製薬業界の最新ニュースと解説
働き方変わる?「新型コロナウイルスで訪問自粛」MRの本音【匿名座談会】

働き方変わる?「新型コロナウイルスで訪問自粛」MRの本音【匿名座談会】

新型コロナウイルスの感染拡大で医療機関への訪問自粛が続くMR。対面での情報提供がかなわない中、MRたちはどんな活動をし、働き方や役割の変化についてどう思っているのか。6人のMRに話を聞きました。(4月21~22日に実施した個別の取材をもとに座談会形式で構成しました)

新型コロナウイルス 新薬開発に打撃…治験の新規患者登録 世界で75%減少

新型コロナウイルス 新薬開発に打撃…治験の新規患者登録 世界で75%減少

新型コロナウイルスの感染拡大で、新薬開発が大きな打撃を受けています。医療機関の負担や感染拡大への影響などを考慮し、製薬企業は新たな臨床試験の立ち上げや新規の患者登録を中断。臨床試験への新規登録患者数は大幅に減少しています。

承認まで1年4カ月…先駆け指定の「ゾルゲンスマ」審査はなぜ長引いたのか

承認まで1年4カ月…先駆け指定の「ゾルゲンスマ」審査はなぜ長引いたのか

世界に先駆けて日本で承認申請を目指す医薬品・医療機器・体外診断用医薬品・再生医療等製品の審査期間を短縮する「先駆け審査指定制度」。2015年の制度創設以来、再生医療等製品では11品目、体外診断用医薬品では2品目が指定を受け、再生医療等製品は2品目、体外診断用医薬品は1品目が承認を取得しています。再生医療等製品と体外診断用医薬品の対象品目の開発状況をまとめました。

【再生医療・体外診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ

【再生医療・体外診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ

世界に先駆けて日本で承認申請を目指す医薬品・医療機器・体外診断用医薬品・再生医療等製品の審査期間を短縮する「先駆け審査指定制度」。2015年の制度創設以来、再生医療等製品では11品目、体外診断用医薬品では2品目が指定を受け、再生医療等製品は2品目、体外診断用医薬品は1品目が承認を取得しています。再生医療等製品と体外診断用医薬品の対象品目の開発状況をまとめました。