製薬業界の最新ニュースと解説

筋萎縮性側索硬化症:2029年までの疫学予測

GII

当レポートは、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本、カナダの主要8ヶ国におけるALSの疫学について調査したもので、危険因子と世界の動向、疫学予測などの情報を提供しています。
 



タイトル 筋萎縮性側索硬化症:2029年までの疫学予測
Amyotrophic Lateral Sclerosis - Epidemiology Forecast to 2029
発行日 2020/9/15
発行会社 GlobalData
ページ情報 ページ情報: 英文
商品コード 961731

資料のリクエスト






販売代理店 グローバルインフォメーション

価格 USD 3,995 PDF (Single User License)
USD 7,990 PDF (Site License)
USD 11,985 PDF (Global License)

概要 当レポートは、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本、カナダの主要8ヶ国におけるALSの疫学について調査したもので、危険因子と世界の動向、疫学予測などの情報を提供しています。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、噛む、歩く、話すなどの自発的な筋肉の動きを制御する脳と脊髄の神経細胞(ニューロン)に関わる致命的な神経変性疾患です。ALS患者の大半は、症状が最初に現れてから3年から5年以内に呼吸不全で死亡します。現在、ALSの治療法はなく、病気の進行を止めたり、回復させたりすることはできません。

米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本、カナダの8ヶ国では、ALSの症例数が2019年の7万4,614例から2029年には8万483例に増加し、この間の年平均の伸び率は0.79%になると見られています。また診断症例数は、2019年の5万7,750例から2029年には6万5,886例に増加し、この間の年平均の伸び率は1.41%になる見通しです。ALSは世界的に高齢者グループで多く見られる疾患であり、症例数は70代、80代へと年齢が上がるにつれて増加します。


タイトル
筋萎縮性側索硬化症:2029年までの疫学予測
Amyotrophic Lateral Sclerosis - Epidemiology Forecast to 2029
レポート概要
当レポートは、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本、カナダの主要8ヶ国におけるALSの疫学について調査したもので、危険因子と世界の動向、疫学予測などの情報を提供しています。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、噛む、歩く、話すなどの自発的な筋肉の動きを制御する脳と脊髄の神経細胞(ニューロン)に関わる致命的な神経変性疾患です。ALS患者の大半は、症状が最初に現れてから3年から5年以内に呼吸不全で死亡します。現在、ALSの治療法はなく、病気の進行を止めたり、回復させたりすることはできません。

米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本、カナダの8ヶ国では、ALSの症例数が2019年の7万4,614例から2029年には8万483例に増加し、この間の年平均の伸び率は0.79%になると見られています。また診断症例数は、2019年の5万7,750例から2029年には6万5,886例に増加し、この間の年平均の伸び率は1.41%になる見通しです。ALSは世界的に高齢者グループで多く見られる疾患であり、症例数は70代、80代へと年齢が上がるにつれて増加します。

発行日
2020/9/15
発行会社
GlobalData
ページ情報
ページ情報: 英文
商品コード
961731

レポート資料のリクエスト





市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社