製薬業界の最新ニュースと解説

製薬業界で、市場調査の内製化が進む中で外部に調査を依頼する4つのケース分析

顧客からの問い合わせ「海外調査、自社でやるべきか、外部に依頼するべきか迷っているのだが?」調査の内製化の傾向は進んでいます。
では、調査の内製化が進む中で、どのようなケースが「外部に委託」するべきなのでしょうか?4つのケースを検証してみます。

欧米のKOLのオピニオンを御社の研究開発に活用しませんか?

ここ10年で膀胱癌の治療アルゴリズムは大きく変化と進化を遂げております。現在膀胱癌治療薬として5つのPD(L)-1チェックポイント阻害剤が承認されています。では、これらの承認薬を始めとして、膀胱癌治療市場はどのような影響を受け、今後どのような進化をしていくのでしょうか?
欧米のKOL、12名に1年間継続して定性調査をするレポートです。

希少疾患向けの炎症性治療薬が循環器系疾患リスクと肺癌の死亡率の軽減に効果!?

先週はCNS系のニュースが賑やかに報道された週でした。
今週の注目領域はどこに、、、なんてリリースを探っていると
珍しい情報がありました。

ノバルティス社が発表した第三相CANTOS治験の結果です。
炎症性疾患治療薬としてすでに販売されている医薬品が、
循環器系疾患リスクを下げ、
肺癌にも効果があるということですが、おそらくすごく珍しいのではないでしょうか??

なんとも先週は、CNS関連で、とても賑やかな週だったようです。統合失調症とパーキンソン病で連日トップニュースが報道される

パーキンソン病のジスキネジア治療薬むけの承認薬のニュースはやはり皆さんの関心も高いようです。Adamas社のGOCOVRIの承認ニュースは発表された当日株価は約40%上昇しております。さすがに、新薬の承認のニュースは株価への与える影響は大きいです。

今日の注目のリリース:Endo社、オピオイド系鎮痛剤OPANA ERの販売を中止すると発表

Insights4編集担当の前田です。
今日も世界の製薬業界のニュース、リリースを見ています。悪いニュースほど、人は注目をしてしまう。これは人間の性でしょうか。
昨日は、キイトルーダの多発性骨髄腫での臨床試験の中止のニュースが世界を駆け巡りました。

New Link社は、Regain Rightと発表するも。Roche社とのIDO阻害薬併用の開発は、

New Link社は、Regain rightと発表するも。Roche社とのIDO阻害薬併用の開発は、

本日は、これからネジを巻いて翻訳に集中をしなければなりません。翻訳の数がいつもの5倍。なんと、一週間分のボリュームです。覚悟はしておりましたが、今週はASCOが開催中。多くの企業が最新データなどを発表しています。Insights4でトラッキングした月曜日の製薬関連のリリース情は140本、そのうちオンコロジー関係で、なんと100本!これは通常の一週間の本数です。

ASCO週間。ニュースの量もさすがに多いです。通常の5倍!今日の注目のリリースは?

ASCO週間。ニュースの量もさすがに多いです。通常の5倍!今日の注目のリリースは?

本日は、これからネジを巻いて翻訳に集中をしなければなりません。翻訳の数がいつもの5倍。なんと、一週間分のボリュームです。覚悟はしておりましたが、今週はASCOが開催中。多くの企業が最新データなどを発表しています。Insights4でトラッキングした月曜日の製薬関連のリリース情は140本、そのうちオンコロジー関係で、なんと100本!これは通常の一週間の本数です。