製薬業界の最新ニュースと解説

アビガン成分のロシア製品が無作為化試験でCOVID-19患者ウイルス除去を早めた

日本のインフルエンザ薬Avigan(アビガン)の成分favipiravir(ファビピラビル)のロシア製品AVIFAVIRを中等度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者に経口投与してウイルス除去(PCR検査陰性までの日数)が非投与群に比べて早まった無作為化第2/3相試験途中結果が論文になりました。 4段落, 464文字

Seres社の糞中細菌薬Ph3試験でC. difficile感染再発が文句なしに減少~承認申請へ

4年前のPh2失敗を受けてより高用量の第3相試験に踏み切ったSeres Therapeutics社の賭けが成功し、健康な人の糞から集めたファーミキューテス細菌詰め合わせ薬SER-109がクロストリジオイデス ディフィシル(Clostridioides difficile;C. difficile)感染(CDI )再発を有意に抑制しました。 4段落, 310文字

COVID-19を経た人のB細胞から作るポリクローナル抗体が細胞実験で血漿を凌駕

新型コロナウイルス感染(COVID-19)を経て抗体を多く備えた16人のB細胞が作る12,500種の抗体を成分とするGigaGen社のポリクローナル抗体薬GIGA-2050の細胞実験での感染阻止効果が回復者血漿を100倍ほども上回りました。 2段落, 178文字

ロシアがCOVID-19ワクチンを承認~世界の専門家が非難

数千人に投与して安全性や予防効果を検証する第3相試験が済んでいない新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンをロシアが8月11日に承認したことを受け、そのような検討不十分なワクチン接種の害は計り知れず、まっとうなワクチンを開発しようとする世界の取り組みを台無しにしかねないと科学者は非難しています。 3段落, 352文字

融合前の形を保つスパイク蛋白質を作るModerna社のCOVID-19ワクチン発見経緯

Moderna社の第3相試験段階の新型コロナウイルス感染(COVID-19)予防mRNAワクチンmRNA-1273の設計とマウス実験での予防効果確立までの経緯が報告されました。 5段落, 467文字

正常な呼吸器に新型コロナウイルス受容体ACE2は全くまたは殆ど発現していない

360人からの肺組織検体を含むあちこちのヒト組織を調べたところ、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が細胞侵入の足がかりとする受容体ACE2はこれまでの報告とは裏腹に正常な呼吸器では全くあるいは殆ど発現していませんでした。 4段落, 328文字