製薬業界の最新ニュースと解説
【展望2020】毎年薬価改定、対象品目の行方は…治療用アプリ保険適用で「DTx元年」に

【展望2020】毎年薬価改定、対象品目の行方は…治療用アプリ保険適用で「DTx元年」に

オリンピックイヤーとなる2020年。製薬業界では4月に薬価改定が行われ、21年度から始まる毎年改定に向けた議論が本格化します。米国で2億円の価格がついた遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」の承認によって高額薬剤をめぐる議論の再燃が予想される一方、国内初となる治療用アプリの保険適用で「デジタルセラピューティクス(DTx)元年」となりそうです。

【英文レポート】デジタルセラピューティクスとスマートデバイス追跡調査

デジタルセラピューティクス (DTx) とスマートデバイスは、デジタルヘルスの世界で今最も急速な成長と進化を遂げつつある分野の1つと言えます。

DRGでは業界内での要望に沿い、あらたにデジタルセラピューティックスとスマートデバイスでの継続的な最新情報を提供する年間サービスを提供しております。

人工膵臓の未来|DRG海外レポート

人工膵臓の未来|DRG海外レポート

糖尿病の治療では、クローズド・ループ・システム、いわゆる人工膵臓の開発が究極の目標となっている。世界中の何百万という糖尿病患者にとって希望の星であるとともに、企業にとっては市場で頂点を極めるために実現しなければならないシステムとなっている。

【デジタルヘルス】ワッツアップする?製薬会社がチャットアプリで常に患者と「つながる」ことは可能になるのか?丨DRGブログ

【デジタルヘルス】ワッツアップする?製薬会社がチャットアプリで常に患者と「つながる」ことは可能になるのか?丨DRGブログ

これまで製薬会社が失敗してきた患者エンゲージメントを成功へチャットアプリが導くことができるのでしょうか?DRGでは、チャットアプリが製薬会社にとっての患者エンゲージメントを達成するためのツールになるのか考察している

【デジタルヘルス】自己免疫性疾患およびがん患者は、バイオ医薬品について驚くほど認識が低い丨DRGブログ

【デジタルヘルス】自己免疫性疾患およびがん患者は、バイオ医薬品について驚くほど認識が低い丨DRGブログ

DRGが2018年に行った米国の患者を対象とした調査を実施、自己免疫性疾患及びがんの患者におけるバイオ医薬品に対する認識の高さを調べた。その結果、バイオ医薬品に対する認識は非常にに低いことがわかった。

【デジタルヘルスケア】ビッグデータの活用で製薬会社は企業利益を生むことができるか?

【デジタルヘルスケア】ビッグデータの活用で製薬会社は企業利益を生むことができるか?

今や一時的なブームではなくなったビッグデータには、製薬会社の商業的成果を根本から変える可能性が秘められています。このレポートは、製薬会社のデータ革命最前線に身を置く11人の専門家へのインタビューを行い、ビッグデータから商業的可能性を最大限に引き出す方法などを聞いています。

【デジタルヘルスケア】ペイシェントジャーニーのマッピングにおけるビッグデータ活用術とは?

【デジタルヘルスケア】ペイシェントジャーニーのマッピングにおけるビッグデータ活用術とは?

医療分野におけるビッグデータ活用の現状、患者中心医療提供のために必要なデータをいかにビッグデータから抽出するか、またデータ活用を取り入れていない会社が取るべきアクションとは、などを12人のデータ分析専門家にインタビューし、情報をまとめています。

【デジタルヘルスケア】今注目の「デジタルヘルス」領域のスタートアップ企業10社

【デジタルヘルスケア】今注目の「デジタルヘルス」領域のスタートアップ企業10社

今後ますます拡大が期待されるデジタルヘルス領域には、現在様々なスタートアップ企業が参入しております。同時に、このデジタルヘルス領域における製薬企業の役割にも大きな関心が寄せられています。今注目されている「デジタルヘルス」領域でのスタートアップ企業10社をリストアップ、概要や今後の事業展望などをまとめております。製薬企業にとり、このデジタルヘルス領域にいかに関わるべきか、その現状と提案なども分析、提案しております。

【デジタルヘルスケア】「3Dプリンター」製薬業界での活用の今後は?

【デジタルヘルスケア】「3Dプリンター」製薬業界での活用の今後は?

【デジタルヘルスケア】3Dプリンターヘルスケア業界での活用の今後は?では、3Dプリンターの登場が製薬産業にもたらした変化、拡大する3Dプリンター活用範囲、3Dプリンターを採用しないことによる弊害とは何か、などを製薬企業、IT企業、研究機関で3Dプリンターに携わる8人のエクスパートにインタビュー形式で情報を収集し、まとめています。

  • 1
  • 2