製薬業界の最新ニュースと解説
ノバルティス、Zolgensmaデータ捏造の背後に元AveXis幹部2人の関与を報告|FirstWord【ヘッドライン】

ノバルティス、Zolgensmaデータ捏造の背後に元AveXis幹部2人の関与を報告|FirstWord【ヘッドライン】

Biogenは、企業戦略を大きく変更しなければならなくなるくらい大きな2つの開発品の後退がここ1週間で起きてしまいました。同社はR&Dに関してハイリスク-ハイリターンの開発戦略を推し進めてきましたが今後はM&Aによる成長戦略を取らざるを得ないプレッシャーにさらされるでしょう。

CHMP「ギルテリチニブ」「Qtrilmet」「Rhokiinsa」「Senstend」を新規医薬品として承認を推奨|FirstWord【ヘッドライン】

CHMP「ギルテリチニブ」「Qtrilmet」「Rhokiinsa」「Senstend」を新規医薬品として承認を推奨|FirstWord【ヘッドライン】

今月のCHMPでのミーティングでは、7つの新規医薬品(そのうち3つはジェネリック)と8つの適用拡大に関する承認に関して推奨、1つの薬剤に関して申請を取り下げる判断をした。「ギルテリチニブ」「Qtrilmet」「Rhokiinsa」「Senstend」4つの承認推奨の医薬品に関してお知らせをする。

Biogenにとって悪夢の一週間。M&Aによる新たな収益機会の検討か?|FirstWord【ヘッドライン】

Biogenにとって悪夢の一週間。M&Aによる新たな収益機会の検討か?|FirstWord【ヘッドライン】

Biogenは、企業戦略を大きく変更しなければならなくなるくらい大きな2つの開発品の後退がここ1週間で起きてしまいました。同社はR&Dに関してハイリスク-ハイリターンの開発戦略を推し進めてきましたが今後はM&Aによる成長戦略を取らざるを得ないプレッシャーにさらされるでしょう。

Amgen、血液腫瘍を対象としたMCL1阻害剤AMG 397の第1相臨床試験において心臓への安全性シグナルのため一時中断すると発表|FirstWord【ヘッドライン】

Amgen、血液腫瘍を対象としたMCL1阻害剤AMG 397の第1相臨床試験において心臓への安全性シグナルのため一時中断すると発表|FirstWord【ヘッドライン】

Amgenが9月13日に発表した臨床試験の進捗の報告によると血液腫瘍を対象としたMCL1阻害剤であるAMG397の第1相臨床試験において心臓への安全性シグナルが発生していることから臨床試験を一時中断すると発表した。

Amgen社、再発/難治性多発性骨髄腫を対象としたKyprolisとDARZALEX併用の第3相臨床試験において主要評価項目を達成|FirstWord【ヘッドライン】

Amgen社、再発/難治性多発性骨髄腫を対象としたKyprolisとDARZALEX併用の第3相臨床試験において主要評価項目を達成|FirstWord【ヘッドライン】

Amgen社、再発/難治性多発性骨髄腫を対象としたプロテアソーム阻害剤Kyprolis(carfilzomib) とJ&J社の抗CD38抗体DARZALEX(daratumumab)併用の第3相CANDOR臨床試験において主要評価項目を達成したと発表した。 1度から3度の治療を経た再発性もしくは治療抵抗性の多発性骨髄腫患者が対象で同試験において無増悪生存(PFS)改善を達成した。