製薬業界の最新ニュースと解説

脊髄性筋萎縮症(SMA)1型乳児へのRocheの経口薬risdiplamのPh2/3試験目標達成

【BioToday 2020年1月23日】脊髄性筋萎縮症(SMA)の中で最も重度の1型SMA乳児(生後1か月~7か月)へのRoche(ロシュ)の経口薬risdiplam(リスジプラム)投与Ph2/3試験(FIREFISH)が主要転帰・治療12か月時点での支えなしお座り5分間維持の目標を達成しました。

新種コロナウイルスへのワクチンにModerna社が米国と協力して取り組んでいる

新種コロナウイルスへのワクチンにModerna社が米国と協力して取り組んでいる

【BioToday 2020年1月23日】新種のコロナウイルス(2019 Novel Coronavirus;2019-nCoV)感染に対向するワクチンにModerna社が米国政府と協力して取り組んでいます。
米国立衛生研究所(NIH)はワクチン開発に着手しており、臨床試験が始まるのは数カ月先になるとCNNに話しています。

中国で流行の新型コロナウイルスはヘビが出処らしい

中国で流行の新型コロナウイルスはヘビが出処らしい

【BioToday 2020年1月24日】去年の12月中旬から中国で流行し始めたウイルス性肺炎を引き起こしている新手のコロナウイルス(2019 Novel Coronavirus;2019-nCoV)はコウモリのコロナウイルスと他の動物のコロナウイルスの掛け合わせによって生じたらしく、ヒトへ移る2019-nCoVの溜まり場(reservoir)はどうやらヘビのようです。

MR1発現を頼りに癌細胞を手当し次第殺すT細胞発見~正常細胞には手出ししない

【BioToday 2020年1月22日】非癌細胞には手を出さず癌細胞のみ殺すT細胞が見つかりました。見つかったT細胞はMHCクラスI関連蛋白質MR1とT細胞受容体の相互作用を介し、どうやら癌細胞内の代謝の乱れを察知して癌細胞に限って殺すようです。

iPS細胞から作るFate社のNK細胞製品の新たな試験開始をFDAが許可

【BioToday 2020年1月21日】iPS細胞から作る患者毎都度作製不要CD16 Fc受容体発現ナチュラルキラー(NK)細胞製品FT516の新たな試験開始が米国FDAに許可されました。
Fate Therapeutics社はPDL1、EGFR、HER2標的抗体とFT516を固形癌患者に併用する試験を実施することができます。

IL-7/12発現ウイルスの有望な抗腫瘍効果をアステラス製薬研究者が報告

IL-7/12発現ウイルスの有望な抗腫瘍効果をアステラス製薬研究者が報告

【BioToday 2020年1月18日】アステラス製薬の研究者等による成果です。協力してT細胞を活性化することが知られるサイトカイン2つ・IL-7とIL-12を発現するように加工したワクシニアウイルス単独治療の確実な抗腫瘍効果や、免疫チェックポイント阻害剤・抗PD-1薬や抗CTLA4薬との併用の一層の抗腫瘍効果がマウス実験で示された。

Biogenが数週間以内にアルツハイマー病薬を承認申請するとアナリストが予想

Biogenが数週間以内にアルツハイマー病薬を承認申請するとアナリストが予想

【BioToday 2020年1月17日】バイオテックニュースFierceBiotechによると、Biogen(バイオジェン)が今後数週間以内にアルツハイマー病薬aducanumab(アデュカヌマブ)を米国FDAに承認申請するとJefferiesのアナリストが予想しています。

英国NICEがKeytrudaとXospataを却下、IbranceとLynparzaを許可

英国NICEがKeytrudaとXospataを却下、IbranceとLynparzaを許可

【BioToday 2020年1月16日】英国イングランド公的医療NHSで使う治療を決めている費用対効果評価機関NICEが、未治療で転移を有するか再発した切除不能の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)患者へのMerck & Coの抗PD-1薬Keytruda(キイトルーダ;pembrolizumab、ペムブロリズマブ)使用は認められないと判断しました。