製薬業界の最新ニュースと解説

MarketVIEW: ノロウイルスワクチン

Vaczine Analyticsが提供する「MarketVIEW: ノロウイルスワクチン」をご案内いたします。同レポートでは、ノロウイルスワクチンに関して113カ国を対象として2035年までの商業的機会評価を分析しています。

発展途上国では、7億人が罹患し、年間で20万人以上の死者を引き起こすと推定されています。ロタウイルスワクチンが病気の負担を軽減する成功もあり、新しいノロウイルスワクチンが同様の効果を示すことが期待されています。

患者インサイトレポート:がん疾患編

患者インサイトレポート:がん疾患編

COSMO Healthcareが提供する「患者インサイトレポート:がん疾患編」をご案内いたします。本レポートでは、主要がん10種*の罹患者、全国の男女300人(年齢20歳から69歳)を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施し、治療選択の実態、疾患毎の患者行動の違いを探索しています。日本語と英語両言語とオプションとしてアナリストによるプレゼンテーションも提供します。

MasterVIEW: 2035年までの新規ワクチンの商業的機会分析と予測【米国】

Vaczine Analyticsが提供する「MasterVIEW: 2035年までの新規ワクチンの商業的機会分析と予測【米国】」をご案内いたします。MasterVIEWは、新規ワクチンの分析と評価を国別にまとめています。MasterVIEWでは、67にのぼる新規ワクチンの対象疾患をカバーし、本レポートでは、新規ワクチン候補52が評価対象と米国市場2035年までの予測をしています。

MarketVIEW: チクングニア熱ウイルスワクチン

「チクングニア熱ウイルスワクチン」に関する商業的機会評価に関する調査レポートおよび将来予測モデル(Excel)が発行となりました。同レポートは、ワクチンに特化した英国の調査会社Vaczine Analytics社のによる詳細な調査に基きチクングニア熱ウイルスワクチンに関する包括的な分析と将来予測を提供します。

MarketVIEW: リフトバレー熱ウイルス

Vaczine Analyticsが提供する「MarketVIEW: リフトバレー熱ウイルス」をご案内いたします。「リフトバレー熱ワクチン」に関する商業的機会評価に関する調査レポートおよび将来予測モデル(Excel)が発行となりました。同レポートは、ワクチンに特化した英国の調査会社Vaczine Analytics社のによる詳細な調査に基きリフトバレー熱ワクチンに関する包括的な分析と将来予測を提供します。

MarketVIEW: 新型コロナウイルスワクチン

Vaczine Analyticsが提供する「MarketVIEW: 新型コロナウイルスワクチン」をご案内いたします。「新型コロナウイルス感染症ワクチン」に関する商業的機会評価に関する調査レポートおよび将来予測モデル(Excel)が発行となりました。同レポートは、ワクチンに特化した英国の調査会社Vaczine Analytics社のによる詳細な調査に基き新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する60カ国以上における2040年までの将来予測を含む包括的な分析報告書です。

糖尿病性黄斑浮腫の展望:現在の情勢と今後の見通し

MP Advisorsが提供する「糖尿病性黄斑浮腫の展望:現在の情勢と今後の見通し」をご案内いたします。2019年における世界の糖尿病性黄斑浮腫 (DME) の市場は約37億米ドルと推計されています。先進諸国における糖尿病の発生率が高く、米国がDME市場全体の51%のシェアを占めています。2018年においては、米国の約240万人がDMEと推計されていますが、診断および治療を受けてるのは70%と推計されています

回復期血漿療法の世界市場 (2020-2030年) :Covid 19による影響と成長

The Business Research Companyが提供する「回復期血漿療法の世界市場 (2020-2030年) :Covid 19による影響と成長」をご案内いたします。当レポートでは、世界の回復期血漿療法市場について調査分析し、市場概要、市場規模と予測、セグメント別の市場分析、地域・国別の市場分析、競合情勢などについて、体系的な情報を提供しています。

白血病治療薬の世界市場:薬価・特許・投与量・治験の考察 (2025年)

PNS Pharmaが提供する「白血病治療薬の世界市場:薬価・特許・投与量・治験の考察 (2025年)」をご案内いたします。世界の白血病治療薬の市場規模は、今後6年間に60%も拡大し、2025年には220億米ドル以上に達すると見込まれています。現在、633種類のパイプライン製品が治験段階にあり、70種類以上の製品が上市されています。

非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) 治療薬の世界市場:COVID-19の潜在的影響に関する洞察と予測(2020年~2029年)

Koncept Analyticsが提供する「非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) 治療薬の世界市場:COVID-19の潜在的影響に関する洞察と予測(2020年~2029年)」をご案内いたします。世界の非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) 治療薬市場は、2029年に843億4,000万米ドルとなりました。同市場は、2018年から2029年までの予測期間に39.13%のCAGRで成長する見通しです。ヘルスケア費の増加、医薬品研究開発費の増加、糖尿病人口の急増、肥満人口の増加、潜在的なニーズ、座りがちなライフスタイルなどの要因が同市場の成長を牽引すると予想されています。ただし、杜撰な治療薬承認プロセス、高い治療費、NASH / NAFLDの診断方法の決定性の低さなどは、同市場の課題です。市場の注目すべき動向には、NASH主要医薬品の急増する市場浸透、NASHの有病率の増加、NASH診断方法とバイオマーカーの進歩、開発中のNASHパイプライン医薬品、およびeコマース医薬品の販売の増加などが挙げられます。