製薬業界の最新ニュースと解説
Axsome社の片頭痛解消薬が1年間の長期試験でも有効~今年1Qに承認申請される

Axsome社の片頭痛解消薬が1年間の長期試験でも有効~今年1Qに承認申請される

ちょうど1年前と昨春に成功した第3相試験2つ・MOMENTUM とINTERCEPTから一続きの最大1年間の長期試験(MOVEMENT)でもAxsome Therapeutics社の経口薬AXS-07(20 mg MoSEIC meloxicam/10 mg rizatriptan)は有効で服用から2時間に片頭痛の約7割が緩和、約4割が解消しています。 4段落, 467文字

Alkermes社の統合失調症薬再承認申請を米国が受理~来春遅くには審査結果判明

Alkermes社の統合失調症薬再承認申請を米国が受理~来春遅くには審査結果判明

先月11月に米国FDA承認を逃したAlkermes社の統合失調症/躁うつ病薬ALKS 3831(olanzapine/samidorphan、オランザピン/サミドルファン)がいつの間にやら米国FDAに再承認申請されて早くも受理され、審査結果が来年6月1日までに判明します。 2段落, 165文字

脳の内側側頭葉のθ波は何らかの意思に基づく行動での境界の把握を助けている

脳の内側側頭葉のθ波は何らかの意思に基づく行動での境界の把握を助けている

位置把握(GPS)に携わる格子細胞や場所細胞が存在する脳領域に電極を植え込んでいるてんかん患者に目標を探す課題をしてもらってその脳領域・内側側頭葉の活動を調べたところ、部屋の中央を探し歩いている時に比べて壁に近づくときにはθ波の振幅(山と谷の落差)が大きくなりました。 4段落, 369文字

痛覚神経が骨髄の造血幹細胞を出発させる~カプサイシンにもその動員作用あり

痛覚神経が骨髄の造血幹細胞を出発させる~カプサイシンにもその動員作用あり

傷みに応じて痛みを誘発して注意を喚起する痛覚神経(侵害受容神経、nociceptive neuron)が骨髄に展開する神経の大半を占め、G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)で刺激された痛覚神経が放つ神経伝達物質・CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)が造血幹細胞(HSC)に直接結合して骨髄から血流へのHSC動員を促すと分かりました。 3段落, 378文字

妊娠期間に発作が多かったてんかん女性の割合は非妊娠てんかん女性と変わらず

妊娠期間に発作が多かったてんかん女性の割合は非妊娠てんかん女性と変わらず

てんかん女性の産前産後18か月間と非妊娠てんかん女性の18か月間を並行して追跡したところ、産後に比べて妊娠期間の方が発作が多かった女性の割合は相当期間に発作が多かった非妊娠女性の割合と変わりませんでした(それぞれ23%と25%)。 2段落, 150文字