製薬業界の最新ニュースと解説
世界初の臨床試験開始「AI使った創薬は実用段階に」|エクセンティア日本法人・田中代表

世界初の臨床試験開始「AI使った創薬は実用段階に」|エクセンティア日本法人・田中代表

大日本住友製薬と英エクセンティアがAIを活用して創製した化合物の臨床試験を日本で開始し、話題を呼んでいます。「世界初」と言われる成果はいかにして生まれたのか? 2年前まで大日本住友で創薬研究に従事し、現在はエクセンティア日本法人で代表取締役を務める田中大輔さんにAnswersNewsが話を聞きました。

創薬における人工知能 (AI) の世界市場予測 2024年:マシンラーニングおよびディープラーニング

当レポートでは、世界のヘルスケア部門におけるAI (人工知能) の市場を調査し、市場の定義と概要、タイプ・用途・地域別の動向と市場規模の推移と予測、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、競合環境、主要製造業者のプロファイルなどをまとめています。

医療向け人工知能 (AI) の世界市場

当レポートでは、世界の医療向け人工知能 (AI) 市場について分析し、全体的な市場規模の動向見通し (今後6年間分) や、用途別・コンポーネント別の詳細動向、地域別の市場シェア構造、主要国/地域の今後の需要動向見通し、主要企業のプロファイルと業績、主な市場促進・抑制要因、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

世界のヘルスケア市場におけるブロックチェーン技術

当レポートでは、世界のヘルスケア市場におけるブロックチェーン技術について調査し、世界市場の展望、治験、医薬品トレーサビリティ、電子医療記録 (EHR) 、精密医療およびゲノム研究を含むその他におけるブロックチェーン技術用途、ブロックチェーン技術における市場ダイナミクスと主な技術開発ならびに市場動向・機会・課題、および主要企業などについて分析しています。

ヘルスケア業界もAIの活用から逃れることはできない|DRG海外レポート

ヘルスケア業界もAIの活用から逃れることはできない|DRG海外レポート

AIは世界で最も進歩が著しい技術であり、業界は2014年の約6億ドルから2026年までに1500億ドルに成長すると見込まれている。医療は規制が厳しく、AIへの適応が最も進んでいない分野の1つだが、8.5兆ドル規模のこの市場にはAIの使途が無数に存在している。