製薬業界の最新ニュースと解説

ノバルティス、乾癬コセンティクスのTremfyaとの比較治験を開始発表

Picture2

ノバルティス、5月15日、尋常性乾癬を対象として、コセンティクス(一般名secukinumab)とのTremfya(一般名 guselkumab, ジョンソン・エンド・ジョンソン社)の比較臨床試験を実施する計画を発表した。

この治験は、第二相ARROW治験で実施され、ステラーラ(一般名:ustekinumab ジョンソン・エンド・ジョンソン社)での治療効果がない患者を対象とする。結果は、2019年に発表される予定だ。

治験では、40名の患者に対して、16週間、コセンティクスもしくはTremfyaを投与する。主要評価項目としては、患者の寛解率を比較する。IL-17Aを直接標的とするコセンティクスと、IL-23を特異的に阻害する抗体Tremfyaの差異と効果を検証することになるとノバルティスは述べている

世界の製薬業界ニュースがわかる無料メルマガ
1分でわかる製薬トップニュース」は毎日配信

コメントを残す