成86%、Humiraは47%

UCBの抗IL17A/F抗体bimekizumabの乾癬Ph3のPASI90達成86%、Humiraは47%

中等~重度尋常性乾癬をUCBの抗IL-17A/17F抗体bimekizumab(ビメキズマブ)で治療した第3相試験BE SUREの16週時点ほぼ寛解以上(PASI 90)達成率は86%であり、抗TNF-α抗体Humira(ヒュミラ;adalimumab、アダリムマブ)の47%を2倍近く上回りました(p < 0.001)。 4段落, 348文字

N4BP1はサイトカイン生成を抑制し、Casp8はN4BP1を切ってその抑制を解く

N4BP1はサイトカイン生成を抑制し、Casp8はN4BP1を切ってその抑制を解く

カスパーゼ8(Casp8)によって分解されて不活性化されるN4BP1(NEDD4-binding protein 1)は炎症を促す自然免疫分子・サイトカインを抑制する働きがあり、トール様受容体(TLR)3/4やTNF受容体(TNFR)の活性化を伝えるそれらの腰元蛋白質・TRIFやFADDに促されたCasp8でN4BP1が分解されることでサイトカイン生成が増えると分かりました。 3段落, 277文字

アトピー性皮膚炎へのLilly/IncyteのBaricitinibの16-68週間の寛解持続が示唆された

アトピー性皮膚炎へのLilly/IncyteのBaricitinibの16-68週間の寛解持続が示唆された

中等~重度アトピー性皮膚炎患者へのEli Lilly/IncyteのJAK1/2阻害剤Olumiant(オルミエント;Baricitinib、バリシチニブ)の長期効果を調べている第3相試験(BREEZE-AD3)の結果、16週治療時点での寛解(病変が解消またはほぼ解消/IGAが0か1)がそれから1年(52週間)後の68週間時点でもどうやら維持されていました。 4段落, 376文字

BMS社のTYK2阻害剤deucravacitinibの乾癬治療がPh3でAmgenのOtezlaに勝利

BMS社のTYK2阻害剤deucravacitinibの乾癬治療がPh3でAmgenのOtezlaに勝利

昨年のCelgene(セルジーン)買収のためにBristol-Myers Squibb(BMS)がAmgen(アムジェン)に売った経口PDE4阻害剤OTEZLA(オテズラ;Apremilast、アプレミラスト)にBMS社手持ちの経口TYK2阻害剤deucravacitinib(デュクラバシチニブ;BMS-986165)が乾癬治療の第3相試験(POETYK PSO-1)で勝利しました。 3段落, 256文字

乾燥肌の人も安心して使えるアレルゲン非含有抗炎症香料がすでに使われている

乾燥肌の人も安心して使えるアレルゲン非含有抗炎症香料がすでに使われている

香料はアレルギー性接触皮膚炎の主な原因の一つですが、アレルギー誘発成分を含まず乾燥肌の人も安心して使える香料が開発され、さらに好都合なことにその抗炎症作用が細胞実験や人への塗布試験で示されました。 4段落, 269文字