製薬業界の最新ニュースと解説
血漿分画製剤市場、今後5年間年平均6.7%の成長で395億米ドルに拡大。各種治療分野での免疫グロブリンの使用の増加や血漿採取の増加が後押しに

血漿分画製剤市場、今後5年間年平均6.7%の成長で395億米ドルに拡大。各種治療分野での免疫グロブリンの使用の増加や血漿採取の増加が後押しに

多くの製薬関連企業が、新型コロナウイルス感染症を対象とする治療法の開発に踏み出しています。多くの臨床試験の肯定的な発見に基づいて、回復期血漿(CP)療法はCOVID-19患者の生存率を高めると予想されています。世界の血漿分画市場規模は、予測期間中の6.7%のCAGRで、2020年の286億米ドルから2025年までに395億米ドルに達すると予測されています。

近づくチクングニアウイルスワクチンの初承認。ワクチン市場への影響は?

近づくチクングニアウイルスワクチンの初承認。ワクチン市場への影響は?

チクングニアウイルスは、ネッタイシマカとヒトスジシマカが媒介します。現在、さまざまなアプローチに基づくワクチン候補が臨床試験を実施している中でEmergent BioSolutions社、Themis/Merck&Co社、Moderna社およびValneva社が開発の後期段階にあり2022-23年には初のワクチンが承認となる可能性があります。日本では馴染みがないこのウイルスですが、新たなワクチンが承認となった場合のインパクトは大きいと予想されます。

新たな技術による新規ワクチンが及ぼすワクチン市場への影響は?mRNAワクチンが第三相臨床試験へ。

新たな技術による新規ワクチンが及ぼすワクチン市場への影響は?mRNAワクチンが第三相臨床試験へ。

VacZine Analytics社から新型コロナウイルスワクチンに関する報告書を含む3つのワクチンに関する詳細な調査レポートが発行されました。本日は3つの新たに発行されたレポートの中からノロウイルスワクチンに関してお知らせ致します。

ノロウイルスに対するワクチンへの期待と新型コロナの影響:新調査レポートのお知らせ

ノロウイルスに対するワクチンへの期待と新型コロナの影響:新調査レポートのお知らせ

VacZine Analytics社から新型コロナウイルスワクチンに関する報告書を含む3つのワクチンに関する詳細な調査レポートが発行されました。本日は3つの新たに発行されたレポートの中からノロウイルスワクチンに関してお知らせ致します。

組織のサイロ化が阻む製薬企業のデジタル戦略

組織のサイロ化が阻む製薬企業のデジタル戦略

デジタルマーケティング戦略の効果を測定する上で最大の課題とは、企業組織においてサイロ化された各部門が情報共有することなく、部門ごとにバラバラに戦略を立ててしまうところにあります。Ferring Pharmaceuticals社のArpita Pani氏は、従来の製薬企業としての組織の構成と情報の共有がデジタル戦略の成功を阻害していると述べています。

新型コロナウイルスが更に推進する製薬業界でのデジタル戦略:医師とのコミュニケーションを次の段階に

新型コロナウイルスが更に推進する製薬業界でのデジタル戦略:医師とのコミュニケーションを次の段階に

デジタル技術により、従来はアプローチが難しいとされていた医師とのコミュニケーションが向上しています。このようなデジタル技術を用いた医師との新たなエンゲージメントの手段ではありますが、実際に製薬企業にとって投資に見合う有効的な結果が得られているのでしょうか?

医師との面談が出来ないメディカルサイエンスリエゾン(MSL)。新たな情報交換手段として活用されるデジタルツールは?

医師との面談が出来ないメディカルサイエンスリエゾン(MSL)。新たな情報交換手段として活用されるデジタルツールは?

新型コロナウイルスの影響によって、メディカルアフェアーズ部門にとって従来の業務慣行を根本的に変える必要性が迫っています。メディカルサイエンスリエゾン(MSL)は、KOLと物理的な距離を維持する必要があります。MSLがKOLとの科学的情報交換の手段として面談に変わるオンラインでのコミュニケーションツールとしてZoom、Webex、Teamsを始めとするオンライン会議システムに対する高い潜在性が明らかになっております。

ワクチン市場は年平均7%で成長し、2024年には584億ドル市場に:Markets And Markets社最新の予測

ワクチン市場は年平均7%で成長し、2024年には584億ドル市場に:Markets and Markets社最新の予測

世界的な市場調査会社であるMarkets and Markets社の最新のレポートでは2024年までに世界のワクチン市場は584億米ドルに達すると予測しています。これは2019年には417億ドルである市場が2024年までに年平均で7%もの成長率で拡大する見込みです。
成長が最も高い地域は...

ゴルゴ13で学ぶ新型コロナ感染症治療薬、武田社開発中の血漿分画製剤TAK-888。クルーズ船での集団感染を防いでいたゴルゴ13

ゴルゴ13で学ぶ新型コロナ感染症治療薬、武田社開発中の血漿分画製剤TAK-888。クルーズ船での集団感染を防いでいたゴルゴ13

武田薬品が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬としての血漿分画製剤開発TAK-888の開始を発表した。実は、ゴルゴ13が血漿分画製剤を自分で作って危機を乗り切っているのだ!血漿分画製剤とはどのような治療薬なのか?ゴルゴ13を読めば血漿分画製剤TAK-888のことがよくわかるかも。果たして武田薬品のTAK-888は新型コロナ(COVID-19)治療の切り札となる治療薬となるのでしょうか?

複雑化するがん領域における価格&償還戦略に重要なのは、信頼できるエビデンス共有、ペイヤーとの積極的な情報共有

複雑化するがん領域における価格&償還戦略に重要なのは、信頼できるエビデンス共有、ペイヤーとの積極的な情報共有

チェックポイント阻害剤や始めとする多くの画期的な治療薬によりがん領域のアウトカムの向上が著しい。併用療法、治療シークエンス、投与対象の患者の条件など治療判断のためのファクターは非常に多く、複雑化している。一方で、同じクラスにおいても複数薬剤が承認され、製薬会社にとって戦略的で緻密な価格と償還対策の重要度はさらに増している。その価格と償還において鍵となるペイヤーへの調査内容が明らかになった。