製薬業界の最新ニュースと解説
新薬開発難航の認知症 製薬各社、デジタルソリューションを開発

新薬開発難航の認知症 製薬各社、デジタルソリューションを開発

新薬開発が難航する認知症の分野で、製薬各社がデジタルを活用したソリューションの開発を進めています。エーザイは今年3月に認知機能のセルフチェックツール「のうKNOW」を発売し、スマートフォンアプリを中心とした認知症対策のプラットフォームを開発中。大日本住友製薬は認知症に伴う行動・心理症状を緩和する医療機器を、共和薬品工業はAIを使った診断システムを、それぞれIT企業と組んで開発しています。

世界初の臨床試験開始「AI使った創薬は実用段階に」|エクセンティア日本法人・田中代表

世界初の臨床試験開始「AI使った創薬は実用段階に」|エクセンティア日本法人・田中代表

大日本住友製薬と英エクセンティアがAIを活用して創製した化合物の臨床試験を日本で開始し、話題を呼んでいます。「世界初」と言われる成果はいかにして生まれたのか? 2年前まで大日本住友で創薬研究に従事し、現在はエクセンティア日本法人で代表取締役を務める田中大輔さんにAnswersNewsが話を聞きました。

ヘルスケア業界もAIの活用から逃れることはできない|DRG海外レポート

ヘルスケア業界もAIの活用から逃れることはできない|DRG海外レポート

AIは世界で最も進歩が著しい技術であり、業界は2014年の約6億ドルから2026年までに1500億ドルに成長すると見込まれている。医療は規制が厳しく、AIへの適応が最も進んでいない分野の1つだが、8.5兆ドル規模のこの市場にはAIの使途が無数に存在している。

【英文レポート】デジタルセラピューティクスとスマートデバイス追跡調査

デジタルセラピューティクス (DTx) とスマートデバイスは、デジタルヘルスの世界で今最も急速な成長と進化を遂げつつある分野の1つと言えます。

DRGでは業界内での要望に沿い、あらたにデジタルセラピューティックスとスマートデバイスでの継続的な最新情報を提供する年間サービスを提供しております。